手相の見方とは?女性がみるべき手相を紹介

 

占いが好きな女性は多いですよね。ところで、「手相占い」をしたことはありますか。手相を見れば、その人の心身の状態や未来について、読み解くことができます。ただし、男性と女性では、手相の見方も若干異なるので、自分で手相を見るときは気をつけましょう。

手相を見てみると、自分では思いもよらないことに気が付くことができるかもしれません。手相から新たな魅力や可能性を知ることができるのは嬉しいですよね。今回は、女性の手相の見方について紹介します。

女性の手相はどちらの手でみるか

手相の見方とは?女性がみるべき手相を紹介

 

女性の手相は、どちらの手を見ればよいのでしょうか。まずは、手相見方の基本について紹介します。

両手を総合的に見るのが基本

手相を見る際は、両手から総合的に判断することが多いです。これは、左右の手相がもつ意味は、それぞれ違うからです。そのため、両方の手を見ることで、実際のその人の姿を見ることができるとされています。この考え方自体は、男女共通です。

基本的な見方

左手には、その人自身が生まれもった運勢が表われているといわれています。そのため、左手の手相からは、本来の姿や才能などを読み取ることができます。左手によい線がたくさんあれば、それだけ先天的に恵まれているという意味になります。とはいえ、左の手相があまりよくないとしても、先天的なものは、実際の人生の中の行動で変えることができるので、そこまで心配する必要はありません。実際の努力で得られた結果は、右手に表れます。右手によい線が多ければ、これまでたくさんの努力をしてきたという証です。

流派による違いに注意

手相は、男女ともに両手から総合的に判断するという考え方主流です。しかし、流派によっては、違いもあるため注意しましょう。両手を見るという方法以外には、たとえば、男性は左手、女性は右手から判断するという説もあります。また、西洋では左手だけを見るという考え方もあります。手相の見方は、時代や文化によって異なるということを覚えておきましょう。

女性の結婚線の見方

多くの女性が気になる手相といえば、結婚線ではないでしょうか。ここからは、結婚線の見方についてみていきましょう。

結婚線とは

結婚線は、小指の付け根の下のあたりにある、短めの線です。この結婚線を見れば、その人の結婚に関してあらゆることが分かります。たとえば、結婚に関する考え方、結婚の時期、結婚生活の状況までさまざまです。また、結婚線は、結婚だけでなく、それまでの恋愛の変遷についても表しているといわれています。

結婚線の見方や特徴

結婚線の見方は男女によって違いがあります。女性の結婚年齢や結婚の回数の見方は、次のとおりです。

*結婚年齢

結婚線は複数ある場合があります。結婚年齢は、その中でもっとも太くて長い線から判断します。ほかの薄い線はそれまでの恋愛経験としてカウントすることで、結婚の時期を割り出します。具体的には、女性の場合、小指の付け根から感情線までの間を4等分し、感情線に近い下のほうから、20歳、30歳という目安にします。なお、感情線とは、小指の下から人差し指へ向かって伸びる線のことです。

*結婚の回数

濃い結婚線が2本ある場合、2度結婚するということを示しています。場合によっては、大恋愛をしたあとに、ほかの人と結婚することを表している可能性もあります。結婚線の数が多いほど、結婚のチャンスは多いといえますが、逆に迷ってしまって婚期を逃す恐れもあります。

結婚線がない場合は、結婚できないというよりも、本人があまり結婚に興味を示していないということです。手相は、考え方や環境の変化に合わせて変わっていくものです。そのため、望むような状況が表れていないとしても落ち込まず、今後のチャンスを積極的につかめるように頑張りましょう。

女性の生命線の見方

女性が気になる運勢は、生命線にも表れています。生命線についても、意味や見方を確認しておきましょう。

生命線とは

生命線は、人差し指と親指の付け根の真ん中あたりから、手首へ向かって伸びている線のことです。この生命線からは、その人の生命力や健康状態などを見ることができます。とくに女性は、生命線から出産や子宝についても読み取ることができます。

生命線の見方や特徴

生命線は結婚や出産に関するさまざまなことを示しています。女性の生命線の見方は、次のようになっています。

*二重生命線

生命線は、二重になっていることもあります。これは、とてもよい意味を表しています。具体的にいうと、二重生命線をもっている人は、普通の人の2倍の生命力があるとされています。そのため、心身がともに健康的で、長寿になる可能性も高いです。女性であれば、妊娠しやすく、たくさんの子どもに恵まれるという特徴を示しています。

*支線がある

生命線の端末部分に、3本以上の分かれた支線が出ている場合は注意が必要です。これがある場合、心身に疲れがたまり、不調が表れる恐れがあります。とくに、精神的なダメージが強く、ストレスがたまっている状態です。女性なら生理不順が起きたり、些細なことが気になったりするようになるかもしれません。生命線にたくさんの支線があることに気が付いたら、ゆっくり休む時間を確保して体をいたわりましょう。

*外側に切り替わっている

生命線が途中から外側に切り替わっているときは、生命力がとても強くなっている状態です。精神的にもストレスを感じにくく、バイタリティーにあふれています。子宝に恵まれやすい状態でもあります。また、幸運をつかみやすいときなので、チャンスを逃さないよう積極的にさまざまな行動をすべきです。

女性の感情線の見方

手相から状況を読み解くときは、感情線もしっかり観察することが大切です。

感情線とは

感情線は、小指の下から人差し指へ向かって伸びています。これを見れば、本人の性格や考え方などを読み取ることができます。人との接し方や恋愛観など、その人の中身について深く知ることができる線です。

感情線の見方や特徴

感情線からはさまざまなことが読み取れます。たとえば、感情線の人差し指と中指までの間の部分がカーブしている場合は、人と人との調和を大切にしており、相手を思いやる気持ちをもっているということが分かります。こういった線をもつ人は、他人のことをサポートするのが得意なので、男性からも好かれやすいということができます。

女性の丘の見方

手相をみるときは、結婚線や生命線といった線だけでなく、「丘」と呼ばれる手のひらの凹凸からさまざまな状態について読み取ることもできます。代表的な丘の見方について紹介します。

金星丘

親指の付け根のふくらみのことを「金星丘」と呼びます。金星丘は、愛情や美的感覚について表しています。そのため、この部分が発達している人は、女性的な魅力が強いといえます。一見、容姿に恵まれていない女性でも、金星丘が発達していると、しぐさや発言が男性に好まれやすい場合もあります。

月丘

小指側の手首のすぐ上の部分を「月丘」といいます。この部分も、女性の魅力を表します。月丘が発達している女性は、感受性が豊かで人の辛さや痛みが分かるとされています。そのため、仕事で疲れている彼や旦那さんや彼の気持ちを理解し、癒しを与えられるという傾向があります。

女性特有の手相の見方で未来を読み取ろう

女性特有の手相の見方で未来を読み取ろう

 

手相を見れば、これから起こることや、まだ気付いていない魅力な度を知ることができます。ただし、手相の結果は、今後の出来事や言動により、変化していく可能性があります。よい手相の場合はそれを維持できるように、悪い手相の場合はそれを改善できるように、いずれも努力を続けることが大切です。自分の手相を見て、今後の毎日をよりよく過ごすためのヒントを探してみてはいかがでしょうか。

手相に関する記事一覧

 

 

 

手相についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ