ぬか漬けについて

ぬか漬け 基本コース / プラチナコース

ぬか漬けについて

ぬか漬けは発酵食品の代表格

漬け物として日本の伝統保存食でもあるぬか漬けは、発酵食品の代表格の食べ物でもあります。ぬか漬けには酵母が発酵した乳酸菌が含まれており、食べる事によって腸内環境と整える効果があります。乳酸菌というとヨーグルトなどの乳製品に関するものだけでなく、ぬか漬けやしば漬けなどの漬け物や酒や味噌も発酵食品として挙げられます。乳酸菌にも種類があり、大きく分けるとチーズなどを作る際の牛乳などの動物性食品からできる乳酸菌と野菜を元とした植物からなる植物性乳酸菌に分けられます。ぬか漬けは野菜を元とした植物性乳酸菌が含まれていて、乳酸菌の種類も30種類以上にも及びます。整腸作用をもたらすだけではなく、免疫力の向上や悪玉菌を抑えるものなど作用も様々です。

ぬか漬けも漬かり具合によって段階がある

ぬか漬けにも漬ける時間によって味わいが変わってきます。塩加減によっても味に変化があり、半日から1日くらい漬けた野菜は一夜漬けや浅漬けになり、あっさりとした味を楽しむ事ができます。野菜の大きさや種類にもよりますが3日以上漬け込むと古漬けに変わり、刻んでお茶漬けのお供にするなど料理のアレンジやアクセントとして加える事ができます。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ