に関するコラム

資格取得の通信教育講座

風水師になるには?仕事内容や必要な資質とともに紹介

 

風水師になるには?仕事内容や必要な資質とともに紹介

風水師は、多くの人のためになるやりがいの大きな仕事です。風水師になるためには、風水についてさまざまな知識をしっかり身につけておかなければなりません。風水師になるには、どのような方法があるのでしょうか。

今回は風水師になる方法について詳しく説明します。風水師になるのは難しそうにも思えますが、しっかり勉強すれば初心者でも目指すことが可能です。風水師の仕事内容な必要な資質も紹介するので、風水師になりたいという人はぜひ参考にしてみてください。

風水師とは?

風水師とは、どのような人のことをいうのでしょうか。まずは、風水師の基本について押さえておきましょう。

風水の知識に精通

風水師は、風水の知識に精通した専門家のことです。風水の基本的な考え方や思想はもちろん、歴史などについても深く理解しています。そのため、風水を使ったカウンセリングをおこない、さまざまな人に対してアドバイスをおこなっています。たくさんの人に対して風水を広め、その効果を実感してもらうことを目的とした仕事です。

民間の資格

風水師としての資格はいくつか種類があります。ただし、風水師になる場合、資格の取得は必須ではありません。資格がなくても、風水に関する詳しい知識をもち合せていれば、風水師として活躍することは十分可能です。資格を取得しておけば、お客様からの信頼度が上がるので、できればとっておいたほうがよりよいといえるでしょう。資格取得に向けた勉強をすることで、体系的に正しい風水の知識を身に付けられるというメリットもあります。

風水師になるには?

風水師になるには、具体的にどのようなことに取り組めばいいのでしょうか。風水師になるためには、絶対に必要な勉強方法や修行などはありません。さまざまな方法があるので、自分に合ったものを選んで実践するとよいでしょう。ここでは、風水師になるための方法についていくつかピックアップして紹介します。

弟子入りする

風水師になる方法としては、まず弟子入りがあります。すでに風水師として活躍している人の弟子になり、実践的に風水を学んでいくという方法です。弟子入りさせてくれる風水師を探すのは大変ですが、弟子になることができれば実際の風水師の仕事ぶりを見ながら学べるので成長も早いでしょう。仕事上のアドバイスももらいやすいので、本格的に風水師として活躍したいと思っている人は弟子入りを考えてみてはいかがでしょうか。

学校や通信講座で学ぶ

風水師になる方法としては、学校や通信講座で学ぶという方法もあります。最も確実に誰でも風水について学べる方法です。講師は風水に詳しい専門家が担当するので、勉強する中で分からないことがあってもすぐに質問できます。また、風水をともに学ぶ仲間ができるのも魅力といえるでしょう。ある程度費用がかかる分、その効果は高いといえます。

独学する

風水師になるためには独学するというのもひとつの手です。独学すれば、ほとんど費用をかけずに風水について学べます。ただし、独学する場合は分からないことがあっても自力で解決するしかありません。まったくの初心者の状態から風水について学ぶのであれば、独学はハードルが高いと感じる可能性もあるでしょう。

風水師に求められる資質

風水師になる場合、どのような資質が必要となるのでしょうか。風水師には向き不向きもあります。ここでは風水師に求められる資質について説明するので、自分自身が風水師に向いているかどうか確認してみましょう。

膨大な知識を吸収する貪欲さ

風水師を目指すなら、膨大な知識を吸収する貪欲さが必要です。風水は古くから受け継がれてきた考え方であり、風水の考え方を使いこなすにはさまざまなことをしっかり把握しておかなければなりません。風水師になるためには、常に勉強し続ける姿勢が必要だといえるでしょう。

他人の望みや悩みを読み取る力

風水師は他人のためにさまざまなことを考える仕事です。そのため、他人の望みや悩みを読み取る力も必要です。相手の立場に立って物事を考え、そこにある問題をきちんと読み解くようにしなければなりません。風水師になるなら、困っている人の問題を解決しようとする思いやりが必要不可欠だといえるでしょう。

風水師の主な仕事

風水師は、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。風水師を目指すなら仕事内容についても把握しておきたいですよね。ここでは、風水師の主な仕事内容について説明します。実際の仕事の様子をイメージして、風水師になった場合の様子を考えてみましょう。

家やオフィスの土地・場所選び

風水師は、家やオフィスの土地・場所選びでもよく活躍します。風水的な知識を生かすことで、その人の希望に合った土地や場所はどこなのか判断します。その人が求めるものや実際の状況によってぴったりな土地や場所は異なるので、風水の知識をフル活用して答えを導き出す必要があります。

開運・運気維持のための風水アドバイス

風水師は、相談者の開運や運気維持のアドバイスをおこなうこともあります。その人の状況に合わせてより運気を高めるための方法を伝えます。具体的なアドバイスができるので、多くの人を幸せにできる仕事だといえるでしょう。

方角や間取り・インテリア関係の提案

風水師は、方角や間取り・インテリア関係の提案をすることもあります。風水の考え方を取り入れると、家の中の気の巡りを正しく整えることが可能です。その家の家族全員に対してよい運気をもたらすことができるので、やりがいも非常に大きいです。

風水師の活躍の場

風水師になった場合、どのような場で働くことになるのでしょうか。風水師の活躍の場はいろいろとあります。ここでは、風水師の活躍の場について紹介します。

占いサロン

風水師は占いサロンを開き、そこに訪れる相談者のためにアドバイスをするというパターンも多いです。その人の状況をしっかり聞き取り、運気を上げるためにできることを提案します。また、イベント会場で風水師として相談に乗ることもあります。

インターネットの占いサイト運営

インターネットを使えば、対面できない相手に風水のアドバイスをすることも可能です。占いサイトを作って相談を受け付けている風水師も多くいます。インターネットを使ってたくさんのお客さんがつくようになれば、独立開業をすることも可能です。

講師

風水師としての知識を生かして働くなら、講師という道もあります。風水に興味がある人に風水について教えるので、たくさんの人に風水の考え方を広めることができます。

風水師になるにはしっかり知識を身に付けることが大切!

風水師になるにはしっかり知識を身に付けることが大切!

風水師になるには、風水についての深い知識が必要です。そのため、まずはしっかり知識を身に付ける必要があります。知識をしっかり身に付けることができれば、風水師としてさまざまな場で活躍することが可能です。風水の力を使って多くの人の運気を上げたり、希望を叶えたりする手助けができるのは、とても素晴らしいことですよね。もちろん、一人前の風水師になるまでにはたくさんの勉強や経験が必要になります。風水について強い思いをもち、一生懸命努力すれば、いまからでも一人前の風水師を目指すことができるでしょう。風水についてしっかり学び、風水師としての活躍を目指してみてはいかがでしょうか。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座