タロットの並べ方の種類や特徴について確認しよう

 

タロットカードにはいろいろな占い方があります。カードの並べ方によって、占うことができる内容もさまざまです。質問の内容に適した並べ方をすると、質問に対するカードの答えもより明確になります。占いで的確なアドバイスを受けることができれば、未来をよりよく変えていくこともそう難しくはなくなるはずです。

タロットカードの効果的な並べ方とは、どのようなものなのでしょうか。今回は、タロットカードの並べ方の基本とともに、悩みの種類に合った並べ方について紹介します。

タロットカードの並べ方

タロットの並べ方の種類や特徴について確認しよう

 

タロットカードの並べ方にはさまざまな種類があります。タロットカードを使って占いをするときは、この並べ方が重要な意味をもちます。

「スプレッド」とは

「スプレッド」とは、タロットカードの並べ方のことです。タロットカードのスプレッドにはさまざまな種類があります。スプレッドは、「展開法」などと呼ばれることもあるので、呼び方を合わせて覚えておきましょう。

スプレッドの効果

スプレッドを行うと、カードの力が引き出しやすくなります。そうなれば、質問に対するカードの答えも理解しやすくなるでしょう。また、質問したい内容によってスプレッドを変えることで、より占いの的中率をあげることもできます。効果的な占いを行うためには、どのスプレッドがどんな悩みに向いているのかについて、あらかじめ把握しておくことが大切です。

タロットの並べ方(スプレッド)の種類と特徴

タロットカードでは、スプレッドがとても大切です。ここからは、代表的なスプレッドの種類とそれぞれの特徴についてみていきましょう。

ワンオラクル

ワンオラクルは、タロットカードを1枚使用するスプレッドです。タロットカードの占いの中でも、最もシンプルな占い方だといえます。ちなみに、「オラクル」とは、「神のお告げ」という意味です。

*占い方

まず、タロットカードを裏返しにした状態でよくシャッフルします。このとき、心の中で質問内容を繰り返し唱えましょう。自分のタイミングでもう十分だと感じたら、シャッフルをやめます。そして、シャッフルしたカードの中から1枚を引き抜いてください。カードの表を確認し、そのカードから答えを読み取ります。

*特徴

ワンオラクルでは、1枚のカードから悩みに対する答えの全てを読み取る必要があります。そのため、質問の内容は、なるべく明確なものを用意しなければなりません。できれば質問事項は、イエスかノーで答えられるようなものにしたほうがよいです。引いた1枚のカードからのメッセージには、現在の状況や対応策まで、さまざまなことが含まれています。直感を働かせながら、さまざまな視点でカードの意味を探ることが重要です。

ツーオラクル

ツーオラクルは、2枚のカードを使用する占い方です。2枚のカードから、「結果」と「対策」をそれぞれ読み解きます。

*占い方

ワンオラクル同様、タロットカードを裏返しにしてよくシャッフルしながら、質問の内容を心の中で唱えます。シャッフルを終えたら、裏返ししたままカードを2枚引きましょう。この2枚のカードは、左右に並べて置きます。この場合、左のカードが「結果」、右側のカードが「対策」を示しています。気持ちを落ち着かせたら、カードを表にし、カードが伝えようとしているメッセージを読み取りましょう。

*特徴

ツーオラクルは、選択に迷ったときに行う占いとして最適です。ツーオラクルなら、「結果」と「対策」を示す2枚のカードから、自分がどのような行動をとればよいかについて多角的に捉えることができます。

スリーカード

スリーカードは、カードを3枚使用します。よりたくさんの情報をカードから読み取ることができる占い方です。

*占い方

タロットカードを裏返しにし、シャッフルしながら質問内容を心の中で唱えます。それが終わったら、カードを3枚引き出して横に並べましょう。カードを表にして、カードから質問に対する答えを読み取ります。この場合、左から、「過去」「現在」「未来」についてのメッセージとなっています。

*特徴

スリーカードでの「過去」は、質問内容の原因について示しています。「現在」は、いまの状況です。そして、「未来」は、結果について表しています。このうち、未来は、これからの行動次第で変えることができるとされています。スリーカードは、ある状況について、過去から未来への流れについて知りたいときに適しています。

シンプルクロススプレッド

シンプルクロススプレッドは、2枚のカードを使用します。ただし、ツーオラクルとはカードの並べ方が異なります。

*占い方

タロットカードを裏返した状態でよくシャッフルします。この場合も質問を唱えながら行います。シャッフルが終わったら、カードを裏返した状態のまま2枚を引き出します。そして、1枚目を縦向きに置いて、その上に2枚目を横向きにして置きます。カードを表にすれば、1枚目が「現在の状況」、2枚目が「邪魔するもの」を示しています。

*特徴

シンプルクロススプレッドは、自分のいまの状況を邪魔するものを読み解くためのスプレッドです。「小十字」とも呼ばれる場合もあります。

目的別のおすすめのスプレッド

タロットカードでは、いろいろな状況について占うことができます。毎日の生活の中で何か困ったことが出てきたら、タロットカードを使用して状況を打開できるようなヒントをもらうとよいでしょう。ここでは、目的別におすすめのスプレッドを紹介します。

恋愛を占うとき

恋愛を占うことができるスプレッドは、たくさんあります。たとえば、2人の関係を知りたいなら、「ダイヤモンドクロススプレッド」がおすすめです。ダイヤモンドクロススプレッドでは、質問者と相手の気持ちを対比しながら、近い未来でその2人の関係がどのように展開していくのかについて確認することができます。

カードのシャッフルが終わったら、カードを4枚引き抜き、上下左右に並べます。左のカードは「質問者の気持ち」、右のカードは「相手の気持ち」です。そして、下のカードは「2人の状況」、上のカードは「2人の未来」を示しています。

仕事を占うとき

仕事について占いたいときは、「ホース・シュー」で占ってみましょう。ホース・シューでは7枚のカードを使用して、質問に対するさまざまな状況を判断することができます。

カードをシャッフルしたら、裏返しのまま7枚のカードを引き抜き、馬の蹄のかたちになるように並べます。アルファベットでいうとUのようなかたちです。左上から順番に1~7枚目として数え、それぞれ以下の事柄を読み取ることができます。

【ホース・シューのカードの意味】

1枚目:過去、2枚目:現在、3枚目:未来、4枚目:行動、5枚目:環境、6枚目:障害、7枚目:結果

未来を占うとき

未来を占いたいときは、「ホロスコープスプレッド」がよいでしょう。これなら、1年分の運勢を占うことができます。

タロットカードをシャッフルしたら、裏返しにしたまま13枚のカードを引き抜き、左から反時計回りに円を作るようなイメージで12枚を並べます。13枚目は円の中心に置いてください。1枚目から12枚目は、それぞれ1月から12月までの運勢を表しています。そして、13枚目は1年に共通する重要なキーワードを示しています。

状況に合わせていろいろな並べ方を試してみて

状況に合わせていろいろな並べ方を試してみて

 

タロットカードにはさまざまな並べ方があり、それによって適した質問内容があります。悩みについて占いたいときは、そのジャンルに合わせてスプレッドを変えてみましょう。より効果的に占いの結果を得ることができ、自分の未来に生かすことができるはずです。

タロットカード占いに関する記事一覧

 

 

 

タロットカードについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ