ハンドメイドの資格とは?種類や取得方法を紹介

 

ハンドメイドには、たくさんの種類があります。そのため、資格の種類もかなり豊富です。ハンドメイドの技術をしっかりと身につけるためには、自分に合った資格を選んで学習するとよいでしょう。資格を取得すれば、自分のスキルの証明にもなるので、仕事としてハンドメイドに取り組む際も役立ちます。

ハンドメイドの資格とは、具体的にはどういったものがあるのでしょうか。今回は、ハンドメイドの資格の種類とその取得方法について紹介します。

ハンドメイドに必要な資格

ハンドメイドの資格とは?種類や取得方法を紹介

 

ハンドメイドの資格とは、具体的にどういったものでしょうか。まずはその概要について紹介します。ハンドメイドの資格取得を目指すなら、まずは資格の全体像についておさえておきましょう。

ハンドメイド作家になるために必要な資格はない

ハンドメイド作家を目指す場合、基本的には必要な資格はありません。ハンドメイドを上手に作れる技術とセンスさえあれば、だれでもハンドメイド作家を目指せます。実際、資格をもたずにハンドメイド作家として活躍している人も少なくはありません。

資格をもつことで仕事の幅が広がる

とはいえ、ハンドメイドの資格をもてば、その分仕事の幅が広がる可能性があります。資格があればその分信頼を獲得できますから、仕事の依頼が増えるかもしれません。また、自分にはこれだけの技術やセンスがあるという自信にもつながります。

講座や講演などもおこなえる

ハンドメイドの資格は「ハンドメイドについてしっかりとした知識と技術をもっている」ということを証明するものです。そのため、資格があれば、ハンドメイドの講座を開いたり講演をおこなったりすることもできます。評判がよければ仕事が増えていくでしょう。そういった中でも資格という肩書が示せると相手にも安心してもらえるので、大きなメリットになります。

ハンドメイドに関する資格

ハンドメイドの資格としては、具体的にどういったものがあるのでしょうか。ハンドメイドに関する資格はとてもたくさんあります。ここでは、代表的なハンドメイドに関する資格について紹介します。

クラフトハンドメイドマイスター

クラフトハンドメイドマイスターは、日本デザインプランナー協会が認定している資格です。糸の扱い方や布の染め方など、ハンドメイドとしての基本的な知識を証明できます。受験資格はとくにないため、誰でも受験することができます。受験もインターネットから申し込みができ、在宅受験が可能です。試験は2ヶ月に1回の頻度でおこなわれているので、スケジュールが合わせやすいのもポイントだといえるでしょう。

手芸アドバイザー

手芸アドバイザーは、日本生活環境支援協会によって認定が受けられる資格です。素材による使い分け方やハンドメイド作品の販売方法など多岐にわたる知識が必要となります。資格を取得すれば、講師として活動することもできるのがポイントだといえるでしょう。より実践的な内容が出題されるので、資格を取得できれば大きな自信につながるはずです。

プリザーブドフラワー製作

プリザーブドフラワー製作の資格は、日本バイオフラワー協会が認定する資格です。ギフトとして人気のプリザーブドフラワーを作れるようになる技術が身に付きます。協会の会員になれば、講師として活動することもできるのでいろいろな可能性が広がります。花が好きな人であれば、ぜひ取得したい資格だといえますね。

レジンクラフトデザイン認定講師

レジンクラフトデザイン認定講師の資格を取得すれば、レジンで作るさまざまな作品作りができるようになります。お店で売られているような本格的なアクセアリーやキーホルダーを作ることも可能です。講座では複雑なレジンの作り方も教えてもらえるので、レジンに興味があるならぜひ受講してみるとよいでしょう。

ハンドメイドをするならあると便利な資格

ハンドメイドを仕事にするなら、ハンドメイドに直接関係あるもの以外にも、取得しておくと便利になる資格もあります。必須ではありませんが、活動を深めるためには取得を検討してみるとよいでしょう。

色彩検定

色彩検定は色の仕組みについて学べる資格です。色にはそれぞれ合う組み合わせが決まっているので、ハンドメイドで作品作りをするならそういった点にも配慮すると、より素敵な作品作りにつながるはずです。また、色が人に与える影響についても知ることができるので、作品のイメージを決める際にも役立つでしょう。色彩検定はハンドメイド以外にも役立つ部分が多いので、取得しておくといろいろな場面で役立てることができます。

商品写真撮影に関する検定

ハンドメイドを販売するときは、写真撮影をしてネットに掲載することが多いです。そのため、写真を上手に撮れるかどうかが、商品の売れ行きそのものに大きな影響を与えるでしょう。写真撮影に対する知識や技能が無いのであれば、商品を上手に撮影するための検定に挑戦してみてはいかがでしょうか。写真撮影のコツをつかめば、それだけでも作品の印象をよりしっかりと伝えられるようになりますよ。

ハンドメイドの資格の取り方

ハンドメイドの資格は、どのようにして取得するのでしょうか。ここでは、その基本的な流れについて紹介します。

DVDやテキストなどでおこなえる通信講座

資格取得を目指すなら、DVDやテキストを使ってしっかり学習できる通信講座を選ぶとよいでしょう。通信講座なら資格取得までのサポートが手厚いので、最後までしっかり学習を進めることができます。不明な点をオンライン上で質問できるシステムがある場合もあるので、そういったものをしっかり活用すれば1人で学習を進めても不安はありません。

きちんと身につく通学講座

よりしっかりと学びたいという場合や、実際に技術の手ほどきを受けたいという場合は、通学して学べる講座を選ぶとよいでしょう。とくにこれまでハンドメイドをほとんどしたことがないという人であれば、実際に先生と対面して習うことができる講座を選んだほうが技術習得は速くなります。ゼロからハンドメイドについてしっかり学びたいという人は、通学講座を選んでみてはいかがでしょうか。

自分がしたいハンドメイド分野の資格をとること

ハンドメイドの資格をとるうえでは、自分が求める分野の資格をしっかりと選ぶことが重要です。ハンドメイドの資格にはいろいろな種類があり、種類によってはまったく異なる内容を学ぶものもあります。自分の目的に合った資格なら、効果的にハンドメイドのスキルをアップさせられるでしょう。

ハンドメイドの資格をとってオリジナル作品を作ろう

ハンドメイドの資格をとってオリジナル作品を作ろう

 

ハンドメイドに取り組むなら資格の取得がおすすめです。資格を取るだけでハンドメイドを仕事にできるというわけではないですが、資格があればきちんとしたスキルがあることの証明になります。なかには資格を取ると講師として働けるようになるものもあるので、挑戦してみる価値はあるといえるでしょう。

ハンドメイドの資格にはいろいろな種類があるので、好みや目的に合った資格を選んで取得を目指しましょう。どの資格も取得のために手厚い講座が用意されているため、安心して資格取得のための勉強に取り組めます。ハンドメイドの資格を取得して、自分だけのハンドメイド作品を楽しんでみませんか。

ハンドメイドに関する記事一覧

 

 

 

ハンドメイドについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ