• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 趣味の資格取得講座一覧 > 鉛筆デッサン資格取得講座 > デッサンは独学を独学で学ぶデメリットとリスクについて

鉛筆デッサンに関するコラム

鉛筆デッサン資格取得の通信教育講座

デッサンを独学で学ぶデメリットとリスクは?

デッサンを独学で学ぶデメリットとリスクは?

鉛筆デッサンを独学で始める場合、どのようなデメリットとリスクがあるのでしょうか。独学にはさまざまなメリットもありますが、実際にはデメリットやリスクも少なからず存在します。そのため、独学で鉛筆デッサンを始めるつもりなら、それらについてしっかりと把握しておかなければなりません。

今回は、鉛筆デッサンを独学で学ぶデメリットやリスクについて紹介します。鉛筆デッサンの基本やメリットについても最初に触れるので、鉛筆デッサンの特徴を総合的に知りたいという人はぜひ参考にしてください。

「鉛筆デッサン」とは?

そもそも「鉛筆デッサン」とはどのようなものなのでしょうか。鉛筆デッサンとは、文字通り鉛筆を使っておこなうデッサンのことです。鉛筆デッサンはデッサンの中で見ても最も始めやすいといえるでしょう。というのも、比較的シンプルな道具だけで始められるからです。具体的には、鉛筆と消しゴムとともに紙を用意します。基本的には、このように本当に一般的なものだけでデッサンを始められます。ただし、デッサンのために必要な特有なものとして、モチーフを置くための白い布と鉛筆を削るカッターナイフも用意しておいたほうがいいでしょう。デッサンのために特別に用意するものといっても、すぐに簡単に手に入るものなので、鉛筆デッサンを始めたいと思ったらすぐに始めることが可能です。

鉛筆デッサンに必要な知識

鉛筆デッサンを始めるためには、どのような知識が必要かについても気になりますよね。鉛筆デッサンを始める場合、基本的に必要なのは用具についての知識と技術的な基礎知識です。それぞれはどのような知識のことなのでしょうか。ここでは、鉛筆デッサンに必要な知識についての概要を紹介します。

用具についての知識

鉛筆デッサンをする場合、それぞれの用具の使い方についてひととおり理解しておく必要があります。たとえば、鉛筆の使い方は、普段字を書くときとは当然に異なるでしょう。さらに、用紙についても、選び方や扱い方を理解しておく必要があります。用具の扱い方をしっかりと理解していないと、スムーズにデッサンをおこなえない可能性があるので注意が必要です。まずは、用具をしっかりとそろえたうえで、それぞれの使い方について把握しておきましょう。

技術的な基礎知識

鉛筆デッサンは、デッサンの中でも始めやすいです。ただし、技術的な知識についてもある程度は持ち合わせておいたほうがいいでしょう。たとえば、鉛筆デッサンをする場合、描く人の姿勢も重要です。さらに、構図や調子の描き方もコツをつかむ必要があります。さらに、デッサンにおいては立体感の出し方も意識する必要があります。基礎知識をもっておけば、実際に鉛筆デッサンに取り組むなかで技術を身につけていきやすくなるでしょう。

鉛筆デッサンは独学で学べるか?

鉛筆デッサンは独学でも学ぶことができるのでしょうか。結論から言うと、鉛筆デッサンは独学でも学べないことはありません。ここでは、鉛筆デッサンの独学の基本的な部分について紹介します。メリットについても触れるので、詳しく確認しておきましょう。

鉛筆デッサンの独学とは?

鉛筆デッサンの独学とは、そもそもどのようなことを表しているのでしょうか。独学というのは、スクールや教室で学ばず、自分の力だけで学ぶことを表しています。つまり、独学というのは、指導してもらう相手がいないということです。どうやって独学で知識やスキルを身につけるかというと、本やインターネット上の情報などを自分で調べながら学んでいくのです。鉛筆デッサンの場合、必要な情報をしっかりと入手できれば、独学で学んで知識やスキルを身につけることは十分に可能です。

メリット

鉛筆デッサンを独学した場合、最低限の費用で学だけで学ぶことが可能です。具体的には、鉛筆デッサンに必要な道具を用意し、参考にする本を購入するための費用しかかからないでしょう。インターネット上には無料の情報も多く掲載されています。また、独学で勉強すれば、自分のペースで学び続けることが可能です。スクールや教室で学ぶ場合、他の受講者もいると、自分だけの都合で指導のスピードを調整してもらうことはできません。また、スクールや教室では、スケジュールがあらかじめ決まっていることも多いです。そうなると、仕事が忙しいとなかなか講義に参加できない可能性もあるでしょう。

独学で鉛筆デッサンを学ぶデメリット・リスク

独学で鉛筆デッサンを学ぶことには、メリットも多くあります。ただし、デメリットやリスクがまったくないというわけではありません。独学で鉛筆デッサンを学ぶつもりなら、そのデメリットやリスクについても理解しておいたほうがいいでしょう。ここでは、独学で鉛筆デッサンを学ぶデメリットやリスクについて紹介するので、ひととおり理解しておくようにしてください。

デメリット

鉛筆デッサンを独学で学ぶ場合、さまざまな人が発信する膨大な情報から適切な情報を見つけ出す作業が必要です。しかしながら、始めて鉛筆デッサンに取り組むとなると、そもそも勝手がわからない部分も多いでしょう。そのなかで必要な情報を的確に選び抜くのはなかなか大変です。さらに、独学で情報を断片的に入手する場合、情報を体系的に扱うことができず、効率的な学習が難しくなります。加えて、自分の作品に対して客観的な意見をもらう機会ももつことができません。美術に対する考え方は人によっても大きく異なります。また、素人と熟練者の立場からの意見もそれぞれ違うでしょう。そのため、自己満足の鉛筆デッサンになってしまう恐れもあります。ちなみに、独学で鉛筆デッサンを学ぶとなると、他人のデッサンを見て比べてみるチャンスも極端に少なくなってしまいます。

リスク

鉛筆デッサンを独学で始めると、勉強のために活用する資料の誤りや考え方の偏りを発見することができない可能性があります。そうなると、勉強内容に偏りが生じたり、時間がかかったりする恐れがあります。さらに、自分の作品の違和感や問題点にも気づくことができず、思い込みのまま続けてしまうリスクもあるでしょう。美術では自分の感性を活かして取り組むことが重要です。とはいえ、他人の作品から影響を受け、自分の作品をよりよいものにしていくケースも多くあります。そのため、美術のための他者との交流は重要なものだといえるでしょう。また、独学ではある程度の知識は得られますが、想像したほど上達できない可能性もあります。鉛筆デッサンを独学で始めるなら、そのデメリットとリスクをしっかりと理解しておく必要があります。

鉛筆デッサンを独学するならデメリットやリスクを理解しておこう

鉛筆デッサンを独学するならデメリットやリスクを理解しておこう

鉛筆デッサンは独学で学ぶことも十分可能です。ただし、鉛筆デッサンを独学するのであれば、そのデメリットやリスクについてもしっかりと把握しておかなければなりません。鉛筆デッサンにはメリットもありますが、それだけではない点に注意が必要です。しっかりとデメリットやリスクについても把握しておけば、鉛筆デッサンを実際に始めるとしてもスムーズに取り組むことができるでしょう。また、鉛筆デッサンの独学の特徴を最初に知っていれば、自分に合うかどうかも判断しやすくなります。自分に合う方法で鉛筆デッサンの勉強をおこないましょう。

鉛筆デッサンを学ぶなら

鉛筆デッサン通信講座

SARA の鉛筆デッサン資格講座は 2 種類の鉛筆デッサン資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


鉛筆デッサンに関する記事一覧

鉛筆デッサンについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
鉛筆デッサン基本コース
デッサン資格を目指すコース!!
デッサン人気講座
デッサン資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

鉛筆デッサンプラチナコース
デッサン資格を楽に取得!!
簡単資格取得
デッサン資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

鉛筆デッサン資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

鉛筆デッサン資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座