ファイナンシャルプランナー資格取得講座
  • TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 国家資格の資格取得講座一覧 > ファイナンシャルプランナー資格取得講座
ファイナンシャルプランナー資格取得の通信教育講座
サイトイメージ調査

SARAスクールジャパンは
福岡ソフトバンクホークス株式会社の
オフィシャルスポンサーです。

福岡ソフトバンクホークスと共に
人々に元気や感動を与え
社会の活性化に努めてまいります。

目指せ!ファイナンシャルプランナー資格
特徴・試験・難易度を解説

ファイナンシャルプランナー資格があると、FP(ファイナンシャルプランナー)としてどの程度知識があるのか、周りに証明できます。
FPには、家計に関わる金融・税制・不動産・住宅ローン・保険・教育資金・年金制度など、幅広い知識が求められることから、「FP」と一口に言っても力量は人それぞれです。
FP資格があると、FPとしてどの程度の知識や実績があるか証明できます。
また、FP資格があると自身の生活にも有益であり、仕事からプライベートまで幅広く役立ちます。
FP資格について、試験内容や難易度、合格までのスケジュールについて見ていきましょう。

1.ファイナンシャルプランナー資格とは

ファイナンシャルプランナー資格とは

ファイナンシャルプランナー(FP)は、お金のエキスパートです。
日々の暮らしの中で使うお金から、投資・不動産・老後・相続まで、ありとあらゆるお金に関する相談に対応します。

FPが対応する相談 具体的な内容
家計管理 日々の家計管理の仕方、将来のための貯蓄方法など
老後の生活設計 老後の生活資金の準備の仕方、老後の生活設計など
教育資金 教育資金の準備の仕方、奨学金の活用など
年金・社会保険 公的年金制度の仕組み、社会保障制度の仕組みなど
住宅資金 住宅ローンの借り方、住宅ローンの繰り上げ返済と借換え方法など
資産運用 退職金の運用の仕方、投資信託などの金融商品の仕組みなど
税制 医療費控除や配偶者控除などの仕組み、所得税などの仕組みなど
保険 保険の仕組み、必要な死亡保障・医療保障の考え方など
介護・医療費 介護費用の準備の仕方、介護保険制度の仕組みなど
相続・贈与 遺言や相続に関する準備の仕方、子や孫への資金贈与など

表の相談内容は、相談者一人ひとりのライフスタイルや価値観によって、解決策が異なります。

ファイナンシャルプランナーは、相談者の思いに沿って経済的な側面からアドバイスや資産設計し、その実行のサポートを行います。

「人の話をじっくり聞き、自分の知識や情報から回答・提案できる」「お金に関する知識を身につけたい」「情報を集めたり、発信することが得意」「誰かの役に立つ仕事がしたい」・・・そんな方にピッタリな職業です。

ファイナンシャルプランナー資格があると、ファイナンシャルプランナーとしてお金に関する知識を持っていることが証明されます。

そのため、資格の有無で相談者の安心度が変わってきます。
暗視して相談してもらうためにも、ファイナンシャルプランナー資格が役立ちます。

2.ファイナンシャルプランナー資格は3種類

2.ファイナンシャルプランナー資格は3種類

一口にファイナンシャルプランナー資格といっても、細かく分けると5種類あります。

【ファイナンシャルプランナー(FP)資格】
  • 1級FP技能士
  • 2級FP技能士
  • 3級FP技能士
  • AFP
  • CFP

上記のうち、左の3つ「FP技能士(1級・2級・3級)」が国家資格であり、残りの2つ「AFP」「CFP」は民間資格です。
民間資格と聞くと簡単そうに思えますが、ファイナンシャルプランナー資格の場合、「AFP」は「2級FP技能士」と、「CFP」は「1級FP技能士」とほぼ同水準です。

「AFP「は、AFP認定研修を修了して2級FP技能検定に合格し、かつ所定の期間内に日本FP協会に登録しなければ、資格取得ができません。
そのうえ2年ごとに資格更新が必要であり、2年間で15単位の取得が資格更新の要件となっているため、「AFP」を持ち続けることさえ大変なのです。

「CFP」は、「FPの頂点」ともいえる資格です。
世界で認められた共通水準の、ファイナンシャルプランニングサービスを提供できる証明書となる、国際的な資格です。
CFP資格審査試験に合格し、CFPエントリー研修を終え、通算3年以上の実務経験のあることが資格取得条件です。
CFP資格も、2年ごとに資格更新が必要であり、2年間で30単位の取得が資格更新の要件です。

「これからファイナンシャルプランナー資格の勉強を始めよう」という方は、誰でも受験できる「3級FP技能士」から挑戦していきましょう。
初めての勉強で何をしたらいいのか分からない場合は、「SARAスクールジャパン」の通信講座がおすすめです。

3.ファイナンシャルプランナー試験の内容や難易度

3.ファイナンシャルプランナー試験の内容や難易度

国家資格でもある「FP技能士」の試験は、年3回(1月・5月・9月)あります。
また、試験実施団体は「一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)」と「NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」の、2つの機関があります。

「FP技能士」の試験は「学科」と「実技」があり、学科試験はきんざいと日本FP協会で共通です。
制限時間は120分で60問出題され、三答択一式マークシートで、60点満点中36点以上正答できると合格です。

実技試験は、きんざいと日本FP協会で異なります。
試験時間は同じ60分ですが、きんざいは問題数が少なく、3級では5問程度です。
1問にじっくり時間をかけ、解きたい方におすすめです。

日本FP協会は問題数が多く、3級で20問程度となりますが、その分1問あたりの配点は少なくなります。
1問ミスしても致命的にはなりにくいため、サクサク解いていきたい方におすすめです。
難易度はきんざいも日本FP協会も同程度ですので、どちらを選ぶかは問題数と配点、または勉強する教材で決めましょう。

教材に悩んだときには、「SARAスクールジャパン」の通信講座をチェック」してみましょう。

3-1 試験内容

「3級FP技能士」の試験内容は、以下の6分野です。

【3級FP技能士の試験範囲(学科試験)】

ライフプランニングと資金計画

年金関係など、将来を」見据えた知識が必要になり、専門家のニーズの高い分野

リスク管理

今加入すべき保険など、現在の不安を解消する分野

金融資産運用

貯蓄・債券・株式・投資信託など、資産の運用方法に関する分野

タックスプランニング

税金に関する知識を学ぶ分野

不動産

不動産取引での法律・税金を扱う

相続・事業承継

非課税枠などの仕組みを知ることで、相続税の事前対策を学ぶ

3級では、各科目の概要や仕組みなど、基本的な内容を問われることが多いです。
専門性の高い問題や引っかけ問題はなく、これからFPの勉強を始めようと思っている方にピッタリです。

「2級FP技能士」の試験範囲も、3級と同じ6分野です。
ですが、法人のファイナンシャルプランニングが含まれるなど、より専門的な内容が問われます。
また、3級は誰でも受験できますが、2級は以下のいずれかの受験資格を満たす必要があります。

【2級FP技能士の受験資格】
  • 3級FP技能士試験に合格している方
  • FPに関する2年以上の実務経験がある方
  • FP協会の認定研修修了者

ファイナンシャルプランナー試験が初めての方でも、認定研修を修了すると、2級FP技能士の受験資格を得られるため、「3級は簡単そうだから2級から受験したい」というのも可能です。

認定研修は通信教育でも行っており、日本FP協会の認定講座を通信教育で受講し、修了すると「2級FP技能検定」の受験資格が得られます。
いきなり「2級FP技能士」を目指すのであれば、認定講座であるか否か確認し、受講する必要があります。

3-2 難易度・合格率について

試験を受けるときには、難易度も気になるところです。

「3級FP技能士」の合格率は、70%前後です。
大体の出題パターンが決まっており、学科試験は二択・三択問題のみとなっているため、比較的取得しやすい資格です。

一方、「2級FP技能士」の合格率は、40〜50%です。
3級とは異なり、専門的な内容を問われるため、難易度は高くなっています。

4.ファイナンシャルプランナー試験の合格までのスケジュール

4.ファイナンシャルプランナー試験の合格までのスケジュール

既にご紹介した通り、ファイナンシャルプランナー試験は年3回行われます。
そこで、試験日から逆算し、勉強時間を確保しましょう。

FP試験に合格するため必要な勉強時間は、一般的に、3級は80〜150時間、2級は150〜300時間が目安です。
1日あたりの勉強時間で割ると、勉強に必要なおおよその期間が分かります。
例えば、1日2時間勉強できるなら、FP3級なら2〜3か月程度、FP2級なら3〜5か月程度が目安です。

FP技能士 勉強時間の目安 勉強に必要な期間の目安
3級 80〜150時間 2〜3か月(1日2時間の場合)
2級 150〜300時間 3〜5か月(1日2時間の場合)

1月に3級を受ける方は10〜11月、2級を受ける方は8〜10月あたりから開始すると、余裕をもって勉強できます。

勉強のポイントは、過去問題集の活用です。
特に3級は大体の出題パターンが決まっているため、過去問を繰り返し解くことで、知っている問題が出題される可能性があります。

最初の1か月で基礎知識を押さえ、2か月目以降に過去問題や模擬試験に、積極的に取り組みましょう。

【1月に3級受験の場合のスケジュール】
  • 10月〜11月
    学習スタート・基礎知識の学習
  • 12月〜1月
    過去問題や模擬試験に挑戦
  • 1月
    3級学科試験
  • 3月
    合格発表

2級は、受験資格に3級合格や実務経験などがあるため、基礎知識は習得していることが前提です。
最初の1〜2か月で基礎や専門の知識を押さえ、問題集で6科目の基礎固めをしましょう。

残りの3か月目以降に、過去問題や模擬試験など、演習問題で得点を上げていきます。
得点力のアップには、繰り返し問題を解くことが重要です。

【1月に2級受験の場合のスケジュール】
  • 8月〜10月
    学習スタート・基礎や専門の知識を学習
    問題集で6科目の基礎固め
  • 11月〜1月
    過去問題や模擬試験など演習問題に挑戦
  • 1月
    2級学科試験
  • 3月
    合格発表

学習開始時期は、早ければ早いほど多くの問題が解けるため、自信につながります。

5.まとめ

5.まとめ

ここでは、ファイナンシャルプランナー資格についてご紹介してきました。
ファイナンシャルプランナー資格を取得すると、日々の暮らしからビジネスシーンまで、幅広く役立ちます。

ファイナンシャルプランナー資格は、独学でも勉強できますが、効率よく勉強するのにおすすめなのが「SARAスクールジャパン」です。

「SARAスクールジャパン」では、女性のための通信講座を多数取り揃えています。
初めて学習を始める方でも、資格取得までバッチリ学べるよう、SARA独自の教材でカリキュラムを組んでいます。

無理なく学べる「SARAスクールジャパン」で、資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


福岡ソフトバンクホークス

Official Sponsor

各種資格ランキング


saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座