財運線は長いほうがいい?見方について解説

 

財運線は長いほうがいい?見方について解説

 

手相を見るなら、自分の金運についてもしっかりチェックしたいですよね。そんなときに役に立つのが財運線です。財運線はその名のとおり、お金に関する運気を示しています。財運線はそのときどきの状態に合わせて変化します。そのため、財運線をしっかりチェックすれば、お金を上手に確保できるようになるでしょう。

財運線とは、具体的にはどのような意味を示しているのでしょうか。また、どうやって意味を読み解くのかも気になりますよね。今回は、財運線の意味や見方について詳しく解説します。

財運線とは?

財運線とは、どのような手相なのでしょうか。まずは財運線の全体像をつかむため、線のあらわれ方や特徴についてみてみましょう。なお、財運線をもっていない人も中にはいます。その場合でも努力してお金を稼いでいけば線があらわれてくるので、焦らずまずは頑張ることが大切です。

小指の下に縦に刻まれている線

財運線は、小指の下に縦に刻まれている線のことです。一言でいうと金運を象徴しており、人生においてどの程度お金に恵まれるのかがあらわされています。財運線をみておけば、今後のお金の使い方について自分に合った方法を考えておくことができるでしょう。財運線は人によって長さや濃さ、本数もそれぞれ異なります。それぞれの違いを読み解くことが重要です。

稼ぐ能力や満足度を示す

財運線は金運だけでなく、その人自身が稼ぐ能力についても示しています。また、手に入れたお金に対する満足度も表現しているといわれています。財運線をしっかり読み解けば、お金との付き合い方や自分のお金に対する考え方もしっかり把握することが可能です。

財運線の見方

財運線はどのようにして見ればよいのでしょうか。ここでは、財運線の見方の基本について紹介します。基本をおさえて財運線をしっかり読み解けるようにしましょう。

標準的な長さや濃さ

財運線の標準的な長さは、小指の付け根から感情線くらいまでです。これは多くの人がもつ財運線の長さだといえます。財運線を見るときは長さとともに濃さが重要になります。ただし、財運線は若いうちはないことも多いです。やはり若いうちはお金があまりないので、財運線は出づらいです。しかし、努力してお金を稼いでいけば徐々にあらわれてくることもあります。そのため、あまり気にする必要はありません。若いうちは財運線を気にし過ぎず、目の前のことにひたむきに取り組むことを優先すべきです。

その後の生き方やマッサージで長さや濃さが変わる

財運線は手にあらわれていたとしても、生き方やマッサージによって長さや濃さが変わっていきます。そのため、財運線をしっかりと高めていくためには、日々の努力が必要不可欠だといえるでしょう。怠けずにコツコツとお金を貯めるようにすることで、しっかりとした財運線も築かれていきます。また、手相はマッサージで変えることもできるので、なるべく早く財運線を出現させたいという場合は、マッサージを毎日の習慣とするとよいです。そうすれば、より早く財運線を築ける可能性が高まります。

左手は生まれ持った財運・右手は現在の財運

財運線は左右の両方の手にあらわれますが、それぞれで意味合いは微妙に異なります。まず、左手にあらわれた財運線は生まれもった財運を示しています。反対に、右手にあらわれた財運線は現在の財運です。そのため、財運線を読み解くときは、それぞれの特性を理解しておきましょう。両方の財運線の出方に違いがあるときは、それぞれの理由を考えることで今後の人生に役立つヒントが得られます。

財運線から分かること

財運線を見ると具体的にどのようなことが分かるのでしょうか。ここでは、財運線の読み取り方について詳しく紹介していきます。財運線は状態によっていろいろな意味を示しているので、自分の手相を見ながら確認してみてください。

財運線が長い人

財運線が長い人は、基本的にはお金に困ることはありません。たとえば、財運線が運命線まで伸びる人は金運が強いといえます。また、財運線が生命線まで伸びているなら、稼ぐ能力が非常に高いといえるでしょう。この場合、会社員として働くよりも独立して個人でお金を稼いだ方がいいかもしれません。ただし、財運線が長いとしてもその線の濃さがあまりない場合は、金運は弱い傾向にあります。

財運線が短い人

財運線が短い人は、稼ぐ力がまだあまりありません。とはいえ、短くても濃い場合は、大きなお金との縁が感じられます。努力を重ねていけば、しっかりお金を稼げるようになる可能性が高いです。社会人になったばかりの人や新しく事業を始めたばかりの人であれば、諦めずに努力を重ねることで財運線が長く濃くなっていく可能性があります。伸びしろがある状態ともいえるので、まずは目の前のことに一生懸命取り組むようにしましょう。

財運線がない人

財運線がない人は、現状の金運が弱いです。しかし、財運線は行動次第で変化するので、これから頑張っていけば財運線がくっきりと出てくる可能性もあります。そのため、やはりまずは努力することが重要です。財運線がない人はそもそもお金に対する執着があまりないという場合もあります。自分の普段の考え方を一度よく振り返ってみることも大切です。

1本だけくっきりしている

くっきりとした財運線が1本ある場合は、確実な収入を得ているという意味になります。財運線は長さと濃さが両方ともなっていることが重要です。そのため、くっきりとした財運線が1本あるということは、それだけしっかりとした金運に恵まれているということです。現状に甘んじずに一生懸命働けば、よりお金を稼げるようになるでしょう。

薄い線が2本以上ある

薄い財運線が2本以上ある場合は注意が必要です。これは金運が不安定な状態を示しています。そのため、いくら収入があっても浪費する可能性が高いです。自分のお金の使い方を考えて、財布のひもをしっかりと結んだほうがよいでしょう。財運線は変化するので、意識的に心掛けを変えていけば、金運を安定させることもできるようになっていきます。

手相の財運線を読み取ってお金と上手に付き合おう

手相の財運線を読み取ってお金と上手に付き合おう

 

手相にはさまざまな種類がありますが、その中でも財運線はとても重要です。財運線をしっかり読み取っておけば、自分とお金との関係をしっかりと把握することができます。やはり人生においてお金は重要です。計画的にお金を使えるようにするためにも、財運線を読み取ったうえでお金を稼いだり貯めたりしましょう。財運線を見ればそのときの状況を冷静に判断する材料にもなります。お金のこととなるとつい冷静さを失ってしまう場合もあるので、そんなときは財運線を見て、現状をしっかりと把握することが大切です。

財運線はそのときどきに合わせて変化していきます。人によっては財運線がまだない場合もありますが、少しずつ努力を重ねていけば財運線は少しずつあらわれてきます。そのため、財運線がないからといって簡単にあきらめるのではなく、まずは一生懸命働いてお金を稼ぐことが大切です。あわせてマッサージもおこなえば、より早く財運線を手に入れることができるでしょう。財運線から自分とお金との関係性や今後の財産の様子を把握して、お金のことをしっかりとコントロールできるようにしましょう。

手相に関する記事一覧

 

 

 

手相についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


TOPへ