パワーストーンブレスレットは左右のどちらにつければいいのか?

 

パワーストーンブレスレットは左右のどちらにつければいいのか?

 

パワーストーンブレスレットは、左右どちらに身につけていますか。あまりこだわりをもたずに好きな方につけている人も多いかもしれません。しかし、パワーストーンブレスレットを左右どちらの手につけるかはとても重要なことです。身につける手によって、発揮される効果が変わってしまう恐れがあります。

今回はパワーストーンブレスレットを左右どちらの手に身につけたほうがいいのかについて説明します。それぞれの手につけた場合のパワーストーンの効果についてしっかりと把握し、そのうえでブレスレットを身につけるようにしましょう。

パワーストーンブレスレットをつける手は?

パワーストーンブレスレットをつけるときは、左右のどちらにつけたらいいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。実はパワーストーンブレスレットをどちらの腕につけるのかは、とても重要なことです。どうしてパワーストーンブレスレットをつける手の選び方が大切なのか知っておきましょう。

パワーストーンを身につけやすいブレスレット

パワーストーンブレスレットは、パワーストーンの身につけ方のなかでもとくに身につけやすい方法です。そのため、何となくブレスレットを購入して身につけている人も多いです。しかし、パワーストーンブレスレットは単につけやすい腕につければ、そのまま願っているような効果が発揮されるわけではありません。パワーストーンブレスレットによる効果をしっかりと感じたいなら、効果をしっかりと発揮させる方法を意識する必要があるのです。

つける手で力の引き出し方が異なる

パワーストーンブレスレットは、つける手によって力の引き出し方が異なります。そのため、ブレスレットをつけるときは自分の願いに合っている方の腕を選ぶことがとても重要です。これを間違ってしまうと、イメージしていたような効果が発揮されなくなってしまうので要注意です。

右手につける場合の働き

パワーストーンブレスレットを右手につける場合、どのような効果が得られるのでしょうか。ここでは、右手にパワーストーンブレスレットをつけたときの具体的な効果についてみてみましょう。

積極性や行動力をしめす

右手は、積極性や行動力を示しています。そのため、右手にパワーストーンを身につけると、そういった個性が強く発揮できるようになるでしょう。普段は消極的で自分から行動するのが苦手だという人でも、右手にパワーストーンを身につけるといつもより自発的な行動ができるようになるはずです。

石のパワーを強める

右手にパワーストーンを付けた場合、その石の強さをより高める効果も期待できます。そのため、何か強い願望があるときはそれに合ったパワーストーンを選び、右手につけるとより高い効果を得られる可能性が上がります。

左手につける場合の働き

では、左手にパワーストーンを付けた場合はどのような効果が得られるのでしょうか。左手にパワーストーンをつけたときの働きについても詳しく見ていきましょう。

エネルギーを受け取る

左手は、エネルギーを受け取る力をもっています。そのため、運気を高めたい場合は、それに適したパワーストーンを選んで左につけると効果的です。体のなかにしっかりとエネルギーを蓄えることにつながるので、自信に満ち溢れることもできるようになります。

新しい変化をもたらす

左手にパワーストーンをつけると、新しい変化がもたらされる可能性が高いです。いまとは違う状態になりたいという思いがあるなら、左手にパワーストーンを身につけることで明るい未来を手に入れることができるでしょう。

つける手のおすすめは?

ここまで、パワーストーンを右手につけた場合と左手につけた場合のそれぞれの効果についてみてみました。ところで、実際にパワーストーンをつけるときは、どちらの腕につけるのがよいのでしょうか。ここでは、つける手の決め方のヒントについて紹介します。

利き腕と逆につける

パワーストーンブレスレットをつけるときは、基本的に利き手と逆のほうにつけるのがおすすめです。なぜなら、利き腕の逆からパワーが入り、利き腕から放出されるというエネルギーの流れが決まっているからです。実際のところ、利き手のほうが使う機会が多いので、利き手と逆の手にパワーストーンがついていたほうが邪魔にならないというメリットもあります。

両利きの場合

では、両利きの人はパワーストーンをどちらの腕につけたらいいのでしょうか。両利きの人は、小さい頃の利き手を参考にするとよいでしょう。なお、それが分からない場合は、パワーストーンを身につけるときの直観で決めて構いません。自分自身がこっちだと思う方にパワーストーンをつけるようにしてください。

パワーストーンブレスレットをつけるときの注意点

パワーストーンブレスレットをつけるときは、いくつか注意しておきたいこともあります。最後に、パワーストーンブレスレットの身につけ方の注意点について紹介します。

パワーストーンへ配慮する

パワーストーンを身につけるときは、時計や他のアクセサリーで傷つかないように注意しましょう。パワーストーンに過度な力がかかると、割れてしまう恐れもあるので要注意です。また、激しくぶつけることがないように気を付けましょう。

重ねづけはしてもOK

パワーストーンブレスレットは、基本的に重ねづけをしても構いません。ただし、ストーンどうしの相性に注意が必要です。相性が悪い石を組み合わせてしまうと、それぞれの効果がしっかり発揮されなくなってしまう可能性があります。

他人との貸し借りはしない

パワーストーンブレスレットを身につけるのであれば、自分専用のものを用意しましょう。パワーストーンブレスレットのなかには色がきれいでファッション性の高いものもありますが、他人と貸し借りをするのはNGです。他人が触れたパワーストーンには相手の気が入ってしまっています。自分専用のパワーストーンを使用する際も、誰かの手に触れたときにはその都度しっかりと浄化をするように心がけたほうがよいです。

パワーストーンを右手と左手のどちらにつけるかしっかり考えよう

パワーストーンを右手と左手のどちらにつけるかしっかり考えよう

 

パワーストーンブレスレットを身につけるなら、左右どちらの手につけるのかあらかじめしっかりと考えるようにしましょう。それぞれの手によって、パワーストーンから発揮される効果は大きく変化します。何か特定の願いがあるのであれば、パワーストーンを身につける手を間違うと思うような効果が発揮されない可能性もあるので要注意です。しっかりとパワーストーンの効果を感じるためにも、自分の願いに合った方の手にブレスレットをつけることができるようにしましょう。

パワーストーンにはたくさんの種類があり、それによっても発揮される効果は異なります。身につける腕との相性も考えたうえでストーンを選ぶことができれば、より高い効果を感じることができるはずです。なお、重ね付けをするときはパワーストーンどうしの相性にも注意しましょう。たとえば、反対の意味をもつものどうしを組み合わせてしまうと、よい効果が発揮されなくなってしまう可能性もあります。パワーストーンの効果をしっかり発揮させるには、いろいろなことに注意するようにしましょう。そうすれば、パワーストーンによって運気をしっかりとあげられます。

パワーストーンに関する記事一覧

 

 

 

パワーストーンについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ