• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 手芸・ハンドメイドの資格取得講座一覧 > つまみ細工資格取得講座 > つまみ細工作家になるには?

つまみ細工に関するコラム

つまみ細工資格取得の通信教育講座

つまみ細工作家になるには?勉強方法とともに紹介

つまみ細工作家になるには?勉強方法とともに紹介

色とりどりで美しいつまみ細工を自分の手で作り、販売できたら素敵ですよね。つまみ細工作家になれば、そのような夢や目標も実現可能です。しかしながら、つまみ細工作家になるには、具体的にどのようにすればいいのか分からないという人も少なくないでしょう。

そこで今回は、つまみ細工作家になるにはどうしたらいいのかについて詳しく説明します。つまみ細工の効果的な勉強方法についても紹介するので、つまみ細工作家になりたいと考える人はぜひ参考にしてみてください。

つまみ細工作家になるには?

つまみ細工作家になるには、特別必要な知識や資格はありません。しいて言えば手先が器用な人が向いているといえるでしょう。ここでは、つまみ細工作家になるにはどのような知識や経験が必要かについて詳しく説明します。

つまみ細工に関する知識を習得する

つまみ細工作家になるには、つまみ細工に関する知識を習得することが大切です。基本的な制作技術を身につけることはもちろんながら、他にも細かいことを理解する必要があるでしょう。たとえば、つまみ細工に使用する布の材料に関する知識は必要不可欠だといえます。

作品販売に関するノウハウを得る

つまみ細工作家になる場合、作品販売に関するノウハウの習得も重要です。販売方法についての知識がなければ、いくら素敵な作品を作ってもたくさんの人に販売することはできません。作品を売るためには、作品を魅力的に撮影するための手法も理解しておいたほうがいいでしょう。また、著作権に関する規制を知っておくことも大切です。

出品経験を積む

つまみ細工作家として本格的に活動するには、出品経験を積んでいくことが重要です。オリジナリティを出しながら、自分だからこそ作ることができる作品を構築しましょう。つまみ細工は伝統工芸なので、独自性を出すのは簡単ではありません。しかし、しっかりと作り込むことで人気の高い作品を生み出せるようになります。

つまみ細工職人と作家の違い

つまみ細工は伝統工芸であり、つまみ細工職人も存在します。つまみ細工作家には、つまみ細工職人とどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、つまみ細工職人とつまみ細工作家の違いについて説明します。

職人

つまみ細工職人は、基本的に誰かの指示を受けてその通りに作品を制作します。たとえば、メーカーから注文を受けて、それに合う作品を納品するのが仕事です。ただし、現代においてはつまみ細工職人に発注がかかることはあまりありません。よって、これからつまみ細工職人を目指すとなると、かなり大変であることは間違いないでしょう。

作家

つまみ細工作家は、自分で考えたデザインに基づいて自由に作品を制作します。そのため、自分のセンスやオオリジナリティをふんだんに活かすことが可能です。一種の芸術家として作品を販売するため、相場を気にして値付けをする必要はありません。自分が思う価値をそのまま価格に反映できます。ただし、需要に合わなければ作品は売れないので、プロモーションも工夫する必要があるでしょう。

つまみ細工作家の活動

つまみ細工作家になった場合、どのように活動していくのでしょうか。つまみ細工作家としての活動について、ここでは詳しく紹介します。

作品の制作

つまみ細工作家になった場合、基本的に作品の制作がメインの仕事となります。いつも新しい作品を作り続け、多くの人によろこんでもらうことを目指します。そのためには、ライバルの作品を研究したり、新しい刺激を受けたりすることも重要です。

オリジナル作品の販売

つまみ細工作家になれば、オリジナルの作品を自分で販売します。最近ではインターネットを介した販売も主流になってきており、たとえば、SNSやブログで商品を販売している人もいます。また、フリマショップへ出品すれば、つまみ細工が好きな人に向けて効果的に作品を宣伝することも可能です。

実店舗での販売

つまみ細工は、実店舗で販売することも可能です。自分のショップを構えれば、実際の購入者と触れ合うこともできます。そうなれば、作品に対するニーズも把握しやすくなるでしょう。また、雑貨店に対して委託販売を依頼するという手もあります。さらに、作品展や販売会に出店すると、それまでとは違う客層にアプローチできる可能性もあります。

講師として指導

つまみ細工の知識や技術があれば、教室を開いて講師として活動することも可能です。カルチャーセンターなどの講師を務めることもできるでしょう。講師として活動すれば、作品販売以外にも収入源を確保できます。

つまみ細工は独学で習得できる?

つまみ細工について独学で修得したいと考えている人もいるでしょう。もともとはつまみ細工に関する情報は、簡単には入手できませんでした。しかし、最近では書籍やインターネットでもつまみ細工に関する情報が多く手に入るようになってきています。特にインターネットの動画を見れば、細かい技法についても簡単に学ぶことができるでしょう。そのため、つまみ細工については、ある程度であれば独学で学ぶことも可能です。

ただし、プロのつまみ細工作家を目指すのであれば、独学でそのレベルに達するのはなかなか困難です。独学では自分の技術が正しいものなのか判断することができません。つまみ細工は伝統工芸なので、正しいやり方をきちんとマスターすることがとても大切です。また、独学だと疑問点が出てきたときに解決するのが難しいでしょう。そのため、最初のうちは独学でもいいですが、ある程度しっかりつまみ細工を学びたいのであれば独学以外の方法を選んだほうがよりよいでしょう。

つまみ細工の独学以外での勉強方法

つまみ細工を独学以外で学ぶ方法としては、さまざまなことがあります。たとえば、つまみ細工教室に通えば、プロから正しい知識や技術を学ぶことができます。ただし、プライベートの時間を削って通学する必要があります。時間を有効活用しつつ着実につまみ細工について学びたいなら、通信講座を受講して資格取得を目指すのがおすすめです。通信講座は基本的に家で学習を進めますが、プロが作ったカリキュラムに沿った学習ができます。さらに、疑問点を質問できる制度もあるので、安心して学習を進められます。

つまみ細工作家を仕事にしよう

つまみ細工作家を仕事にしよう

つまみ細工作家になれば、つまみ細工を仕事にできます。自分だけのオリジナリティのある作品を作り、多くの人に喜んでもらえるので、やりがいも大きな仕事です。つまみ細工は伝統工芸でもあるため、仕事を通して日本の深い伝統を感じることもできるでしょう。

つまみ細工作家として活動していき、有名になればさらにたくさんの活躍の場が広がっていきます。そのためには、まずは基礎からしっかりと知識や技術を身につけていくことが大切です。つまみ細工を仕事にするのは、もちろん、簡単なわけではありません。とはいえ、少しずつ着実に活動を進めていけば、大きな目標にもやがて到達できる可能性があります。つまみ細工作家としては作品販売だけでなく、講師として活動する道もあります。よって、自分の特性に合わせてさまざまな活動を試してみるのもいいでしょう。つまみ細工を学んで手に職をつければ、長く仕事をしていきたいと考える人でも安心して働くことができます。

つまみ細工を学ぶなら

つまみ細工通信講座

SARA のつまみ細工資格講座は 2 種類のつまみ細工資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら
オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座