• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 趣味の資格取得講座一覧 > 華道資格取得講座 > お花の先生になるには

華道に関するコラム

華道資格取得の通信教育講座

お花の先生になるには?必要なスキルや仕事内容って?

お花の先生になるには?必要なスキルや仕事内容って?

お花は美しくて見ているだけでハッピーな気持ちになれますよね。そういったことから、お花の先生になりたいという気持ちをもつ人も多いのではないでしょうか。とはいえ、お花の先生になるには具体的にどうしたらいいのか分からないと感じている人もいるでしょう。

そこで今回は、お花の先生になるにはどうしたらいいかについて解説します。お花の先生になるために必要なスキルや仕事内容についても触れるので、お花の先生になりたい人はぜひチェックしてみてください。

「お花の先生」とは?

お花の先生になった場合、どのような働き方をするのでしょうか。基本的に、お花の先生になるには、お花の協会の認定校になるケースが多いです。個人で開業して教室を開けば、フリーランスとして活躍することが可能です。教室は自宅で開くこともできますし、自宅以外の場所を新しく借りておこなうこともできます。お花の先生を本業とするのではなく、副業として取り組むこともできるでしょう。

お花の先生になるには?

お花の先生になるには、どうしたらいいのか分からないという人も多いかもしれません。基本的に、お花の先生になるためには、特に資格は必要ありません。そのため、自分自身がお花の先生であると名乗りさえすれば、すぐにお花の先生になることができます。ただし、現実的に考えてみると、お花についての資格や所属流派がないと、先生としての信用はなかなか得られません。また、経歴が少なければ教室を始めても生徒は集まりにくいでしょう。加えて、個人で開業する場合は、自分自身の力で集客する必要があります。そして、自宅以外で開業するのであれば、多少の資金もないと教室を始めることすらできません。お花の先生になりたいのであれば、自分がやりたい内容に合わせて必要な準備をおこなう必要があります。

お花の先生に必要なスキル

お花の先生になるには、生け花についての知識や技術は必要不可欠です。しかしながら、お花の先生になるためには、他にもさまざまなスキルが必要になります。お花について人に教えるためには、教え方のスキルも身につけていなければなりません。特に教科書に示されているテキスト以外の部分について、具体的にわかりやすく教えられるようにする必要があります。そのためには、お花についての経験値もある程度積んでおく必要があるでしょう。

さらに、お花の教室を始めるのであれば、生徒が魅力を感じるような個性やセンスも持ち合わせておく必要があります。それらを活かし、他とは違う魅力のあるレッスン内容でなければ、長く通い続けてもらうことはできないでしょう。

お花の先生になるために、無理にお花の資格を取得する必要はありません。資格に匹敵するほどの十分な知識や技術があれば、問題はないでしょう。ただし、お花の先生になるなら運転免許はあったほうがいいです。教室で使う花材などは量が多くなる可能性が高く、それらを調達するなら車での運搬が必要でしょう。お花のスタイルによっては、花材以外の材料を運ぶ場合もあります。

お花の先生に向いている人

お花の先生には、どのような人が向いているのでしょうか。お花の先生に向いている人としては、いくつかのタイプをあげることができます。ここでは、お花の先生に向いている人のタイプについて説明します。

花やフラワーデザインが好きな人

お花の先生になるなら、基本として花やフラワーデザインが好きであることが必要です。好きなものは長く触れていても苦になることはありません。お花の先生になれば、常にお花に触れていることになるため、こういった特徴は重要なポイントとなります。

人に教えるのが得意な人

お花の先生になれば、何も分からない生徒にゼロから知識や技術を教えることになります。そのため、お花の先生になるなら、人に物事を教えるのが得意というスキルも必要になります。先生として働く前に、誰かにお花を教える経験をしてみるといいでしょう。

コミュニケーションが好きな人

お花の先生になるなら、コミュニケーションが好きであることも重要です。たくさんの生徒がやってくることになれば、さまざまな相手とやり取りすることになります。どのような相手とでもうまくコミュニケーションが取れることは、先生として重要なスキルだと言えます。

コンテスト受賞歴がある人

お花の先生になる場合、コンテストの受賞歴は強力な武器となります。生徒は安心して教室を選びやすくなるため、集客にも効果を発揮できるはずです。

お花の先生の仕事内容

お花の先生になった場合、具体的にどのような仕事をすることになるのでしょうか。ここでは、お花の先生の仕事内容について確認しましょう。

教室の運営

お花の先生になったら、教室の運営をおこないます。教室の責任者としての立場になるため、生徒の指導はもちろん、備品や施設などすべてについて責任をもたなければなりません。

カリキュラムづくり

お花の先生として教室を開くなら、カリキュラムについても自分で考える必要があります。できれば、生徒のレベルに合わせて段階ごとに指導できるようなカリキュラムを作ったほうがいいでしょう。実際に指導する中で反省しながら、カリキュラムをアップグレードしていくことも大切です。

花材・資材の準備

お花の先生は、教室で使用する花材や資材の準備もおこないます。カリキュラムの内容に合わせて必要なものを用意しましょう。季節を意識したり、変化をつけたりするようにして、生徒が楽しみながら学べるように配慮する必要があります。

集客活動

教室をオープンするなら生徒を集めることも重要な仕事のひとつです。集客はどのようにおこなうのか考え、効率的に集客できそうな方法を実践していく必要があるでしょう。

お花の先生の収入

お花の先生担った場合、収入はどの程度になるのでしょうか。フリーランスとして活動するなら、生徒の月謝によって収入も大きく変化します。地域差もありますが、お花の教室の生徒1人あたりの月謝は、安ければ5000円程度、高くても15000円程度です。つまり、生徒が増えれば増えるほど、売上は高くなります。ただし、収入を考えるには、売上から教室の運営にかかる費用を差し引く必要があります。

お花の先生としての年収は、月謝の金額設定や生徒数によって大きくことなるでしょう。また、教室を借りるなら、場所代も収入に対して大きな影響をもたらします。生徒を集めつつ、経費をなるべく押さえるようにすることで、収入アップにつなげることができるでしょう。

お花の先生になるにはさまざまなことが必要!

お花の先生になるにはさまざまなことが必要!

お花の先生になりたいという気持ちがあれば、基本的には誰でも目指すことが可能です。ただし、実際にはさまざまな準備やスキルが必要となります。お花の先生を名乗るだけで、生徒もたくさんやってくるというわけではありません。お花の先生として開業するということは、小さな企業をするのと同じです。そのため、経営を成り立たせるための戦略もきちんと考える必要があります。とはいえ、お花の先生になれば常にお花に触れ合うことができます。お花が好きな人にとっては、とても素敵な職業であるといえるでしょう。お花の先生になりたいなら、必要なことをひとつひとつ積み上げることを大切にしてください。

華道を学ぶなら

華道通信講座

SARA の華道資格講座は 2 種類の華道資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


華道に関する記事一覧

華道についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
華道基本コース
資格を目指すコース!!
華道
人気講座

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

華道プラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

華道資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

華道資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座