ヒーリングストーンとは?癒しの石で気持ちを穏やかに

 

ヒーリングストーンとは?癒しの石で気持ちを穏やかに

 

「ヒーリングストーン」は、パワーストーンの一種です。癒しの効果が強く、何かとストレスが多い現代社会で活動する人にとっては、とても助けになる石だともいえます。ヒーリングストーンとしては、とくに癒しの効果が高いとされる「世界3大ヒーリングストーン」と呼ばれるものもあるほどです。お守りとして身に付けておくのがおすすめです。

ヒーリングストには、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。今回は、ヒーリングストーンの種類やそれぞれの効果について解説します。

ヒーリングストーンとは

パワーストーンの中には、癒しの力をもつものもあります。そういった石のことは「ヒーリングストーン」と呼びます。ヒーリングストーンを身に付けていると、心が穏やかになり、リラックスした気分になることができるでしょう。気持ちに余裕がないと感じている人は、ぜひ一度手に取ってみるとよいです。

世界3大ヒーリングストーン

ヒーリングストーンには、「世界3大ヒーリングストーン」と呼ばれる3つの有名なパワーストーンが存在します。これらのヒーリングストーンは、とても効果が高くて人気です。

スギライト

スギライトは、日本人にとって馴染みやすいヒーリングストーンです。人によっては合わないこともありますが、強いパワーを感じたいという人にはとてもおすすめの石です。

*産地

スギライトは、比較的最近になって見つかった新しいヒーリングストーンです。しかも、スギライトが初めて発見された場所は日本なので、日本人にとってとても馴染みやすい石だといえます。スギライトを発見したのは、研究者の杉健一教授です。杉教授によって、瀬戸内海の岩城島で発見されたスギライトは、1976年に正式に新鉱物として認定を受けました。

*効果

スギライトの色は、濃い紫色です。とてもエネルギーが強いのが特徴的な石です。不安や嫉妬、怒りなど、人間がもつ負の感情を遮断する効果があります。また、浄化の作用がとても強いのもポイントです。パワーストーンは定期的に浄化が必要だといわれていますが、スギライトは浄化を行わなくても問題ないといわれています。

スギライトは、感情の高ぶりをおさえたり、インスピレーションを高めたりしたいという人には非常に適した石だといえます。色が濃いパワーストーンほどクセが強いといわれているので、人によって合うか合わないかが大きく異なる場合もあります。そのため、スギライトを身に付けたいと考えるときは、必ず実際にさわってみた上で、自分との相性を見極めることが重要です。

ラリマー

ラリマーは、心を穏やかに保たせたり、よい人間関係を築かせたりする効果があります。人とのかかわりについて悩みを抱えていたり、気持ちが荒れていたりするなら、ラリマーを身に付けてみてはいかがでしょうか。

*産地

ラリマーも比較的新しいパワーストーンで、1974年にドミニカ共和国で見つかりました。ドミニカ共和国はカリブ海に浮かぶ小さな島です。ラリマーはカリブ海のようにさわやかで美しい水色をしているので、「カリブ海の宝石」とも称されています。

*効果

ラリマーは、「愛と平和」を象徴すると考えられています。そのため、ラリマーを身に付けていると、心を穏やかに保ちながら深い愛情を育てることにもつながります。ラリマーは、人間関係を良好に保つ力があるといわれています。人を引き寄せやすくなるので、たくさんの人と良い関係を築きたいという場合は、ラリマーがおすすめです。

なお、ラリマーには、ストレスなど人にとってマイナスとなるエネルギーを軽くする効果があるといわれています。多くの人とのかかわりをもつとストレスがたまりやすくなりますが、ラリマーを身に付けていれば、そういった悩みをもたなくて済むはずです。

チャロアイト

チャロアイトは、とても希少価値が高いヒーリングストーンです。マイナスな気持ちをもちやすい人のお守りとしておすすめです。

*産地

チャロアイトは、サハ共和国のムルン山塊のみで産出されるとても珍しい石です。ヒーリングストーンとして、世界中から注目されているため、下手をすると枯渇してしまう可能性もあるといわれています。手に入れることができたら、大切にしたい石です。

*効果

チャロアイトは、スギライトにも似た紫色をしています。チャロアイトの効果は、癒しと浄化が主です。もっている人の体に停滞している毒素を排出し、健康な体へと導く効果があります。また、怒りや恐怖、不安などマイナスな感情を消す作用も強いです。また、浄化の作用により、常にクリアな心の状態を保つことができます。ネガティブな感情をもちやすい人は、チャロアイトをお守りとしてもつとよいでしょう。

癒し効果の高いヒーリングストーン

世界3大ヒーリングストーンのほかにも、癒しの効果をもつパワーストーンはたくさんあります。実際にさわってみて気に入るものがあれば、ぜひ身に付けてみてください。

アメジスト

アメジストは、疲れている心を癒す効果があり、気持ちを穏やかにさせます。イライラをおさえることにも役立ちます。感情が安定するため、安眠を促す効果も期待できるでしょう。また、インスピレーションを高めたり、恋愛成就に役立ったりもします。万能なお守りとしておすすめです。

セラフィナイト

セラフィナイトは、心身をともに癒す効果があります。ちょっとした出来事にもよい意味で反応できるようになり、人生に喜びが増えます。まじめで常に全力で頑張ってしまう人がもつと、バランスよく休憩がとれるようになるでしょう。悪い気から身を守る効果も高いです。対人関係をうまく進めることにも役立つといわれています。

ムーンストーン

ムーンストーンは、とくに女性におすすめの石です。不安定な情緒を落ち着かせる効果があります。潜在能力に直接働きかけることができ、内側から緊張をほぐすことが可能です。持ち主を危険から守る効果ももっています。ムーンストーンには予知能力があるともいわれているので、お守りとして最適です。

アンバー

アンバーは、落ち込んだ気持ちを回復させてくれる効果があります。沈んだ気落ちを癒し、元気や活力を与えることができます。ネガティブな気持ちが強くなっているときに、頼りにしたいヒーリングストーンです。アンバーには仕事運を高める効果もあるので、仕事がうまくいかなくて悩んでいるときにもよい効果をしっかり発揮してくれるでしょう。

インド翡翠

インド翡翠は、「リラックスの石」とも呼ばれるほど、気持ちを癒す効果が高いです。ストレスやイライラした気持ちを解消することができます。精神を安定させ、集中力や判断力がもちやすくなります。

ヒーリングストーンで気持ちをうまくコントロールしよう

ヒーリングストーンで気持ちをうまくコントロールしよう

 

ヒーリングストーンをうまく活用すれば、気持ちをある程度コントロールすることが可能になります。普段の生活で感情の高ぶりや沈みが気になるなら、ヒーリングストーンをお守りとしてもってみましょう。もしも、すでに願いを叶えるためのパワーストーンをもっているという場合は、別途ヒーリングストーンを用意して、気持ちの乱れを感じたときにだけ持ち替えるという方法もあります。ヒーリングストーンを上手に取り入れて、穏やかな気持ちで毎日を送ることができるようになれば、さまざまな物事をよりよく進めていくことができるようになるはずです。

パワーストーンに関する記事一覧

 

 

 

パワーストーンについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ