塩について

塩 基本コース / プラチナコース

塩について

塩の種類「岩塩」

岩塩鉱山から採掘された岩塩を原料とした塩です。産地によって含まれる不純物の割合は違いますが、たいていは不純物が多く含まれるためそのままでは食用には適しません。しかし、産地によっては塩化ナトリウムの純度が高い無色透明の岩塩を産出する鉱山もあります。そのような産地の岩塩は、そのままミルで砕いて食用に用いることもできます。通常は、岩塩を水に溶かして食塩水にして、それを煮詰めたものを製品にします。塩化ナトリウムの結晶はもともと無色透明ですが、混入している不純物の種類や量によって様々な色のついた岩塩ができます。湖塩塩湖の水を原料とした塩です。乾燥地帯にある塩湖では、乾季に自然に湖の水が蒸発し、塩が結晶化します。それを集めて製品にする場合(天日塩)と、塩湖の水を加熱蒸発させて製品にする場合(せんごう塩)があります。岩塩ほどではありませんが、やはり不純物を含むことが多いため、そのまま食用に用いられることは少ないです。岩塩と同じように、湖塩も一度水に溶かしてそれを煮詰めて精製したものを製品にします。

塩の種類「湖塩」

塩湖の水を原料とした塩です。乾燥地帯にある塩湖では、乾季に自然に湖の水が蒸発し、塩が結晶化します。それを集めて製品にする場合(天日塩)と、塩湖の水を加熱蒸発させて製品にする場合(せんごう塩)があります。岩塩ほどではありませんが、やはり不純物を含むことが多いため、そのまま食用に用いられることは少ないです。岩塩と同じように、湖塩も一度水に溶かしてそれを煮詰めて精製したものを製品にします。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ