• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 趣味の資格取得講座一覧 > カリグラフィー資格取得講座 > カリグラフィーを独学で学ぶ方法

カリグラフィーに関するコラム

カリグラフィー資格取得の通信教育講座

カリグラフィーを独学で学ぶには?方法や準備について理解しよう

カリグラフィーを独学で学ぶには?方法や準備について理解しよう

カリグラフィーはどのようにして学べばいいのでしょうか。まずは独学で学んでみたいという人も少なくないはずです。カリグラフィーを独学で学ぶためには、いろいろと押さえておきたいポイントがあります。そのため、カリグラフィーを始めるなら、基本的なことをしっかりと理解しておきましょう。

今回は、カリグラフィーを独学で学ぶ方法について紹介します。これからカリグラフィーを独学したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

カリグラフィーを学ぶにはどんな方法がある?

カリグラフィーを学ぶには、いろいろな手段があります。そのため、自分の目的や状況に合わせて好きな方法を選ぶことが可能です。ここでは、カリグラフィーを学ぶ方法について具体的に紹介します。自分にはどの方法が合いそうか確認しながらチェックしてみてください。

教室に通う

カリグラフィーを学ぶには、教室に通う方法があります。教室に通えば、カリグラフィーに詳しいプロから直接指導を受けることが可能です。そのため、カリグラフィーをほとんどおこなったことがない場合でも、正しい知識のもとでカリグラフィーの上達を目指すことができるでしょう。

通信講座で習う

カリグラフィーをより気軽に学びたいなら、通信講座を選ぶのもひとつの手です。通信講座なら、家にいながらプロの指導に従ってカリグラフィーの習得を目指せます。通信講座なら自分の好きなタイミングで学習を進められるので、負担が大きくありません。不明点などを質問できる場合もあるので、ひとりで学ぶよりも心強いといえるでしょう。

独学で習得する

カリグラフィーは、独学で学ぶことも可能です。独学なら、完全に自分のペースでカリグラフィーを学ぶことができます。ただし、独学する場合は、テキストの選び方にも慎重にならなければならないでしょう。さらに、不明点をプロに質問することができないため、分からないことがあれば自分で調べなければなりません。とはいえ、気軽に学べるというのは嬉しいポイントです。

カリグラフィーを独学で学ぶメリット・デメリット

独学でカリグラフィーを学ぶ場合、メリットとデメリットとしてはどのようなことがあるのでしょうか。独学でカリグラフィーを学ぼうと考えているなら、メリットとデメリットの両方を理解しておくことをおすすめします。ここでは、カリグラフィーを独学で学ぶメリットとデメリットについてそれぞれ紹介します。

メリット

カリグラフィーを独学で学べば、費用を抑えることが可能です。たとえば、テキストを購入するだけなら、それほど大きな金額にはなりません。インターネットで無料の情報を見つければ、ほとんど無料でカリグラフィーを学ぶこともできます。また、カリグラフィーを独学すれば、自分の好きな時間に勉強することができます。忙しければ、月に数回のペースでも学ぶことができるでしょう。

デメリット

カリグラフィーを独学するとなると、きちんと技術を習得するまでに時間がかかる可能性が高いです。実際、カリグラフィーをきちんと身につけるためには、プロからひととおりのやり方を教えてもらった方が早いといわれています。カリグラフィーは技術のひとつなので、実際に書いているところを見られないとなかなか上達が難しいです。特に実際に見てみないと角度や力加減などが分かりづらいので、注意が必要です。

独学での学び方

独学でカリグラフィーを学ぶ場合、どのような取り組みが必要なのでしょうか。ここでは、独学でカリグラフィーをするときの学び方について紹介します。独学でカリグラフィーを学びたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

必要最低限の道具をそろえる

独学でカリグラフィーを始めるなら、まずは必要最低限の道具をそろえるようにしましょう。カリグラフィーをする場合、専用のペン、インク、紙などが必要です。ペンは書きたい書体によって用意すべき形状が異なるため、あらかじめどの字体を練習するか決めたうえで購入するとよいでしょう。

見本を見て学ぶ

カリグラフィーを習得するためには、とにかく見本をよく見て学ぶことが大切です。本で基本的なポイントを押さえたら、あとは動画で実際にどのように書いているのか確認してみてください。プロの書き方をそのまま真似することが、カリグラフィーを上達させるコツだといえるでしょう。どのように書くかイメージをしっかりもつことも大切です。

書体を選んで練習する

カリグラフィーの書き方をひととおり理解したら、あとは書体を選んで練習を重ねましょう。初心者でも書きやすくておすすめの書体はイタリック体です。もちろん、他の字体を選んでも構いません。しっかり練習して見本に近い字を書けるようにしてください。

おすすめの本の選び方

独学でカリグラフィーを始めるなら、本の選び方がとても大切です。カリグラフィーに関する本は複数ありますが、初めてカリグラフィーに取り組むなら初心者向けで分かりやすいものを選ぶとよいでしょう。さらに、練習帳がついているものを選べば、迷わずカリグラフィーの練習を始めることができます。初心者ならなるべく気軽にカリグラフィーの練習ができるものを選ぶことをおすすめします。また、具体例が載っており、確認がしやすいかどうかも本選びの重要なポイントであるといえます。

独学で学ぶときのコツと注意点

独学でカリグラフィーを学ぶときは、コツや注意点もあります。しっかりとカリグラフィーの技術を身につけるためには、そういったポイントにも気を付けることが大切です。独学でカリグラフィーを学ぶときのコツや注意点について紹介します。

基礎からきちんと始める

カリグラフィーを始めるなら、基礎からしっかりと学ぶことを大切にしてください。たとえば、ペンの持ち方や姿勢は特に重要です。また、ペン先の角度によっても、美しいカリグラフィーを書くことができるかどうかが大きく変化します。カリグラフィーは細かく正確な書き方が求められるので、面倒でも丁寧に確認しなければなりません。

数をこなしてたくさん練習する

カリグラフィーを上達させるためには、数をこなすことも大切です。練習すればするほど、上達できる可能性は高まっています。基本中の基本とも言えますが、まずは線をきれいに弾けるようにすることから始めましょう。たくさん練習していけば、完成度の高いカリグラフィーも書けるようになります。

カリグラフィーを独学で習得しよう

カリグラフィーを独学で習得しよう

カリグラフィーはポイントを押さえれば独学で習得することも不可能ではありません。もちろん、プロに習うよりは時間がかかる可能性もあります。とはいえ、カリグラフィーを習得するには練習を重ねることが何よりも大切です。よって、独学でも、しっかり練習すれば美しい文字を書けるようになります。難しく感じても、まずはしっかり練習を続けることを大切にしてください。そうすれば、以前よりも美しい文字を書けるようになっていくはずです。カリグラフィーを書けるようになれば、さまざまな場面で役立つ機会があります。せっかくカリグラフィーを学んだら、いろいろなところでその技術を活かしてみるとよいでしょう。そのためにも、まずはしっかりと基礎から身につけて、カリグラフィーを上達させてください。

カリグラフィーを学ぶなら

カリグラフィー通信講座

SARA のカリグラフィー資格講座は 2 種類のカリグラフィー資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


カリグラフィーに関する記事一覧

カリグラフィーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
カリグラフィー基本コース
カリグラフィー資格を目指すコース!!
カリグラフィー人気講座
カリグラフィー資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

カリグラフィープラチナコース
カリグラフィー資格を楽に取得!!
簡単資格取得
カリグラフィー資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

カリグラフィー資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

カリグラフィー資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座