二十四節気について

二十四節気 基本コース / プラチナコース

二十四節気について

二十四節気

日本には、四季の中に二十四節気と七十二候の季節があります。昔はそれらの季節から農業を中心とした生活を営んできました。ニュースや天気予報で、「暦の上では立春です。」と言っているのをを聞いた事があるかと思います。この暦というのは、二十四節気を表しています。二十四節気は、古代中国時代、太陰暦と太陽暦の差を修正するために考え出されたものです。古代中国では、月の満ち欠けに基づいた太陰暦が使われていました。しかし、太陰暦は、月の動きと基準とするため、太陽の位置と無関係でした。そのため、季節の間にズレが生じてしまい、生活や農作業の仕事をする上で不便でした。その中で、春夏秋冬の季節を正しく知る必要があるため、中国の戦国時代に二十四節気が考え出されました。1年の長さをを12の中気と12の節気に分類し、それらに季節を表す名前がつけられました。現代では、1年を春夏秋冬4つの季節に分けています。二十四節気は、それぞれの季節を6等分したものです。1年の始まりは立春で終わりは大寒となります。二十四節気を知る上では、まず太陽の通る位置を知ることから始めます。太陽は、地球の周りを公転していますが、地球から見ると太陽が1年で1周しているように見えてい
ます。この道筋を黄道(こうどう)と呼びます。黄道上の太陽の位置を、黄経(こうけい)と呼びます。その黄経の15度ごとに二十四節気が作られました。その上で、昔から人々は、細かな季節の移り変わりを知ることができ、生活や行事を行ってきました。冬至から始めて黄道を12等分した点を中気といい、中気と中気の中間点を節気と呼びます。

七十二気候

七十二候は、二十四節気をさらに5日(または6日)ずつの3つ(初候、次候、末候)すなわち1年を72等分した期間を表しています。七十二候の名称は、気象・動植物の変化を知らせる短文になっています。季節や気候というと、気象学の分野となり、天文とは直接関係なさそうに思えます。しかし、その言葉を意味を表すと、「季」は四季を表し、「節」や「気」は二十四節気、「候」は七十二候のことを表しています。この七十二候は、江戸時代に中国から日本に導入され、日本の気候風土に合わせて変わってきました。尚、現在カレンダーでは、明治時代に改訂された「略本暦」のものが使用されています。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ