通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

タロットカード 基本コース / プラチナコース

講座で学ぶ知識

正位置と逆位置とは何か


タロットの正位置と逆位置というのは、タロットを引いた時に絵柄が逆さまになっているか、そうでなく通常の状態になっているか、ということです。例えば0番の愚者のカードだと、正位置、絵柄が上向きの時は、冒険、チャレンジなどの意味を持ちますが、逆さまになると、無謀、リスクを伴うなどの意味になります。また、最初タロットを習い始めのころは、正位置=良い意味、逆位置=悪い意味のカードというイメージで捉えがちですが、必ずしもそうではありません。例えば、月のカードなどは、迷いを表しますが、逆位置の方がポジティブなイメージです。逆になっていると迷いが晴れるという解釈になります。逆に正位置であっても塔のカードのようにあまり吉とは言えない暗示を含む場合もあります。またタロットの中でとりわけ嫌われやすいカードである、悪魔などは、正逆ともにあまり良い暗示は持ちませんが、逆のカードになると、捉われていた欲望からの解放などの意味を含みます。最初の頃は正逆の意味をそのまま覚えても問題ありませんが、正位置は良い意味、逆位置は悪い意味と捉えるのは、解釈の幅を狭めることになっていしまいます。常にどんな意味が込められているのか注意してタロットを解釈するようにすることがカードを使用する上では必要です。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ