山菜について

山菜 基本コース / プラチナコース

山菜について

春に採れる山菜のパターン

山菜採りの最盛期ともいわれる春。この時期にはどのようなパターンの山菜が採れるのでしょう。 冬枯れの季節から新緑へと移り変わる春には、「新芽」や「つぼみ」、そして「若葉」などを食するものが多く登場します。ワラビやゼンマイ、タケノコにタラの芽、フキノトウやウド等々、柔らかでほろ苦く、さわやかな風味が持ち味の山菜が目白押しとなります。反面、山菜特有のアクが強いためそのまま生食することが難しく、よく似た姿の毒草が存在するものもあるため注意が必要でもあります。 適切な下処理や保存方法、そして調理方法をよく調べ、美味しくいただきましょう。

秋に採れる山菜のパターン

秋には多くの木の実やキノコ類、そして根茎が発達して山でも豊かな収穫の時期となります。生食できるフルーツとしての木の実も豊富に実ることから、山で摘み取ってはそのまま口に運ぶというワイルドな楽しみ方ができるのも魅力です。 キノコ類は食用に向かないものを判別する知識が不可欠ですが、初心者にも分かりやすく採りやすいものも多いため、安全に賞味することを優先しましょう。 また、ユリの根やヤマノイモ等々、発達した根茎が美味しい「山の根菜」もあります。春の山菜が「葉物」や「茎物」を中心としているとすれば、秋は「果実」や「根物」が花形の味覚となります。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ