はちみつについて

はちみつ 基本コース / プラチナコース

はちみつについて

はちみつの結晶化

はちみつは、温度が下がると白く固まる性質があります。固まる事を「結晶化」といいます。蜜源の花によっては固まりにくいものもあります。(結晶化しにくい蜜源:アカシア、はぎ、トチ、エゴノキなど)温度が下がって固まったはちみつは、温度を上げれば溶けます。ただし、注意点があります。
はちみつに含まれる栄養成分は熱に弱いため、高い温度で溶かしてしまうと栄養成分は壊れてしまい、ただの甘味料になってしまいます。そのため、溶かす温度が重要になってきます。はちみつは50度以上になると、栄養成分が壊れ始めます。さらに60度以上になると、変質してしまいます。はちみつは40度前後の温度でゆっくり溶かしていく必要があります。しかしはちみつ全部を溶かすのには時間がかかるため、必要な分だけ別の容器に取り分けて溶かしましょう。はちみつは温度が重要な食品なので注意しましょう。

はちみつも
漬かり具合によって段階がある

はちみつは殺菌力が高いため、長期保存が可能です。しかし時間が経てば味は落ちていきますので、2~3年くらいで食べ切りましょう。保存に適した温度は18度~24度くらいです。高温多湿を避けて、風通しの良い日陰で保存しましょう。戸棚や食器棚が保存に向いています。また、はちみつは吸収性の高い食品です。湿気が多いと菌が繁殖しやすく、カビが生えてしまう事もあるので湿気の少ない所に保存します。保存する際、容器の蓋はしっかり閉めましょう。冷蔵保存はせず、常温で保存します。夏場など長期間はちみつを食べない時は、冷凍保存が可能です。はちみつは糖分が多く水分が少ないので、一般家庭の冷凍庫では凍る事はありません。はちみつが凍る温度は-20度~-25度くらいで、一般家庭の冷凍庫は-18度くらいです。冷凍すると硬くなります。保存については、購入したはちみつがどんなものか確認しましょう。純粋はちみつなら長期保存が可能です。色々加工されているもの(糖分など調整されているもの)は長期保存はできないので、早めに食べ切りましょう。マヌカハニーについては、抗菌力が強いため常温での保存で十分です。産地の1つであるニュージーランドでは、抗菌力が強いため賞味期限の表示がない物があるくらいの抗菌力です。マヌカハニーは冷蔵保存すると長期保存が可能なので、冷蔵保存できます。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ