現在位置

カバラ数秘術の過去数の意味とは?計算方法とともに解説

 

カバラ数秘術には「過去数」という数字の算出方法があります。この過去数を使用すれば、自分自身にとって役に立つ情報を知ることができます。数秘術による占いをおこなうなら、過去数を使ってより深く自分のことを知ってみてはいかがでしょうか。

そもそも過去数とはどういったものなのか気になりますよね。今回はカバラ数秘術における過去数について、計算方法や各数字の意味について詳しく紹介していきます。数秘術の占いをより深く知りたい方は税費参考にしてみてください。

カバラ数秘術の過去数とは?

カバラ数秘術の過去数の意味とは?計算方法とともに解説

 

 

カバラ数秘術には「過去数」というものもあります。過去数を活用すれば、より自分の人生に対して理解を深めることができるかもしれません。まずは過去数とはどのようなものなのかについて確認してみましょう。

数字により前世を知ることができる

過去数は、前世について表すものです。自分は過去にどのような人物として存在していたのかについては、とても気になりますよね。過去数を使えば簡単に前世を知ることができますよ。

前世での性質をあらわしている

過去数があらわすのは、主に前世でのその人の性質です。どのような性格で、どういった仕事や立場についていたのかイメージするのに役立ちます。そのため、今世でどのような生き方をすべきなのか紐解くのに役立てられます。

別名スピリチュアルナンバー

過去数はスピリチュアルナンバーという呼び方もされています。前世を読み解ける数字ですから、このような呼び方はぴったりだといえるでしょう。

過去数の算出方法

過去数を算出する方法はとても簡単です。誕生日の数字のうち、「日」だけを足して計算します。たとえば、生まれた日付が15日の人であれば計算は「1+5=6」となり、過去数は5だと分かります。どんな誕生日の人でも暗算ですぐに算出できるので、ぜひ自分やまわりの人の過去数を計算してみましょう。

特別な意味を持つ11や22

数秘術においては、基本的に数字が一桁になるまで計算をおこないます。ただし、その中でも特別な数字があり、その数字になったときは特別な扱いをします。過去数の計算においてもこの考え方は重要なので、きちんと確認しておきましょう。

カバラ数秘術においてゾロ目は特別

カバラ数秘術においては、ゾロ目がとても大切にされています。そのため、計算をおこなう中で数字がゾロ目になったときは、それ以上計算をおこなわずそのままの数字を占いに使用することになっているのです。ゾロ目はとてもよい数字なので、計算している中でゾロ目が出たときはそれ以上計算してしまわないように注意しましょう。たとえば、29日生まれの人であれば、過去数は「2+9=11」となりゾロ目となるため、これ以上計算はおこないません。

誕生日が11日または22日の場合の扱い方

誕生日の中には11日や22日のように、もともとゾロ目がそろっている日付もあります。この場合は、そのままのゾロ目の数字としての意味と、計算をおこなって出る一桁の数字の2通りの性質をもつと考えます。たとえば、11日生まれの人の過去数は「11」と「1+1=2」となりますね。

カバラ数術の過去数

それぞれの過去数には、具体的にどのような意味が込められているのでしょうか。ここでは1つ1つの過去数について、その数字があらわす意味を見ていきます。自分の過去数をあらかじめ計算し、自分の前世の様子について把握しましょう。

「1」の過去数

「1」は、「最初」を示す数字です。そのため、過去数が「1」の人は、前世では人々の前に立つリーダー的存在であった可能性があります。もしかすると、どこかの国の王様や将軍などであったかもしれません。そういった資質を引き継いでおり、今世でもリーダーとして活躍する人も多いです。

「2」の過去数

「2」の過去数をもつ人は、前世で女性的な生き方をしてきたと考えられます。男性やほかの人に力をおさえられ、自分の意見をうまく言えずに過ごしていた可能性があります。そういった点を考慮すれば、今世では自分の意思を重視し、思ったことをしっかり口に出すことが課題になっているといえるかもしれません。

「3」の過去数

「3」の過去数には、子どものような無邪気さが表れています。そのため、今世においても楽しいことが好きでエンタメ性を重視する人が多いです。より多くの人を楽しませられるような生き方が求められているといえるでしょう。

「4」の過去数

「4」の過去数をもつ人は、前世で安定性を大切に過ごしてきた様子がうかがえます。まじめに働き、穏やかな人生を求めているといえるでしょう。もちろんそれも大切ですが、今世は比較的平和な時代なので少し冒険的な生き方のエッセンスを取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

「5」の過去数

「5」の過去数には、遊牧民として過ごしてきた前世の様子があらわれています。そのため、今世においても自由な生き方を求める傾向があります。もしくは、前世が自由気ままだったため、今世では安定的に過ごしたいという意思を持つ人もいます。

「6」の過去数

過去数「6」には、バランスを重視して生きた前世の姿が反映されています。悪くいうと八方美人であった側面もあるようです。多くの人に好かれたいという気持ちはあってもいいですが、それによって大切な人をないがしろにするようではいけません。

「7」の過去数

「7」の過去数には、研究者など1つのことを深く追求した様子があらわれています。何かにこだわりをもち、突き詰める力をもっているといえるでしょう。ただし、度が過ぎるとまわりが見えなくなってしまう恐れがあるので要注意です。

「8」の過去数

過去数「8」からは、何かを達成したいという強い気持ちをもって生きた前世の様子がうかがえます。もしかすると、何かを成し遂げるためには手荒な手段をとることもあったかもしれません。今世においてはまわりの状況を考慮しつつ、目標達成を目指すようにしたほうがよいでしょう。

「9」の過去数

過去数「9」をもつ人は、前世で得を積んでいます。人としてもとても質が高く、多くの人に慕われていたでしょう。今世においてもその能力を活かして、人のために生きることが重要です。

「11」の過去数

ゾロ目の過去数である「11」は、直感や霊的な力が強い前世の様子を示しています。今世においてもスピリチュアルな雰囲気がある人が多いです。そういった力を使うことができれば、自分の個性をうまく活かして生きていけるでしょう。

「22」の過去数

「22」の過去数には高次元とつながっていた前世の様子がみてとれます。今世においても、よいおこないを大切にしていくことで、素晴らしい人間として過ごせるはずです。

数秘術の過去数で前世の様子を読み取ろう

数秘術の過去数で前世の様子を読み取ろう

 

カバラ数秘術によって過去数を算出すれば、前世の自分の素質について理解を深めることができます。これは今世の自分の生活にとっても、大きな意味をもちます。いまの私たちは前世の様子を何かしら引き継いでいる部分があるため、過去数を使えばこれからの生き方の指針をより多方面から意識することができるはずです。過去数は、誕生日の日付を使用するだけで簡単に算出できるところも便利ですよね。自分やまわりの人の過去数から前世の様子について紐解いてみましょう。

数秘術に関する記事一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数秘術についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ