ハンドメイドとは?意味や定義を確認しよう

 

「ハンドメイド」と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。漠然と「手作りしたもの」というイメージをもつ人が多いかもしれません。しかしながら、ハンドメイドの定義には、手作業以外にも細かい条件が含まれています。自分でハンドメイド作品を作るときには、そういった点にもしっかり注意したほうがよいでしょう。

ハンドメイドとは具体的にどのような意味なのでしょうか。せっかくなら意味を正しく理解しておきたいですよね。そこで今回は、ハンドメイドの意味や定義について詳しく紹介します。

ハンドメイドとは

ハンドメイドとは?意味や定義を確認しよう

 

「ハンドメイド」とは一言でいうと人の手によって作られたもののことです。その名とおり「手作り」や「お手製」といった意味があります。そのため、ハンドメイドという言葉を耳にすれば、温かみのある作品をイメージする人も多いのではないでしょうか。ハンドメイドによって作られた作品は1つ1つがオリジナルで、唯一無二の魅力をもっています。ハンドメイドは作る過程も楽しいですが、作ったものを実際に利用するのも楽しいです。ハンドメイドを始めれば、これまでに感じたことのないような愛着が湧くかもしれません。ハンドメイドは人気があるので、ぜひ始めてみるとよいでしょう。

ハンドメイドの定義

では、ハンドメイドをより具体的に定義すると、どのような言い方ができるのでしょうか。ハンドメイドを始めるならより詳しくおさえておきたいところです。ここではハンドメイドの定義について詳しくみておきましょう。

機械による大量生産ではなく一つ一つが手作業であること

ハンドメイドは、人間の手作業によって作られるものです。そのため、機械によって大量生産されているものはハンドメイドとよぶことはできません。一見ハンドメイドのように見えるものだとしても、実際の作業がほとんど機械によって作られているならハンドメイドではないのです。ハンドメイド作品であるかどうかは、見た目だけでは判断できない場合もあるので注意しましょう。

工具が使われてもハンドメイドと呼ばれる

機械で作られたものはハンドメイドではないという説明をしました。しかしながら、手で持って使うような工具を使用して作った作品はハンドメイドに分類できます。工具というのは、半田ごてやニッパーなどです。こういったものは機械ではなく、手作業を補助する道具なのでハンドメイドにも積極的に利用しても構いません。

ハンドメイドの定義は難しい

ハンドメイドを定義づけるのは、とても難しいことです。実際のところ、作品作りにおいてどの程度人間の手作業がおこなわれていれば、ハンドメイドとよんでよいのかという線引きはあいまいです。夢中になって作業していると、いつの間にかハンドメイドではない作品になってしまったということもあるかもしれません。

また、ハンドメイド作品として販売されているもの中にも、作り手の誤解により実はハンドメイドではない作品が含まれている可能性もあります。しかし、そういった作品は、見た目からハンドメイドではないと断言できない場合も少なくないので、判断は非常に難しいといえるでしょう。

「ハンドメイド」の判断基準

ハンドメイドかどうか判断するには、どういった基準に気をつければよいのでしょうか。これもまた難しいところですが、基本的には「1から自分で編み出したもの」がハンドメイドだといえます。自分でハンドメイド作品を作るときには、全てを自分で作り上げることを意識しましょう。また、お店でハンドメイド作品を購入する場合は、どういった作り方をしたのか確認するのも1つの手です。そうすれば、確実にハンドメイド作品を手に入れることができるはずです。なお、具体的なハンドメイドの種類をあげると、たとえば手芸やお菓子作りも含まれます。手編みのマフラーや生地から作ったお菓子は代表的なハンドメイドだといえます。

ハンドメイドと間違えられやすいもの

ハンドメイドは判断が難しい作品です。そのため、ハンドメイドと間違えられやすいものもいくつかあります。ハンドメイドとの違いをおさえて、ハンドメイドの基準をより明確にしておきましょう。

既成の製品をカスタマイズしたもの

既成品にアレンジやデコレーションを加えてカスタマイズしたものは、ハンドメイドには含まれません。手作りであれば、ハンドメイドにもかなり近い作品になるため、間違いやすいので要注意です。たとえば、リメイク作品がこれにあたります。リメイク作品も自分なりにアイデアを出して作り上げればかなりオリジナリティの高いものになりますが、ハンドメイドとは別物であるということを覚えておきましょう。

キットで大量につくられたもの

手作り作品を気軽に楽しめる商品として、作品作りのキットがよく販売されています。しかしながら、これを利用した作品は、厳密にいうとハンドメイドではありません。ハンドメイドは「どんな作品を作るか」というアイデアまでオリジナルである必要があります。たとえ、キットで作れる作品に自分なりのアレンジを加えたとしても、それはハンドメイドの定義には微妙に当てはまりません。こだわりのハンドメイド作品を作りたいと思うなら、1からアイデアを出して自分で材料を集めるようにすべきです。

ハンドメイドの価値

ハンドメイドにはオリジナリティがあり、さまざまな価値があると考えられています。その価値とは具体的にはどのような部分でしょうか。ハンドメイドの価値をしっかり理解しておけば、より魅力的な作品作りにもつなげられるはずです。ここではハンドメイドの価値について確認しておきましょう。

唯一無二であること

ハンドメイドは唯一無二の存在です。たとえ同じデザインのものを複数作るとしても、それぞれ手作業による微妙な違いが必ず出ます。そういった味わいを楽しめるのもまたハンドメイド作品の大きな魅力です。手作業でなるべく画一的な作業を施すのも素晴らしいですが、あえて1つ1つの違いを楽しんでみるとハンドメイドらしい魅力が強まります。

デザインから作成までオリジナルであること

ハンドメイドは、作業を手でおこなえばそれでよいというわけではありません。ハンドメイド作品を作るなら、デザインから作成まで全てオリジナルでおこなう必要があります。そうすることでこそ、本物のハンドメイド作品を完成させることができるのです。

ハンドメイドとは手作りでオリジナリティのある作品のこと

ハンドメイドとは手作りでオリジナリティのある作品のこと

 

ハンドメイドは、正確に表現しようとすると定義がとても難しいです。しかしながら、基準をしっかり満たしたハンドメイド作品はとても魅力的で、ほかにはない価値をもっています。たとえ、上手に作れなかったとしても、それがまた作品の味わいとして活きることも多いです。ハンドメイドを始めるなら、作品の精密さよりも手作りの温かみを大切にしてはいかがでしょうか。

ハンドメイド作品を作るなら、デザインから考えてほかにはないものを作るようにしましょう。そして、素材も自分で選び抜き、手元に用意しなければなりません。そう考えると少し大変に思えるかもしれませんが、そういった努力もまたハンドメイド作品の魅力としてあらわれます。ハンドメイドの意味や定義を意識して、オリジナルの作品作りを始めてみましょう。

ハンドメイドに関する記事一覧

 

 

 

ハンドメイドについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ