パワーストーンがもたらす効果とは?

 

パワーストーンがもたらす効果とは?

 

パワーストーンは、私たちの願いを叶える効果をもっています。叶えられる願いの種類もさまざまで、つけ方や扱い方によってもその効果は変化します。パワーストーンにはさまざまな色があるので、アクセサリーとして身に付けるのも素敵です。願いを叶えるためには、直感的に好きな石を選ぶということも重要なポイントになります。

パワーストーンを上手に活用すれば、叶えたいと強く願う思いを実現できる可能性が高くなるでしょう。今回は、パワーストーンの効果について説明します。

パワーストーンとは

パワーストーンとは、神秘的なエネルギーをもっており、身に付けているだけで願いを叶える手助けとなる石のことです。パワーストーンはそれ自体が主体になって願いを実現するというよりも、身に付けている人の潜在的な能力を強化する役割を果たします。さまざまな種類があるので、自分が叶えたい願いになどに合わせて選ぶと効果的です。

パワーストーンの効き目

パワーストーンの効き目はどれほどのものなのでしょうか。化学的な観点を含めながら、実際の効き目についてみてみましょう。

科学的根拠は?

パワーストーンが願いを叶えるということに関しては、しっかりとした科学的根拠はないのが実情です。ただし、パワーストーンからは、石の波動が確認されています。この波動が人の体に働きかけることによって、見えない力を発生させているという説もあります。この波動は、海外の医療機関では、治療に使用しているところもあるほど強力なものです。

強い思いと直感が重要

パワーストーンの効き目は、基本的に願いを叶えたいという思いの強さに比例するといわれています。石のサイズはあまり関係がありません。パワーストーンとの相性も重要なので、「何となくこの石に惹かれる」という直感を大切にしましょう。そういった引き寄せのエネルギーも、願いを叶えるための重要なカギとなります。

パワーストーンの意味と効果

一口にパワーストーンといっても、さまざまな種類があります。種類や色によって、恋愛、金運、仕事、健康、対人関係などいろいろな意味を示します。叶えたいと思っている願いに合う石を選び、石の意味を常に意識することで、効果が最大限に発揮されます。パワーストーンには、誕生日ごとの誕生石や守護石もあります。そういった石を選ぶと、より強い力で願いを叶えるための導きを受けることができるでしょう。

ただし、何よりも優先すべきなのは、自分自身の直感です。どんなに願いに合った石を選ぶことができても、自分の心との相性がよくなければ、思ったような効果を発揮することはできません。意味にこだわることも重要ですが、自分が心から気に入る石を選ぶことが重要です。

パワーストーンの効果を早く引き出すためには

パワーストーンを入手したら少しでも早くその効果を感じたいですよね。そのためには、次の3つの方法を取り入れてみてください。

浄化してから身につける

パワーストーンは、浄化してから身に付けるとより効果を感じやすくなります。石を月の光にあてたり、線香の煙の中にくぐらせたりする方法があります。ただし、パワーストーンは浄化済みで販売されていることもあるため、購入の際は確認してみるとよいでしょう。

1週間は常に一緒に過ごす

新しくパワーストーンを手に入れたら、まずは石との関係を築く必要があります。そのため、少なくとも1週間は肌身離さずに持ち歩くようにしましょう。そうすることで、石とのよい関係が構築され、石からのよい影響を受けやすくなります。1週間経った後は、常に一緒に過ごさなくてもよいですが、長い期間があくとその関係が薄くなってしまうため注意してください。

ブレスレットとして身につける

叶えたい願いに対する思いが強いなら、パワーストーンはブレスレットとして身に付けるのがおすすめです。ブレスレットにすれば石をいつも目にすることができますし、常に触れておくことができます。石からよい効果を受け取るためには、石と長く触れ合っていることが大切です。パワーストーンのエネルギーは、手のひらから入るともいわれているので、ブレスレットとして身に付ければ大きな効果が期待できます。ブレスレットとして販売されているパワーストーンも多いので、お店で好きなデザインのものを選びましょう。

パワーストーンブレスレットの身に付け方

パワーストーンのブレスレットをつける場合は、左右どちらの手に付けたらよいのでしょうか。パワーストーンは左手につけると、内面的なパワーが向上し、潜在能力を発揮しやすくなるといわれています。また、右手なら、その人の魅力を引き出して、積極的な行動を起こすのに役立ちます。一般的には、パワーストーンをつけるのは左手がよいとされていますが、一番大切にすべきなのは、自分が身に付けて違和感がないということです。利き手はどちらか、仕事の邪魔にならないかといったことを考慮して決めてもよいでしょう。

パワーストーンの組み合わせによる効果

パワーストーンは組み合わせ方によっても、発揮される効果が異なるといわれています。それぞれの効果のバランスがよくなるように組み合わせれば、相乗効果も期待できます。とくに、アクセサリーとして使用する際は、複数の種類を日によって変えるのもOKです。ただし、一度に身に付けるパワーストーンの種類は、2~3種類までにしましょう。とくに叶えたい願いがある場合は、その願いに応じた1種類のみをつけると効果がより強くなります。

パワーストーンを身につける場所による効果の違い

パワーストーンをアクセサリーにする場合、身に付ける場所によってその効果は異なります。それぞれの違いについて確認しましょう。

ブレスレット

手は、パワーを受け取るための入り口となります。そのため、ブレスレットとしてパワーストーンを身に付けると、効果的にそのパワーを吸収することができます。

指輪

指輪としてパワーストーンを身に付けると、その力をダイレクトに受け取ることができます。魔除けにもなるといわれています。

ネックレス

ネックレスのパワーストーンは、心に直接的に働きかけます。精神を安定させ、活力を得ることができます。

ピアスやイヤリング

ピアスやイヤリングとして身に付けたパワーストーンは、その人の感覚を刺激します。頭をすっきりさせたり、直観を研ぎ澄ませたりする効果が期待できます。

パワーストーンの効果安定のためには「浄化」

パワーストーンを使用するなら、浄化についても覚えておきましょう。パワーストーンを浄化するのは、石についた悪い気やエネルギーをとってよい状態にするためです。これを行うことでパワーストーンの効果を継続的に得ることができます。浄化方法はたくさんあり、使用するものは土、流水、日光浴、月光浴、塩、水晶、お香やセージなどさまざまです。パワーストーンの種類によって適した浄化方法は異なるので、石に合わせた方法を理解して浄化を行いましょう。

パワーストーンが効果を発揮しない原因

パワーストーンを使用していても、イマイチ効果が表れないと感じる場合もあります。その原因としては、主に次のようなことがあげられます。こういった状況はなるべく避けるように気をつけましょう。

【原因】

・浄化をしていない
・組み合わせる石の種類が多すぎる
・叶えたい願いと石の意味が異なる
・自分と石の相性が悪い
・石の組み合わせが悪い
・願いを叶えたいという思いが弱い
・石を身につける頻度が少ない
・石の意味の意識付けが弱い
・パワーストーンの効果を疑っている

パワーストーンの効果を上手に活用しよう!

パワーストーンの効果を上手に活用しよう!

 

パワーストーンを大切にしっかり身に付けていれば、自分の願いを叶えるチャンスが広がります。パワーストーンにはさまざまな種類があるので、自分の直感が働くお気に入りを探してみてください。パワーストーンの力を借りて、恋愛や仕事などさまざまな願いを叶えましょう。

パワーストーンに関する記事一覧

 

 

 

パワーストーンについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ