POPデザイン・広告講座の指導・サポート体制

指導・サポート体制 POP広告

専属のプロスタッフがアナタをサポート!

SARAには各コースごとに専属のプロスタッフが居ます。「通信で勉強するのが始めてだからちゃんとできるか不安…」とお考えのアナタも大丈夫。SARAの講座では厳選されたプロのスタッフが受講生一人一人の卒業時までしっかりと学習のサポートをさせて頂きます。

SARAは全ての女性が安心して学習出来る事はもちろん、卒業時に「やって良かった!」と満足して頂けるようなサポートを心掛けております。

image18

何回質問しても無料!追加料金なしで徹底的に学べます。

学習でわからないことがあっても安心。専属のプロスタッフにメールで質問ができます。
しかも受講期間内なら何回質問しても無料!質問をした翌日にはスタッフからの返事が届いています!(質問が込み合っている場合、多少返事が遅れる場合がございます)

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

POPというものは基本的にスーパーや百貨店、雑貨店や服屋などにあり商品の真横に置くことで商品に関して店側の伝えたいことを消費者に発信していく宣伝材料になるものです。POPデザイナーの中にはPOPライターといわれるような「手書き」専門のデザイナーがいるほどで、正直イラストは色鉛筆やマジックで書いて逆に心をひかれる温かみが生まれるといわれていますし、パソコンが使えなくてもネット上に無料テンプレートがあるので実はイラストに関してのデザインはカバーできるのです。問題になってくるのは文章力です。短時間の消費者のPOPの注目で消費者の興味をひかなくてはなりません。正直これには経験が物を言うこともありますが、基本的に守るポイントは同じであり、それを知っていれば場合によってはプロにも負けないPOPが作れるのです。①キャッチコピーを決める消費者の興味を引くためにはインパクトのある心に残りやすいキャッチコピーが必要です。そしてこのキャッチコピーは簡潔であればあるほど心に残りやすくなります。例えば「店頭の服の半額のセールを行う」となったとき、「店頭商品が半額!」というキャッチコピーと「半額!!!!」と書くとします。ここでアピールしたいのは「半額で買える」ということですがどちらがより伝わりやすいでしょう。どちらにインパクトがあるのでしょう。このように簡潔であればあるほど意味は伝わりやすいのです。またそのときに流行っている芸人さんのネタなんかをフレーズにするのもいいかもしれません。「ちょっとまってちょっとまっておにいさ~ん半額ってなんですの~」というように。②文字の配置とフォントを決める③文字の色を決める④文字の配置を決めるあとは②③④の順番で決めていきます。イラストや背景などに沿った配色などでより価値のあるものに仕上げていくことが出来るのです。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ