通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

日本茶について~日本茶のほとんどが緑茶~

日本茶 基本コース / プラチナコース

日本茶について

日本茶の特徴的な製法

お茶は、摘み取った生葉を発酵させ、甘味(うまみ)を引き出す方法で作られます。発酵の度合いによって、味や含まれる栄養分が大きく変わります。日本茶の多くは、茶葉の発酵を抑えて作られる「不発酵茶」です。摘んだばかりの新鮮な生葉に熱を加えて、初期段階で発酵を止める「殺青(さっせい)」という製造方法で作られます。
長時間発酵させて作る紅茶などとは異なり、茶葉の中に残る渋味・苦味が少なく、甘味を残したお茶になります。風味のバランスが良く、新鮮なあっさりした味わい、飲んだ後の爽やかさが特徴です。
不発酵茶を作るために、日本では昔から「蒸し製法」という手法でお茶を製造してきました。蒸し製法は日本国内で独自に発展してきた方法で、世界規模で見ても他に類のない、珍しい作り方です。同じ茶葉でも、蒸す時間やチャノキの生育方法を変えることによって、味や風味の異なる様々な種類の日本茶が作られてきました。

日本茶のほとんどが緑茶

日本茶として分類されるお茶の多くが「緑茶」と呼ばれ、日本茶全体の九割を占めています。総称して、日本茶そのものを緑茶と呼ぶ場合もあります。茶葉は本来、発酵が進むと共に成分が酸化して、茶色く変わっていきますが、緑茶はその発酵を最初の段階で止めているため、変色が起こりません。そのため、お湯で成分を抽出した時にも、元の葉に近い透明感のある緑色をしています。より自然の状態に近く、香りも控えめです。本来の茶葉が持つ葉緑素(クロロフィル)や、苦味・渋味の成分がバランス良く含まれている点が、緑茶の特徴です。日本茶を作るのに適した蒸し製法が古くから受け継がれ続けてきたことと、緑茶本来の渋さを生かした味が日本人の好みに合致したことで、緑茶は日本茶を代表する品種となりました。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ