• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 趣味の資格取得講座一覧 > 鉛筆デッサン資格取得講座 > デッサン力を活かせる仕事について

鉛筆デッサンに関するコラム

鉛筆デッサン資格取得の通信教育講座

デッサン力を活かせる仕事って?

デッサン力を活かせる仕事って?

デッサン力を身につければ、さまざまな仕事に活かせる可能性があります。具体的には、どのような仕事についてデッサン力を活かせるのか気になりますよね。デッサン力を仕事に活かしたいなら、どのような仕事にデッサン力が必要なのかについて把握しておいたほうがいいでしょう。

今回は、デッサン力を活かせる仕事について説明します。これからデッサン力を活かして仕事がしたいと思っている人は、この記事で紹介する内容をよく確認してみてください。そして、自分に合う仕事を探すきっかけとしてみましょう。

鉛筆デッサンで養われる能力

鉛筆デッサンに取り組んだ場合、どのような能力を養うことができるのでしょうか。せっかく鉛筆デッサンに取り組むのであれば、鉛筆デッサンで養える能力についてもしっかり把握しておいたほうがいいでしょう。ここでは、鉛筆デッサンで養える能力について紹介します。それぞれをひととおり把握しておきましょう。

観察力

鉛筆デッサンに取り組むと、第一に観察力を磨くことができます。なぜなら、デッサンをおこなうためには、対象物の様子をしっかりと捉える必要があるからです。たとえば、対象物の輪郭はもちろん、構造や空間に対する影響などさまざまな部分を考慮しなければなりなせん。こういったことに注意して鉛筆デッサンを続けていくと、自然に物事を細部まで観察する力が身についていくのです。その力によって、質感や量感とともに明暗などについても幅広く捉えられるようになります。

表現力

鉛筆デッサンをおこなえば、表現力もどんどん養われます。目の前の対象物の様子をよりはっきりと鮮明に描写できるようになるでしょう。最初はうまく表現できなくても、何度も練習を重ねていけば、やがてそのスキルは上達していきます。イメージを具現化する能力も高まっていき、見る人に力強さを印象づける作品を描ける用になっていくでしょう。

構成・バランス力

鉛筆デッサンに取り組んでいくと、構成力やバランス力も高まっていきます。デッサンに限らず、絵を書くときは構成やバランスがとても重要です。構成力やバランス力を鉛筆デッサンで磨くことにより、美術や絵画に対する全般的なスキルも向上させることが可能になります。

デッサン力が活かせる仕事や職種

デッサン力を活かせる仕事や職種としては、どのようなものがあげられるのでしょうか。デッサン力を活かせる仕事や職種としてはさまざまなものがあります。デッサン力を身につけたなら、仕事にもしっかりと生かしていきたいですよね。ここでは、デッサン力を活かせる仕事や職種について紹介します。自分の可能性を広めるためにも、デッサン力を活かせる仕事や職種の選択肢について把握しておきましょう。

アーティスト

デッサン力を生かせる仕事としては、アーティストがあります。アーティストというのは、たとえば画家や写真家などがあげられるでしょう。また、絵本作家もアーティストとして含まれる場合もあります。ただし、アーティストとして活躍するためには、単にデッサン力だけがあればいいというわけではありません。アーティストは、他の人とは異なる自分だけでの美術的な価値観をもっています。そのため、デッサン力という基礎を身につけつつ、自分ならではのオリジナルな感性を活かした作品を作れるようにしなければなりません。

デザイナー

デッサン力を活かせる仕事としては、デザイナーがあります。デザイナーと一口にいっても幅が広く、ファッション、インテリア、建築、インダストリアル、ジュエリーなどさまざまなジャンルがあります。デザイナーになるなら、デッサン力に加えて構成力などもしっかりと高めておく必要があるでしょう。また、トレンドのデザインを把握しつつ、オリジナリティのあるデザインができるようにする必要があります。

クリエイター

デッサン力を活かせる仕事としては、クリエイターも人気が高いです。クリエイターとはアニメーションやイラストなどを作成するのが主な仕事です。具体的な職種としては、イラストレーター、漫画家、アニメーター、CGクリエイターなどがあります。それぞれの職種によって必要なスキルはそれぞれ違うので、基礎となるデッサン力を身につけたうえでさらに勉強する必要があります。

広告関係

デッサン力を活かしたいなら、広告に関係する仕事に就くのもひとつの方法です。広告に関係する仕事のうち、デッサン力を活かせるのはWEBデザイナー、グラフィックデザイナーなどがあげられます。パソコンのソフトを使うことも多いので、それぞれに必要な技術をしっかりと身につけておかなければなりません。

建築関係

デッサン力は建築関係の仕事でも活かせます。建築の骨組みやデザインを考えるときは、美術的な要素や構成力が必要になるからです。たとえば、パース作成や打ち合わせ内容やイメージを具現化する際にデッサン力を活かすことができます。

デッサン講師

デッサン力そのものを活かしたいなら、デッサン講師になるというのもおすすめです。デッサンはさまざまな仕事に役立つスキルであるため、勉強したいという人はたくさんいます。また、趣味で絵画を学ぶために、デッサンを始めようとする人も少なくないでしょう。デッサン講師として働く方法もたくさんあります。たとえば、自分の自宅で教室を開くことも可能です。さらに、カルチャースクールの講師として活躍するという道もあります。

鉛筆デッサンの必要性

鉛筆デッサンはそもそもどの程度必要とされているものなのでしょうか。仕事の中には、デッサン力が必ず必要となる仕事も多いです。その場合、鉛筆デッサンのスキルは必要不可欠なものとなります。たとえば、画家をはじめとする絵を描くことそのものが仕事の場合、デッサンのスキルがなければ話になりません。また、絵やイラストに関わる仕事の場合、採用の条件としてデッサン力の評価が含まれているケースもあります。絵やイラストに関わる仕事をしたいと思っているなら、早い段階で鉛筆デッサンについて学んでおいた法がいいといえるでしょう。

また、鉛筆デッサンのスキルは必須ではありませんが、デッサン力の有無によってその後の仕事に大きな差が出る職種もあります。その代表格であるといえるのはデザイナーやクリエイターなどなどです。これらの仕事に就きたいと考えているなら、まずは鉛筆デッサンの基礎的なスキルを学ぶことをおすすめします。

デッサン力を活かして仕事に就こう

デッサン力を活かして仕事に就こう

デッサン力を身につけると、絵や美術に関するさまざまな仕事に就ける可能性が高まります。もちろん、デッサン力さえあれば後はどうでもいいというわけではありません。基本的な社会人としてのスキルやマナーを身に着けていることは、最低限の採用条件となるでしょう。デッサン力は独学やスクールなどさまざまな方法で身につけることが可能です。独学はコストがかかりませんが、まったくスキルがない人にとっては不安が残る部分もあるかもしれません。その場合は、スクールを選ぶといいでしょう。大事なのは自分に合う方法を選んで学ぶことです。デッサン力をきちんと身につけることができれば、自分が昔から憧れていた仕事に就ける可能性も一気に高まる可能性があります。デッサン力はさまざまなことにも活かせるので、まずは基礎からしっかりと学んでみましょう。

鉛筆デッサンを学ぶなら

鉛筆デッサン通信講座

SARA の鉛筆デッサン資格講座は 2 種類の鉛筆デッサン資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


鉛筆デッサンに関する記事一覧

鉛筆デッサンについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
鉛筆デッサン基本コース
デッサン資格を目指すコース!!
デッサン人気講座
デッサン資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

鉛筆デッサンプラチナコース
デッサン資格を楽に取得!!
簡単資格取得
デッサン資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

鉛筆デッサン資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

鉛筆デッサン資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座