手作りパンについて

手作りパン 基本コース / プラチナコース

手作りパンについて

ライ麦パンの特徴

ライ麦パンは小麦粉ほどグルテンを形成しないため、生地自体もあまり膨らまず、きめの細かい重いパンができあがります。密度が高く水分量が少ないため日持ちし、作り置きをしておくことも可能です。ライ麦100%で作ると非常に重く固いパンになりますが、小麦粉と合わせてパン作りに使われることもあります。ヨーロッパ諸国ではライ麦に少量の小麦粉を入れ、弾力とやわらかい食感を出したパンもあります。また小麦粉をベースにライ麦を混ぜる事で、パンの日持ちを良くすることも可能です。フランスパン専用粉を使ったパン生地に少しライ麦粉を混ぜると、よりサクサクとした食感になります。

パン作りにおける乳製品の働き

パン作りに使う乳製品とは牛乳を代表とした、液体や粉末の材料です。乳製品は種類によって、様々な利点があります。まずは、パンをふっくらと美味しく、また柔らかい食感に仕上げることができます。卵やバターなどの油脂類と使用することで、風味豊かなでまろやかで美味しいパンを作ることができます。また、乳製品は動物性であるため、様々な栄養が含まれています。特にカルシウムは骨を丈夫に維持する効果などがあります。またほかにもタンパク質やミネラルも補う事ができるため、栄養価の高いパン作りにも欠かせない材料です。他にも発酵をゆっくり進ませる効果もあります。さらに油脂類と同じく、パン自体の日持ちを長くする効果もあります。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ