フランス料理について

フランス料理 基本コース / プラチナコース

フランス料理について

フランス料理の特徴

フランス料理は基本、「ロシア式サービス」と呼ばれるコース形式で提供されることが特徴です。コース形式ではそれぞれの料理が時間を一定間隔空けて一品ずつ提供されます。食前酒、小前菜、前菜、スープ、パン、魚料理、口直し氷菓、肉料理、チーズ、デザート、カフェの順番で提供されることが多いです。フランス料理では料理とともにワインが出され、それぞれの料理が出るたびにその料理に一番合うワインが提供されることも特徴です。フランス料理は高級な食材など食材そのものにあまり強いこだわりを見せず、使用する材料に合わせて調味料やソースに力を入れて工夫する傾向にあります。炒める時や焼く時の油はバターを使うことも特徴の一つです。主食となる炭水化物も麺類よりパン類が主流で全体的に魚介類を使用することが多いです。元は宮廷料理として食べられていたものであるため、外交儀礼など他国の来賓が来国した際に提供されることもあります。日本でも他国の来賓との会食などではフランス料理を採用します。

フランス料理とイタリア料理

フランス料理はイタリアのトスカーナ州の料理の影響を受けて誕生しました。現代では世界各国の料理を食べられることもあいまってか「高級感のあるフランス料理と違ってイタリア料理は大衆的で低俗に見える」、「フランス料理はイタリア料理の真似をしているだけ」などと言われることも少なくないです。確かにフランス料理はイタリア料理の影響を受けて生まれましたが、フランス料理の料理人の人達は16世紀のイタリア料理の影響を大きく受けた当時の料理とは違う独自の文化の料理にまで発展させました。本来食事とは生活を豊かにし健康を維持するために生まれたものであるため他国の料理と比べるのではなく、作ってくれた料理人へ感謝の気持ちを忘れずにあくまで「フランスならではの料理」として食べることが大切です。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ