パワーストーンの好転反応って?意味や具体例をチェック

 

パワーストーンの好転反応って?意味や具体例をチェック

 

パワーストーンを使用していると、ときに好転反応とよばれる症状が出ることがあります。好転反応はパワーストーンの効果を発揮させるためには必要不可欠なものです。そのため、好転反応が出たらそれがおさまるまで、静かにそれを見守ることが大切だといえます。

とはいえ、好転反応とは具体的にどのようなものなのか分からないという方も多いはずです。そこで今回は、パワーストーンの好転反応の意味や具体例について詳しく紹介します。

パワーストーンの好転反応とは?

パワーストーンを使用していると、好転反応とよばれるものが起こることがあります。この好転反応とは具体的にどのようなものなのでしょうか。まずは好転反応の意味について基本をおさえておきましょう。

変化によっておこる反応

好転反応は、パワーストーンの力によって何らかの変化が起こるときにあらわれる反応です。一時的におこるものなので、それがずっと続くということはありません。そのため、何か好転反応を感じたときでも、基本的にはそれほど気にする必要はないといえるでしょう。

マイナスに感じる場合が多い

好転反応は、通常であればマイナスに感じることとしてあらわれてくることが多いです。そのため、場合によっては「パワーストーンを身につけたのに、悪いことが起きてしまった」と感じるケースもあるかもしれません。しかし、好転反応はずっと続くわけではないので、よい変化が起きる前触れとして肯定的にとらえてしまえばOKです。

パワーストーンの好転反応の様子

パワーストーンの好転反応とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。ここでは、パワーストーンによって引き起こされる好転反応の種類について詳しく紹介していきます。パワーストーンを初めて身につけるような場合には、しっかりとパワーストーンによる好転反応を理解しておくと安心です。

心→体の順に起こる場合が多い

パワーストーンによって引き起こされる好転反応は、基本的に心から体の順で起こることが多くなっています。そのため、精神的な違和感があった後に続けて体の不調を感じることもあるようです。しかしながら、好転反応は一時的なものなので深刻にとらえる必要はありません。病院を受診しても原因が分からないといわれてしまうはずです。どうしてもつらいようなら、パワーストーンを体から話す時間を増やすようにしてもよいでしょう。

乗り越えられる準備ができてから起こる

そもそも好転反応は、その人が十分に乗り越えられる準備ができた状態になってから起こります。そのため、好転反応によるマイナスな出来事に本人が負けてしまうというケースはほとんどありません。好転反応が起きても焦らずに目の前の課題にしっかりと向き合うようにすれば、必ずよい状態に変えることができます。

好転反応の期間には個人差がある

好転反応が起こる期間は、人によって違います。好転反応の期間が長い人もあれば、すぐに終わる人もいます。こればかりは自分で調整することはできないので、好転反応が起きたらそれがおさまるまでしっかりと対応することが大切です。

心身の変化とともに何回でも起こり得る

パワーストーンによる好転反応は、1回しか起こらないというわけではありません。心身に何か大きな変化があるときには、何回でも起こり得ます。そのため、パワーストーンをもち始めたときだけでなく、長くパワーストーンを身につけていてしばらくしてからも心身に何か好転反応としての不調が生じる可能性もあります。

パワーストーンの精神的な好転反応例

パワーストーンによる精神的な好転反応としては、具体的にどのようなことがあげられるのでしょうか。精神的な好転反応とは、感情面に浄化が起こるとある反応のことです。ここでは、パワーストーンによって起こる精神的な好転反応についておさえておきましょう。

気持ちが沈む

パワーストーンによる精神的な好転反応として多いのは、気持ちが沈むことです。何も悲しいことが起こっていないのに悲しい気持ちになったりします。好転反応ではマイナスなことが起こるので、好転反応によって気持ちがいつもより明るくなるということはありません。

涙もろくなり怒りっぽくなる

精神面での好転反応の具体例としては、涙もろくなる半面、怒りっぽくなることがあげられます。些細なことがいつまでも心のなかに引っかかってしまい、気にしてしまいます。そんな自分が嫌になって、悪循環に陥ってしまうことも多いです。

自己否定感が強くなる

精神的な好転反応では、自己否定感が強くなることもあげられます。自分に自信が持てなくなり、疑心暗鬼のような状態になってしまいます。こういったときはゆっくり休む時間を多くして無理をしないことが大切です。

パワーストーンの身体的な好転反応例

では、パワーストーンによる身体的な好転反応としては、どのようなことがあげられるのでしょうか。ここでは、身体的な好転反応についてもしっかりとおさえておきましょう。

身体に浄化が起こるとある反応

パワーストーンによる身体的な好転反応は、身体に浄化が起こると発生します。そのため、体全体に作用することが多いです。症状もつらく感じやすいので、好転反応が起きているときは体をいたわることを優先しましょう。

体に痛みを感じる

身体的な好転反応としては、体に何か痛みを感じることがあります。これはパワーストーンによるものなので、たとえ病院で診察を受けても症状を緩和することは難しいでしょう。

咳などの風邪に似た症状

パワーストーンによる身体的な好転反応としては、風邪に似た症状が出ることもあります。咳も出るので、まわりからも風邪だと思われることが多いです。ときには発熱することもあります。

好転反応が出た後の変化

パワーストーンによる好転反応が出たら、その後は具体的にどのような変化があるのでしょうか。最後に好転反応の後に変化についておさえておきましょう。

パワーストーンの効果を最大限に引き出せる

パワーストーンの好転反応が起きると、それによりパワーストーンの効果が最大限に引き出されます。好転反応はパワーストーンの力を活かすためには、必要不可欠な作用だといえます。

好転反応前より良い結果が訪れる

好転反応が終わると、その前に比べてよい結果が訪れます。そのため、好転反応が起きたらそれをしっかりと乗り越えることにより、よい運勢になることが可能です。少しつらい部分もありますが、後のことを考えてなんとか乗り越えるようにしましょう。

パワーストーンの好転反応とうまく付き合おう

パワーストーンの好転反応とうまく付き合おう

 

パワーストーンを利用するなら、好転反応は避けては通れません。好転反応の症状としてはつらいものもあります。とはいえ、どうしても我慢できないというような症状が出ることは稀なので、どうにか乗り切れるように頑張りましょう。好転反応さえ乗り切ることができれば、それ以前よりもパワーストーンの高い効果を感じることができるようになります。せっかくパワーストーンを使用するのであれば、パワーストーンの効果をなるべくしっかりと発揮させたいですよね。そのためには、好転反応はとても重要な役割を果たします。好転反応が起きたらそれを乗り切ることを一番に考えて、パワーストーンの効果を最大限にのばせるように意識しましょう。

パワーストーンに関する記事一覧

 

 

 

パワーストーンについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ