酒粕について

酒粕 基本コース / プラチナコース

酒粕について

酒粕の栄養素

酒粕には、タンパク質やビタミンB群、食物繊維や亜鉛、各種ミネラルなどの豊富な栄養素が含まれています。タンパク質のなかでも、「レジスタントプロテイン」という成分が含まれているのが特徴です。レジスタントプロテインは日本酒を作る過程で生まれ、タンパク質であるにもかかわらず、胃腸でほとんど消化されない成分と言われています。日本酒がつくられる過程で、麹菌の働きによって分解され、身体に吸収されやすい形になるのが特徴的です。体内に摂り込まれたあと小腸にまで届き、脂肪をしっかり取り込んでくれる上に、排出を促す作用もあります。食物繊維のもつ特徴によく似ていますが、効果はそれを上回るとも言われているほどです。

酒粕の美容効果

酒粕には数多くの栄養素が含まれていて、便秘改善やコレステロールの低下、肌の保湿・美白など、健康や美容効果が期待できます。その有益な効果を目的とする場合は、低精白の日本酒からできる酒粕を選ぶとよいとされています。原料のお米をあまり磨かずに造られた低精白のお酒は、「普通酒」や「本醸造」が挙げられます。そもそも酒粕の原料である玄米の胚芽には、タンパク質や脂質、灰分などが多く含まれています。これらの成分は麹菌や酵母菌を増殖させたり、発酵を活発にしすぎたりする働きがあります。そのため雑味が混ざり、香味の劣る日本酒となってしまいます。栄養価が高いというメリットはありますが、玄米の胚芽由来の成分が残り、黄土色や茶色い酒粕となります。漬物用として市販されているものがほとんどのため、甘酒などを作るには不向きというデメリットになます。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ