通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

タロットについて~大アルカナと小アルカナとは~

タロットカード 基本コース / プラチナコース

タロットについて

大アルカナと小アルカナとは

タロットの1セットのことを、デッキと呼びます。このデッキは例外もありますが、大抵の場合、大アルカナと小アルカナに分かれます。代表的なデッキであるウエイト版では、カードの枚数は、計78枚あり、22枚の大アルカナ、56枚の小アルカナに分かれています。大アルカナには、愚者、魔術師、女教皇などがあり、人間が人生において影響を受ける精神的教えや教訓がカードに描かれています。例えば、愚者なら、人生を一歩踏み出すことの大切さや、また反対に向う見ずな愚かさなどを表します。大アルカナは、一人の人間が精神的に成長していく過程をカードで暗示しています。小アルカナは数札の1番から10番までが物語のように繋がっています。そして、小アルカナは、4つのスート(スートとは、トランプで言うダイヤやハートのような区別)に分かれています。すなわち、棒(ワンド)聖杯(カップ)剣(ソード)ペンタクル(コイン)です。これらは、自然界における4つの元素、火、水、風、土を表しています。またこれらは、情熱、愛、知識、物質も象徴します。ワンドが火と情熱、カップが水、愛、剣が知性、公正さ、土が物質、安定となります。大アルカナが人間の精神的成長を大きな視点で捉えているとするならば、こちらは、具体的に成長に必要な要素に焦点が当たっています。例を挙げるとするならば、ワンドの1~10までの物語は、人間の情熱が育っていく過程と解釈します。

コートカードについて

小アルカナはそれぞれのスートが一つの物語になっていますが、その中には物語とは繋がりのない、人物札(コートカード)というものも含まれています。コートカードには、王(キング)、クイーン(女王)、ナイト(騎士)、小姓(ペイジ)があります。これらもまた、ワンドの王、カップの女王などというように、各スートにそれぞれ存在しています。コートカードはタロット初心者には比較的理解しづらいカードです。その場合、それぞれのカードを四元素、火、水、風、土、のイメージと照らし合わせて人物像をイメージすると分かりやすくなります。例えば、ワンドの王ならば、炎のような情熱的な指導者などとイメージします。タロットのコートカードは、自分の周囲にいる誰かを象徴する場合と、占者自身の素質や性格を表している場合があります。またコートカードは、若者、青年、熟年という捉え方もできます。少年はペイジ(小姓)、青年はナイト、熟年はキングです。クイーンは女性の理想的な成長図、または育てるべき個人の素質と考えます。どのカードが出たかによって自分自身の現在の物事の進み具合や、精神的立ち位置が分かります。例えば仕事のプロジェクトついて占って、若者(ペイジ)のカードが出た場合、まだその占者は技術が未熟でまだ戦力になっていないことなどを表わします。また、キングが出た場合などは計画が最終段階、つまり詰めまで来ているということです。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ