水耕栽培について

水耕栽培 基本コース / プラチナコース

水耕栽培について

土での栽培との違い

水耕栽培のほうが土の栽培よりも成長が早く、収穫が多い理由は主に根の張り方が要因ですが具体的には次のような現象が起きています。
まず、土で育てた場合、根は土の粒子の間を縫うように伸びていきます。根の先端は細胞分裂を繰り返して成長し、粒子の間のわずかな空間を見つけては、より深く、より広く伸びていきます。農家の人がトラクターなどで田畑をよく耕すのは、肥料をすきこんだり、雑草を防止する目的もありますが、主には耕すことで土中の空間率を高くし、根が張りやすい環境を作ることです。よく耕さない畑で大根を作ると、人間の脚のような奇妙な形に成長してしまうことがあります。これは成長の途中で根がなんらかの硬いものにぶつかり、それを回避した結果です。「珍しい形の大根」などとニュースになることもありますが、あれはよく耕していない結果だともいえます。
一方、水耕栽培の根は水中なのでそうした邪魔なものがなく、わがままに、好きなだけ自由に伸びていくことができます。そのため、根の張り方は土の栽培よりも圧倒的に勢いが良く、その分だけ栄養をたっぷり吸収することができるようになります。

水耕栽培に使う水槽

水耕栽培をするために、最近では専用のセットが販売されています。水の温度がデジタル表示されるパネルがついていたり、インテリア性が高いデザインになっていたり、日々進化を遂げています。お手軽に挑戦してみたいなら、そうしたセットを買ってみるのも一つの手でしょう。自作してみたい人も、そのような大変なものではありませんので挑戦してみるといいでしょう。おすすめしたいのは、セメントや壁土などを練る際に使う、樹脂製の箱です。「トロ舟」「プラ舟」などの商品名で販売されていることが多く、ほとんどのホームセンターに置いてあります。サイズは様々ありますので、設置場所に合わせて選びましょう。最初は畳半畳程度のものが使いやすく、小松菜やほうれん草ならまとめて育てられますし、トマトやナスなどを育てるにも十分な広さが取れます。価格はサイズによって異なりますが、千円程度からあります。他に、衣装ケースや、たらいなどを使う方法もあります。つまり、ある程度水が溜められ、管理しやすければいいだけです。あまり深いものは管理しにくいので、深さは15センチもあれば十分です。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ