通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

筋トレについて~パフォーマンスアップにはインナーマッスルを意識する~

筋トレ 基本コース / プラチナコース

筋トレについて

パフォーマンスアップには
インナーマッスルを意識する

筋トレを行う際にメインで鍛えるのはアウターマッスルといい身体の外側にある筋肉です。例えば、たくましい胸板を作るためには大胸筋を、見事に割れた腹筋を作るためにはお腹の正面にある腹直筋を鍛える必要があります。しかし、アウターマッスルを鍛える際にはインナーマッスルと言われる筋肉にも無意識に力が入りやすくなってしまいます。インナーマッスルは運動の際に身体の軸になり細かい動きの調整をする為に非常に重要な筋肉です。インナーマッスルに無意識に力を入れてしまうことはインナーマッスルの柔軟性の低下につながりスポーツのパフォーマンスの低下に大きく関係してきます。パフォーマンスアップの為にはインナーマッスルの柔軟性を十分に保つ工夫をしながら筋トレを行うことが重要です。

目的に合わせて
トレーニングメニューを組み立てる

トレーニングメニューを組み立てる際にはしっかりと目的を明確にしておくようにしましょう。ボディビルのように発達したアウターマッスルを競う場合は従来のような方法でしっかりと筋トレを続けてもある程度効果が期待できます。しかし、スポーツなどのパフォーマンスアップを目指す場合はそれだけではなく、筋肉の柔軟性が保てているか、インナーマッスル・アウターマッスルの柔軟性を保ちながら全身をバランスよく鍛えられているかを意識する必要性があります。筋肉痛が出ている様な状態で筋トレを繰り返すと筋肉の疲労が蓄積され徐々に柔軟性を失いパフォーマンスが低下してしまいます。筋トレを行う際はしっかりと目的に合わせてメニューを組み立て、実践を続けることが重要です。場合によっては筋トレばかりを行うのではなく、ストレッチや有酸素運動などを組み合わせて行った方がパフォーマンスアップを図れることもあります。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ