• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 占いの資格取得講座一覧 > ダウジング資格取得講座 > ダウジングの精度を高める練習の仕方について

ダウジングに関するコラム

ダウジング資格取得の通信教育講座

ダウジングの精度を高めるには?正しい練習方法って?

ダウジングの精度を高めるには?正しい練習方法って?

ダウジングをおこなえば、さまざまなことの答えを導き出すことができます。とはいえ、必ず的中するとは限らないため注意が必要です。ダウジングの精度を高めるには、どのように取り組めばいいのでしょうか。ダウジングを始めるなら、正しい練習方法についても理解しておきたいところです。

今回は、ダウジングの精度を高めるための正しい練習方法について紹介します。これからダウジングに取り組もうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ダウジングに必要なスキル

ダウジングをおこなう場合、どのようなスキルが必要なのか気になりますよね。ダウジングは不思議なものであり、特別な力をもっていないとおこなえないとイメージしている人も多いのではないでしょうか。しかし、ダウジングは潜在意識にアクセスすることで答えを導き出すテクニックなので、実際には特別な力は必要ありません。ちょっとしたコツを掴む必要はありますが、特別な力をもっていない人でも練習を積めばきちんとした結果を得られるようになる可能性があります。大切なのは、特別な力をもっているかどうかより、直感を信じる力を磨けるかどうかです。また、潜在意識が示す答えを素直に受け取るスキルも重要だといえるでしょう。難しく考えすぎると、かえってうまくいかなくなることもあるので注意が必要です。感覚を研ぎ澄ましたり体調を整えたりすると、意外とうまくいくケースが多いです。

ダウジングの精度をあげるには?

ダウジングの精度をあげたいと考える場合、どのような方法をとればいいのでしょうか。ダウジングの精度をあげるためのポイントとしては、さまざまなことがあげられます。ここでは、ダウジングの精度をあげるにはどうしたらいいかについて確認しましょう。

自分に合う道具を使う

ダウジングの精度をあげるためには、自分に合う道具を使うことが大切です。自分に合う道具が何かについては、自分で実際に使用して試してみるしかありません。自分が使いやすいと感じたりしっくりくると思ったりするものがあれば、積極的に取り入れることをおすすめします。道具が違うだけでも、ダウジングの効果の発揮しやすさは大きく変化するでしょう。

環境を整える

ダウジングの精度をあげたいと思うなら、環境をきちんと整えることも重要です。ダウジングは自分自身の潜在意識とつながるものであるため、集中できない環境ではなかなかうまくいかないものです。誰もいない場所や自分が慣れている場所など、集中できる環境を選ぶようにしましょう。

リラックスする

ダウジングは、リラックスして取り組むことも大切です。余計な力が入っていると、どうしても邪念が入ってしまいます。そうなると、潜在意識とつながるのが難しくなってしまうでしょう。余計なことに意識が向くことが無いよう、すっきりとした感覚のときにダウジングに取り組むようにしてください。

わかりやすい質問をする

ダウジングでは、複雑な質問に対する答えを出すことはできません。基本的には、YesかNoで答えられる内容を質問すべきです。また、ダウジングでは、探しものを見つけることもできますが、どこにあるか検討もつかないようなものを探すことはできません。自分の潜在意識の中にあることしかダウジングでは答えを導き出せないからです。そのことを踏まえ、なるべくわかりやすい質問をすることを心がけましょう。

意識的に答えを出さない

ダウジングをするときは、意識的に答えを出してはいけません。ダウジングでは、あくまで潜在意識とつながって自然に答えを出す必要があります。無理に答えを出そうとしたり、欲張ったりすると、事実とは異なる内容を答えとして頭に思い浮かべてしまうかもしれないでしょう。そういったことを避けるには、「この答えが欲しい」というイメージをあまり強くもちすぎないようにする必要があります。答えにこだわるのではなく、あくまでも現実をきちんと受け入れる姿勢を大切にしましょう。加えて、すでに事実として分かっている内容があっても、そこから答えを決めつけようとしてはいけません。

ダウジングの訓練方法

ダウジングはどのようにして訓練をおこなえばいいのでしょうか。ここでは、ダウジングのスキルをアップさせるために効果のある訓練方法について紹介します。

Yes Noクエスチョンの練習

Yes Noクエスチョンの練習をする場合は、まずは誰かに手伝ってもらい、箱の中に物を隠してもらいましょう。それについて、人工物かどうかについてダウジングでYesまたはNoで答えを導き出します。シンプルな練習ですが、何度もおこなっていると正しい答えを出しやすくなっていくでしょう。さらに、封筒の中にメモを入れてもらうという方法もあります。書いてあることが事実かどうかをダウジングのYes Noクエスチョンで当てましょう。最初は簡単な内容にしておき、少しずつ難しい内容を取り入れていくといいです。

探索の練習

ダウジングで探し物をする練習をするなら、カラーダウジングをおこなっていましょう。まず、色がついている紙を入れた複数の封筒を用意します。そこで封筒をシャッフルし、どの色がどの封筒に入っているのか当ててみましょう。たとえば、「赤色はどれか?」という質問をし、ダウジングでどの方向を指し示すかを見てみてください。少しずつ練習していくと、ダウジングの精度をあげることができます。

ダウジング上達のコツ

ダウジングを上達させるには、いくつかコツがあります。まずは、とにかく回数をこなすことが大切です。やはり慣れていないうちはどうしてもうまくいかないものです。しかし、作業に慣れれば揺れやすくなったり、揺れが大きくなったりしていきます。ダウジングがどのようなものか分かれば、精度も高まっていくものです。また、自分にとって当たりやすいタイミングや環境についても分かってくるでしょう。少しずつ試しながら、自分にとって適切なダウジングの方法を理解していってください。さらに、その中では、あまり難しく考え過ぎないほうがいいです。理論的に考えるよりも、自分の直感を信頼することのほうが重要です。ダウジングは潜在意識とつながるものであるため、自分でも把握できない部分もあります。よって、ダウジングはムキになっておこなうのではなく、楽しみながらやっていくのがいいです。

ダウジングの練習をしながら精度を高めていこう

ダウジングの練習をしながら精度を高めていこう

ダウジングは、練習を重ねることで精度を高めることが可能です。最初のうちは、ほとんど当たらないと感じるかもしれません。しかし、その時点では正しいやり方を理解できていないだけです。普段は潜在意識について考えることがないので、最初はなかなかピンとこない部分もあるでしょう。その場合、まずは感覚を研ぎ澄ましていくことが重要です。リラックスしたり環境を整えたりしながら、少しでも潜在意識とつながりやすい状況を作りましょう。そして、実際に試しながらダウジングに慣れていってください。感覚的にしっくりくる状態がわかるようになれば、ダウジングの効果はそれだけでもかなり高まっているでしょう。そのまま努力を怠らず訓練を積んでいけば、かなりの精度に高めることも可能です。まずは少しずつ練習の取り組みながら、しっかりと結果を出せるようにしていってください。

ダウジングを学ぶなら

ダウジング通信講座

SARA のダウジング資格講座は 2 種類のダウジング資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら
オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座