通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

現在位置

鉛筆デッサン講座指導・サポート体制

指導・サポート体制 デッサンアート

専属のプロスタッフがアナタをサポート!

SARAには各コースごとに専属のプロスタッフが居ます。「通信で勉強するのが始めてだからちゃんとできるか不安…」とお考えのアナタも大丈夫。SARAの講座では厳選されたプロのスタッフが受講生一人一人の卒業時までしっかりと学習のサポートをさせて頂きます。

SARAは全ての女性が安心して学習出来る事はもちろん、卒業時に「やって良かった!」と満足して頂けるようなサポートを心掛けております。

image18

何回質問しても無料!追加料金なしで徹底的に学べます。

学習でわからないことがあっても安心。専属のプロスタッフにメールで質問ができます。
しかも受講期間内なら何回質問しても無料!質問をした翌日にはスタッフからの返事が届いています!(質問が込み合っている場合、多少返事が遅れる場合がございます)

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

描く姿勢、まずは、描く時の姿勢ですがどんなことでもそうですが背筋を伸ばした格好で描くといいです。えんぴつデッサンは特にです。なぜならば、目線を一定に保たなければいけないからです。同じ位置から見ないと絵のモデルの位置や見る角度が変わってしまっただけで良い絵は描けなくなってしまいます。描き方、描く時に気になるのは手順だと思います。必ずしもその通りに描く必要はありません。基本的な描き方としては、次のような順です。・構図を決める・形をとる(輪郭を描く)・明るい場所、暗い場所をはっきりさせる・描き込み、完成このような手順で描いていきます。・構図を決める構成と言うのは、絵の全体像と言うことです。大体でいいのでどれくらいの大きさで描いて、完成はこんな感じになるというイメージを描いていきます。まだ下書きの段階なので細かく必要はありません。すぐに本番を描いてしまいたくなりますが、我慢して下書きから描いてみましょう。すると、上手く描けます。・形をとる(輪郭を描く)下書きが描けたところで薄く輪郭を描いていきます。この時に修正部分があれば直しておきましょう。・明るい場所、暗い場所をはっきりさせる。ここでは今まで描いてきた絵の中に、細かく描いていきます。光が当たっていて明るく見える場所や暗く見える場所などを細かく描いていきましょう。また、立体に見えるように全体の形やボリュームも表現していきます。・描き込み、完成。あとは、濃いく描くところは描いていらない線は消してとえんぴつと消しゴムを上手く使って、描いていきましょう。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ