使い終わったパワーストーンはどうする?捨て方を知っておこう

 

使い終わったパワーストーンはどうする?捨て方を知っておこう

 

パワーストーンを長く使用していれば、手放すときもやってきます。しかし、パワーストーンは特別なものであるため、ただゴミ箱に捨てるのは気が引けると感じている方も多いのではないでしょうか。そのため、引き出しの奥などにしまいっぱなしになっていることもあるはずです。

使い終わったパワーストーンは、具体的にどのようにして処分をおこなえばよいのでしょうか。実は、パワーストーンの処分方法はいくつか種類があります。今回は、パワーストーンの捨て方について紹介します。

使わなくなったパワーストーンは?

使わなくなったパワーストーンは、どのように扱えばいいのか困ってしまうことも多いものです。そもそもパワーストーンを使わなくなる状態は、どのようなときなのでしょうか。ここでは、パワーストーンを使わなくなる状態について考えてみましょう。

願いが叶って役目を終えたパワーストーン

パワーストーンは、基本的に願いを叶えるために身につけることが多いです。そのため、パワーストーンを身につけていると、いつの日かその願いが叶います。そうなると、持ち主にとってはそのパワーストーンの役目は終えたことになります。その場合、パワーストーンを身につけるのをやめるはずです。

割れやひびなどで使えなくなったもの

パワーストーンは天然石であるため、環境によっては割れやひびなどがあらわれてくることもあります。そうなった場合、身につけるのが難しくなったり、危険が伴ったりすることもあります。その場合は、無理にパワーストーンを身につけ続けるのではなく、必要に応じて使用を中止したほうがいいでしょう。

使わないけど捨てることに躊躇している人は多い

パワーストーンを何らかの理由により、使用しなくなる機会は意外と多くあります。しかし、パワーストーンは力をもっている石ということもあり、どのように処分したらいいのか分からないという人も少なくありません。その場合、使わないのに捨てるのを躊躇してしまうでしょう。

パワーストーンの手放し方

使用しているパワーストーンが必要なくなったら、どのようにして手放せばよいのでしょうか。パワーストーンの手放し方は、実はいろいろな方法があります。ここでは、代表的なパワーストーンの手放し方について紹介します。

一般ごみに捨てる

パワーストーンの手放し方としてもっとも簡単なのは、一般ごみとして捨てることです。ただし、地域によって分別のしかたが異なる可能性があるので、きちんと確認したうえで適切な捨て方をすることが大切です。

専門店で相談・処分

パワーストーンの捨て方に迷った場合は、専門店で相談したり処分を依頼したりするのもひとつの手です。専門店であれば、適切な方法で処分できるように配慮してくれるでしょう。パワーストーンを購入したお店を頼れば、親身に対応してもらえるはずです。

プランターや庭に埋める

パワーストーンをゴミとして捨てるのがどうしても嫌だという場合は、プランターや庭の土に埋めるという方法もあります。自然に返すことで気分的にもすっきりとした気持ちでパワーストーンとのお別れができるでしょう。

神社で石の供養をする

願いをかなえてくれたパワーストーンを処分するなら、神社で石の供養をしてもらうのもよいでしょう。石に対してねぎらいの気持ちを表現することもできます。

買い取ってもらう

パワーストーンを手放したいときは、業者に買い取ってもらえる可能性も視野に入れるとよいでしょう。パワーストーンのなかには、珍しい石もあります。そういった石であれば、買取を依頼すると高値で売れかもしれません。それまで大事にしてきたパワーストーンをまた新たな場で活躍させることもできるというメリットがあります。

パワーストーンを捨てる時の手順

では、パワーストーンの処分方法としてもっとも一般的な捨て方をするときは、具体的にどのような手順を踏めばいいのでしょうか。ここでは、パワーストーンを捨てるときの流れについて紹介します。

役目を終えた石を浄化する

パワーストーンを捨てるときは、必ず石の浄化をおこなってからにしましょう。石を浄化すると、弱った石のパワーをもとに戻す効果が期待できます。願いを叶えてくれた石の状態をリセットし、新しい状態にすることで手放す準備をしましょう。石の浄化方法は、いくつか種類があります。たとえば、太陽光、月光浴、流水、セージなどさまざまです。石の種類によって適した浄化方法は異なるため、必ず浄化方法と石との相性を調べたうえで浄化するようにしましょう。

アクセサリーの場合は金属部分をはずして一般ごみに

パワーストーンをアクセサリーとして使用していた場合、金具がついているはずです。一般ごみとして捨てる場合は、アクセサリーのパーツを素材ごとに分けて、きちんと分別して捨てられるように注意しましょう。最後まできちんとした捨て方をすることで、パワーストーンとしっかりと別れることができます。

捨てるときのポイント

パワーストーンを捨てるときは、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。最後にパワーストーンを捨てるときのポイントについておさえておきましょう。

明確なルールはない

パワーストーンを捨てるときは、絶対にこうしなければならないというルールは存在しません。そのため、基本的にはどういった方法を選んでパワーストーンを処分しても大丈夫です。自分が選ぶ方法に合わせて、その範囲内で適切な処分ができるようにしましょう。そのためには、事前にパワーストーンの処分の手順をしっかりと確認しておくことが重要です。

納得できる手放し方をすることが大切

パワーストーンは基本的にどのような捨て方を選んでもよいですが、いちばん重要なのは自分自身が納得して手放すことです。これまでお世話になったパワーストーンときちんとしたお別れができるように、最後までしっかりと気持ちを整理して処分をおこなうことが大切だといえます。あとから後悔することがないように、きちんと細かいところまで考慮するようにしましょう。

パワーストーンを処分するときは納得がいく捨て方をしよう

パワーストーンを処分するときは納得がいく捨て方をしよう

 

パワーストーンを捨てるときは、自分自身が納得して手放せる方法を選ぶべきです。そうすれば、気分もすっきりした気持ちで新しい生活をスタートさせることができるでしょう。パワーストーンを処分する方法としては、さまざまな手段があります。基本的にはどの方法を選んでも構いません。絶対にこうしなければならないということはないのです。ただし、思い入れが強いパワーストーンの場合は、なるべくしっかりと手をかけて最後のお別れをしたほうがよいかもしれません。この点もまたその人の判断によりますが、あとから「こうすればよかった」と思うことがないように気を付けましょう。

使い終わったパワーストーンが手元にあるなら、しっかりと納得がいく方法で処分してしまったほうが気分はすっきりするでしょう。手元にため込んでおいても使い道がないなら、思い切って正しい方法で処分してしまうとよいです。きちんとした手順を踏んで処分すれば、運気が下がるなどの問題が起こることはありません。自分が納得のいく適切な方法を選び、しっかりとパワーストーンを処分するようにしましょう。

パワーストーンに関する記事一覧

 

 

 

パワーストーンについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


TOPへ