に関するコラム

資格取得の通信教育講座

ルノルマンカードの組み合わせとコンビネーションリーディングを解説!

 

ルノルマンカードの組み合わせとコンビネーションリーディングを解説!

ルノルマンカードを使用して占いをする場合、さまざまな読み取り方法があります。組み合わせによってカードが示すメッセージは変化するため、コンビネーションリーディングをしっかりとマスターすることが重要です。最初は難しく感じられるかもしれませんが、読み取りに慣れてくればしっかりとリーディングすることができるようになります。

今回は、ルノルマンカードの組み合わせやコンビネーションリーディングについて説明します。ルノルマンカードの読み取りについてしっかり押さえ、メッセージを正確に読み取れるようにしましょう。

ルノルマンカードの表す意味

ルノルマンカードは、どのような意味を表しているのでしょうか。ルノルマンカードにはいくつか占い方があり、選ぶカードの枚数によっても意味が異なります。ここでは、ルノルマンカードが表す意味の違いについ手の基本を押さえておきましょう。

1枚

ルノルマンカードは、それぞれに異なる意味があります。そのため、カードを1枚選ぶだけでもメッセージを読み解くことが可能です。ルノルマンカードの場合、1つのカードが表す意味はひとつだけだと決まっています。

2枚以上

ルノルマンカードは、複数のカードの組み合わせでも占うことができます。たとえば、2枚引きするとカードが熟語になって意味を示します。また、3枚以上になると、いつ・どこで・どのようにといったことも分かるようになります。

グラン・タブロー

ルノルマンカード特有の占い方法として、グラン・タブローという占い方法があります。グラン・タブローでは並べたカードの隣や周辺との関係性を読み取ることで、複雑な状況を細かく読み解いていくことができます。

ルノルマンカードの組み合わせパターン

ルノルマンカードでは、さまざまな占い方法があります。ルノルマンカードで占いをするなら、さまざまなパターンの占い方法について理解しておきたいところです。ここでは、ルノルマンカードのさまざまな占い方法について説明します。

基本ルール

ルノルマンカードの占い方法では、基本となるルールがあります。基本的には、左が過去、右が未来というルールで読み取りをおこなっていきましょう。これを理解しておけば、いろいろな占い方法でもきちんとカードの読み取りをすることができます。

オラクルカードとしての占い方

ルノルマンカードは、オラクルカードとしての占い方もできます。たとえば、4枚オラクルなら、カードをシャッフルした後で4枚を引き、3枚を横並び、1枚を上に並べましょう。この場合、下段の左のカードは過去や原因、真ん中のカードは現在、右のカードは未来を表しています。また、上段のカードは全体に対するアドバイスとなります。

キーカードを使ったスプレッドによる占い方

ルノルマンカードはキーカードを使ったスプレッドによる占い方も可能です。キーカードを使ったスプレッドでは、最初に必ずキーカードを決めたうえで占いを始めましょう。使用する枚数によってやり方が異なるので、それぞれの枚数ごとに占い方を説明します。

 *5枚引き

まず、カードをシャッフルしながらキーカードはどれか念じましょう。そして、シャッフルが終わったら、カードを3つの山に分けます。カードを扇型に広げ、キーカードが出るまで開いていきましょう。キーカードが出たら、その前に開いた2枚のカードと一緒に並べます。さらにカードを2枚選んでキーカードの左右に並べてください。すると、いちばん左のカードが過去、2枚目と4枚目がいまに近い過去と未来、5枚目が未来を表すことになります。

 *9枚引き

9枚挽きをするときも、シャッフルして扇型に並べるまで手順は5枚挽きと同じです3×3になるようカードを並べますが、キーカードが真ん中にくるように並べてください。キーカードが出たら、その前に出た4枚をとり上に3枚、キーカードの左隣に1枚を置きます。さらに、カードの山から4枚をとり、キーカードの右に1枚、下に3枚を並べましょう。読み取り方法は、左が過去、右が未来です。上下のカードについては、上が下をコントロールするという意味合いになります。

 *グラン・タブロー

グラン・タブローは、ルノルマンカード特有の占い方法です。カードを切ったら、8、枚ずつ横に並べていきましょう。キーカードがどの位置にあるか、キーカードの周囲にはどのようなカードがあるかによって、将来について占うことができます。具体的には、特にキーカードの上下や斜めにあるカードに着目するとよいです。そこにどのようなカードがあるかによって、ルノルマンカードが示す意味が大きく変わってきます。

コンビネーションリーディングのやり方

ルノルマンカードの読み取りでは、コンビネーションリーディングが重要です。コンビネーションリーディングでは、どのようなやり方をすればよいのでしょうか。ここでは、コンビネーションリーディングのやり方について基本的なところを紹介します。

2枚引きでのコンビネーションリーディング

ルノルマンカードでの2枚引きでは、左が過去、右が未来というルールに沿って読み取りをおこないます。過去と未来のつながりを意識し、今後自分がどのように行動したらいいかを読み取っていきます。

キーカードを使ったスプレッドのコンビネーションリーディング

ルノルマンカードでキーカードを使用するときは、キーカードを中心にして読み取りをおこないます。キーカードの周囲にどのようなカードがあるのかによって、意味は大きく変化します。同じカードが出たとしても、キーカードとの位置関係によって結果が異なるので、それぞれの関係性をしっかり把握することが重要だといえるでしょう。

ルノルマンカードにはいろいろな組み合わせがある!

ルノルマンカードにはいろいろな組み合わせがある!

ルノルマンカードを使用すれば、さまざまな占い方法を実践できます。枚数を多く使う占い方法は複雑な読み取りが必要ですが、最初は少ない枚数から試していけば徐々に読み取りに慣れることができるでしょう。ルノルマンカードの1枚1枚にそれぞれ違った意味があるので、しっかり手順を踏んで占いをおこなえば、問題解決に役立つ情報を得ることができます。タロットカードに比べるとシンプルな占いなので、カードによる占いを始めてみたいという人でも気軽に試せるのが大きな特徴です。

ルノルマンカードを使用すれば、過去から未来について正確に読み取ることができます。ルノルマンカードはタロットカードに比べても正確だといわれているので、正確な情報を得たいときにはルノルマンカードはとても有効です。ルノルマンカードはトランプのような絵柄がついているものも多く、初めてでも親しみをもちやすいでしょう。落ち着いてカードを選び、読み取りをおこなえば、今後の行動のヒントになる情報を得ることができます。悩みがあって解決策が見えないときでも、ルノルマンカードを使用すれば、打開策が見つかる可能性が高いです。普段からルノルマンカードを使いこなしていれば、いざというときにも安心ですね。なお、ルノルマンカードは周囲の人はもちろん、自分自身について占うことも可能です。占いの手法を身につけておけば、自分だけでなく周囲の人の役に立つこともできるでしょう。ルノルマンカードの占いで、未来を上手く切り開いていってください。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座