現在位置

数秘術の運命数でみるラッキーカラーとは?

 

数秘術では運命数を導き出すことで、その人のさまざまな本質を読み解くことが可能です。運命数を意識することで、成功をおさめるための効果的な行動を考えることにも役立ちます。なお、運命数にはそれぞれラッキーカラーがあります。このラッキーカラーを普段から取り入れれば、より効果的に運命数を意識することができるでしょう。

数秘術の運命数が示すラッキーカラーとはどのようなものでしょうか。今回は、運命数とそれが示すラッキーカラーについて解説します。

数秘術の運命数とは?

数秘術の運命数でみるラッキーカラーとは?

 

数秘術では「運命数」という数字を導き出すことによって、その人の本質についてみることができます。運命数とはどのようなものなのでしょうか。数秘術と運命数の考え方について確認します。

数秘術とは占術の一種

数秘術は数字を使った占いの一種です。その人がもつ数字を使って計算することで、「運命数」を導き出します。このようにして導き出した運命数にはさまざまな意味があるため、それを読み解くことで占いを行います。数秘術は古代から利用されてきた歴史ある占術です。現在でもヨーロッパやアメリカを中心に、世界中で人気を集めています。

運命数とは誕生日から導き出した数字

運命数は、基本的にその人の誕生日から導き出します。なかには姓名をアルファベットで表記し、そのアルファベットを数字に置き換えて運命数を導き出す方法もあります。ただし、一般的なのは誕生日を使用した計算方法なので、基本的にはそちらを活用したほうがよいでしょう。

運命数とカラーの関係

運命数は、その人の本質的な部分をあらわしています。実は、そんな運命数には、それぞれ対応するラッキーカラーがあるのです。運命数のラッキーカラーはカラーセラピーに活用されることもあり、自分の運命数とともに意識してみるとさまざまなよい効果を期待できるでしょう。

運命数でみるカラーとは?

数秘術の運命数は、1から9までの一桁の自然数が基本とされています。ただし、「11」「22」といったぞろ目の数字はとくにマスターカラーと呼ばれており、運命数の中でも特別な数字とされています。これらの数字1つ1つに違ったラッキーカラーがあるので、それぞれについて確認しましょう。なお、元々の数秘術とカバラ数秘術ではラッキーカラーが異なるということに注意してください。

運命数1のカラーは赤色

「1」は全ての物事の最初を示す数字であり、人を支配したり引き付けたりする力があるとされています。そのため、運命数が「1」の人は、リーダーとしての役割にとても向いています。

そんな運命数「1」のラッキーカラーは、赤色です。赤色は情熱や積極的な態度をあらわしています。また、人を引っ張って進んでいくことで争いごとを引き起こすこともあるため、その象徴として血の色をあらわしているともいわれています。

運命数2のカラーはオレンジ色

「2」は優しさをあらわしており、とくに母親のような女性の愛を示しています。その優しさは誰からも愛されるため、協調性の強さも表現しているといえます。

そんな運命数「2」のラッキーカラーは、オレンジ色です。オレンジ色はあたたかい心を示しているとともに、明るさを表現しています。

運命数3のカラーは黄色

「3」は力強くエネルギッシュな行動力をあらわしています。自らの道を切り開いていくのが得意なので、エリートとして出世しやすいという特徴もあります。

そんな運命数「3」のラッキーカラーは、黄色です。黄色は活発さやさまざまな物事を追求する姿勢をあらわしています。

運命数4のカラーは緑色

「4」は自分のペースでコツコツ物事を進めていく姿をあらわしています。好きなように行動していくので穏やかな人生となる傾向があります。ただし、人からの忠告やアドバイスをあまり聞かないという側面もあるようです。

そんな運命数「4」のラッキーカラーは、緑色です。緑色は植物を示しており、そういった創造性をあらわしているといえます。

運命数5のカラーは水色

「5」は真ん中の数字です。そのため、いつでも人の輪の中心にいる人物であることが多いです。人に好かれるため人望も得られますが、自由な生き方を好むのでリーダーにはあまり向きません。

そんな運命数「5」のラッキーカラーは、水色です。水色は冷静さとともに、自由に変化できる柔軟な姿勢を表現しています。

運命数6のカラーは青色

「6」は美をあらわすとともに、人間関係を大切にする人をあらわしています。そのため、人の面倒をみたり人のために率先して行動したりするタイプの人に多いです。

そんな運命数「6」のラッキーカラーは、青色です。青色は平等を示しています。

運命数7のカラーは紫色

「7」は調和や勝利を意味しており、バラバラになっているものを1つにまとめられる力があります。ただし、本人は人と群れることを好まない場合が多く、自分の道を1人で突き進みます。

そんな運命数「7」のラッキーカラーは、紫色です。紫色は心の中で考えている事柄のことを示しています。

運命数8のカラーは茶色

「8」は自分自身の思いを実現する強い力を示しています。そのため、願いを叶えるまでは諦めないという強い意思をもっている人が多いです。その特徴を活かすことで、名声や権力を得ている人も多数います。

そんな運命数「8」のラッキーカラーは、茶色です。茶色は充実している様子をあらわしています。

運命数9のカラーは虹色

「9」は独特の世界観があり、スピリチュアルなことに興味を持っている人が多いです。その不思議な雰囲気に多くの人が引き寄せられるでしょう。

そんな運命数「9」のラッキーカラーは、虹色です。虹色は「完成」をあらわすとされており、さまざまなことをバランスよく考えられる姿を表現しています。

運命数11のカラーはシルバー色

「11」は人がやっていないことを始めることができるタイプです。新しいアイデアで未来を切り開くことができます。

そんな運命数「11」のラッキーカラーは、シルバー色です。シルバー色は光る感性や人を引き付ける魅力をあらわしています。

運命数22のカラーはゴールド色

「22」は運命数の中でもっとも運が強い数字だといえます。そのため、この数字をもつ人はカリスマ的な人気を誇ることが多く、天才とも呼べるタイプです。

そんな運命数「22」のラッキーカラーは、ゴールド色です。ゴールド色は王者を象徴する色です。

運命数カラーの取り入れ方

運命数はそれぞれにラッキーカラーがあります。自分の運命数の色は、自分自身のサポートカラーとして意識しましょう。たとえば、日常的に使用する小物の色として取り入れてみるなど、ちょっとした部分に気軽に取り入れてみるのがおすすめです。

数秘術の運命数が示すカラーで効果を狙おう

数秘術の運命数が示すカラーで効果を狙おう

 

運命数にはそれぞれ別のラッキーカラーがあります。それぞれの色を意識することで、より効果的に成功をつかむための行動を起こすことができるでしょう。運命数を意識していてもラッキーカラーまでは意識していないという人も多いです。そのため、積極的にラッキーカラーを取り入れることができれば、ほかの人よりも高い効果を狙うことができるはずです。運命数はその人の本質的な性格や運命を示しています。それをしっかり考慮して行動していくことが、自分が求める未来を手に入れる近道でもあるといえるのです。

数秘術に関する記事一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数秘術についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ