資格を仕事に!手相占いの資格を活かせる仕事3選

 

誰もが生まれながらにして持つ「手相」から運勢を読み取り、より良い方向へ導くサポートができるのが、手相占いを仕事にする魅力です。占星術や四柱推命など、すでにほかの占術を習得している方でも、手相占いを新たに習得することで、活躍の場を広げることができるでしょう。
ここでは、手相占い師の働き方や、稼げる占い師になるための条件についてご紹介します。

手相占い師の働き方

手相占い師として仕事をするには、さまざまな働き方があります。ここでは、手相占い師の3つの働き方について見てみましょう。

・占い専門施設に勤める

占い専門施設に、占い師として所属する働き方です。職場としてはおもに、占い専門店や、デパートなどにある占いブースが挙げられます。

占い師が占い専門施設に勤めるメリットのひとつは、売上管理や宣伝を施設側に任すことができる点です。自分のサロンを持つと、事務作業や経理作業もすべて自身で行う必要がありますが、専門店に勤めれば占いをすることだけに集中できます。全国展開している大手の占い専門店は審査もきびしく、そのような店舗に所属すれば、占い師としての信用度も高まり、イベントの出演依頼などが舞い込むこともあります。また、同じ施設に勤める占い師と情報交換をすることで、占い技術の向上に役立てられる点もメリットといえるでしょう。

一方で、占い専門店や施設内の占いブースで働く占い師には、デメリットもあります。占い専門施設の給料は歩合制の場合が多く、お客様が来なければ、拘束時間に対して1日の売上が見合わないということも起こりえます。

・出張鑑定

一般企業やイベント会社をクライアントに持ち、集客イベントなどで出張鑑定を行います。イベントの種類は、住宅展示場の内覧会や物販催事、メーカーの展示会など、さまざまです。イベントにはたくさんの人が集まるため、名前を知ってもらうことができるのが出張鑑定のメリットです。そのため、宣伝を目的として出張鑑定を行っている占い師も多いようです。また、イベントでは「5分1コイン」など、短い時間でたくさんの人を占う場合が多く、相談される悩みもさまざまな種類があります。そのため、占いスキルの向上が図れるのもメリットといえるでしょう。

デメリットとして、出張鑑定だけでは定期的な収入が得られないことが挙げられます。通年でイベントを行う企業はなかなかなく、翌年の開催時には占いから別の企画に変わってしまうこともあります。最近では「癒やし」や「スピリチュアル」をテーマにした大規模な展示会、占い関係の会社が主催するフェスティバルなども増えています。占い師として生計を立てるためには、占いに興味のある人が多いイベントで出張鑑定のブースを出し、固定客をつかむことも大切でしょう。

・手相講座の講師

手相占いの知識があれば、カルチャースクールや企業内のコミュニケーションセミナーで、手相占いについて教えることもできます。単発のレッスンを開くほか、受講生が集まれば、週1×12回といったカリキュラムを組んでレッスンを行うこともできます。

カルチャースクールで手相占いの講師をするメリットは、定期的な収入を得られることです。売上管理や講座の宣伝についてはスクール側が行ってくれるため、講師はレッスンだけに集中することができます。デメリットとしては、資料やテキストの準備に時間がかかる点が挙げられます。何度もレッスンを重ねるうちに、必要な資料や自分にとって教えやすいやり方が見えてくるでしょう。

稼げる手相占い師 3つの条件

一口に占い師といっても、稼ぐ力は人それぞれ。鑑定の予約が取れない人気の占い師もいれば、なかなか固定のお客様をつかめず苦労している占い師もいます。
ここでは、稼げる占い師の特徴について見ていきましょう。

特徴1 人が好きで、人に興味がある

占い師に欠かせない資質として「人が好きで、人に興味があること」が挙げられます。誰でも興味を持った相手に対しては、さまざまな質問を投げかけて、相手のことを知ろうと努めるでしょう。稼げる占い師は、人の考えや人生に対して強い興味を持っており、コミュニケーションをとって相手のことを知ろうとするため、おのずと相談者の悩みを引き出すことにつながります。

条件2 カウンセリング能力がある

占い師とカウンセラーには、2つの共通点があります。1つは相談者の話にじっくり耳を傾ける必要がある点、もう1つは悩みに対する解決ではなく、気付きを与えるのが仕事であるという点です。
指南役ではなく、悩みを解決するための伴走役になることができると、相談者から信頼を得ることができ、何度も足を運んでもらえるようになります。

特徴3 語彙力が高く知識の幅が広い

占い師として人気が出る人の特徴として、語彙力の高さが挙げられます。事象をさまざまな言葉で言い表せたり、童話など広く知られている物語に例えられたりすると、相談者も納得しやすく、悩み解決のための気付きを得やすくなります。文学作品から最新科学まで幅広く興味を持つことで、知識量が増え、語彙力も高まっていくでしょう。

手相占いの資格を取るメリット

手相占いを学ぶには、手相占いの本を読んだり、手相鑑定を教えてくれるスクールに通ったりするなど、さまざまな方法があります。しかし、本を読んだだけで知識を網羅することはなかなか難しいものです。かといって、スクールに通う時間を確保するのは物理的に難しいという方も多いでしょう。
あまり時間をかけずに、手相占いを学びたいという方におすすめなのが、資格取得を目指して通信講座で学ぶという方法です。SARAの手相講座なら、1日30分・半年間の勉強でカリキュラムを終えることができます。通信講座を利用して、基礎から応用までしっかり学ぶことで、実際にお客様を占う際にも、自信を持って接することができるはずです。

資格を持つことで占いの仕事がしやすくなる!

手相占いを仕事にするために、特別な資格は必要ありません。しかし、占い専門施設や出張鑑定などで仕事を始めようと思ったときに、資格を持っていれば、基本的な知識があることを証明しやすくなります。
SARAの手相講座なら、講座受講後の試験に合格すれば「手相鑑定士」と「パームリーディングアドバイザー」の2つの資格を取得することができます。占い師として仕事をしていきたいと考えている方は、手相占いの資格取得に挑戦してみてはいかがでしょうか?


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ