講座で学ぶ知識~宝石とは~

宝石 基本コース / プラチナコース

講座で学ぶ知識

様々な場所から生まれる鉱物


宝石になる鉱物が生まれる場所は、大きく分けると3か所です。まず、地球の表層の深部で結晶化するダイヤモンドや、ガーネットやオリビン(ペリドット)です。次に、地表近くで形成されるオパールやカルセドニー、トルコ石。最後に先の二つの中間の地殻で、結晶化する鉱物があります。ここではマグマや熱水の液体、火山ガスの気体に溶け込んでいた化学物質が、温度と圧力の低下で固体となり、鉱物となります。トパーズやムーンストーン、ルビーやサファイヤがこのあたりで形成されます。また、熱水が地表に向かって上昇することでも、温度や圧力の低下が起こります。それにより地中に鉱物として岩盤の割れ目を埋めるように、鉱脈をつくります。いったんできた鉱物が液体や気体に反応して変化し、別の鉱物になったり、1種類の鉱物や近くにある異なった種類の鉱物が、一定の温度や圧力を受けて反応し合い、新しい鉱物をつくることもあります。鉱物は地殻変動がなくては、見つけることはできません。人が地下に潜るには数kmが限度だからです。一番深いといわれるダイヤモンドの鉱山は地下1000mです。火山活動などにより、人が手にすることが出来る深さまで運んでくれるのです。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ