• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > デザイン・デザイナーの資格取得講座一覧 > 建築模型資格取得講座 > 建築模型士の年収と需要について

建築模型に関するコラム

建築模型資格取得の通信教育講座

建築模型士の年収は?働き方や需要について解説

建築模型士の年収は?働き方や需要について解説

建築模型士になった場合、どの程度の年収を稼ぐことができるのでしょうか。建築模型士は建築業界ではなくてはならない仕事をしています。とはいえ、一般的にはなじみが少ないため、どれ程の需要があるかはよく分かりませんよね。

そこで今回は、建築模型士の年収について紹介します。建築模型士として働く場合の仕事内容について説明し、働き方や需要についても解説するので、建築模型士に興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

建築模型士とは?

建築模型士とは、具体的にどのような仕事をする人のことなのでしょうか。建築模型士は、家や施設についてのミニチュア模型を作るのが主な仕事です。なぜ模型が必要なのかというと、建物を建設するために必要な検証や検討をおこなう必要があるからです。また、完成した建築物のミニチュアを展示することで、家や施設の購入者のイメージを具体化するという目的もあります。建築模型士が模型を作るときは、建築図面を見て、それに従って作業しなければなりません。そのようにして、求められている模型を完成させていきます。

建築模型士に必要な資格

建築模型士になる場合、どのような資格が必要になるのでしょうか。建築模型士は図面を見て正確に理解する必要がありますから、資格についても気になるところです。ここでは、建築模型士の資格や必要なことについて説明します。

資格は必要ない

建築模型士として働くためには、資格は必須ではありません。建築に必要な知識を習得しておく必要はありますが、資格として何か保有していなくても仕事をこなすことは可能です。そのため、しっかりと知識があることを証明できれば、建築模型士として活躍することもできます。

必要なこと

建築模型士になるためには、具体的にどのような知識や能力を身につけておく必要があるのでしょうか。建築模型士は、まず模型図面を読めることが最低限の条件となります。図面を読むことができなければ、当然ながら相手が求める模型を忠実に再現することはできないでしょう。また、建築模型士は建築模型を製作するための技術も必要です。模型は小さな部品を使うこともあるので、丁寧に細かい作業ができるようでなければなりません。きちんと模型作りの技術を磨き、完成度の高い模型を作ることができるレベルになっておく必要があるでしょう。

建築模型士になるには?

では、建築模型士になるにはどのような兵法があるのでしょうか。一般的には、設計事務所やハウスメーカーに勤務して知識を習得しながら、建築模型士を目指すのが基本です。ただし、未経験から建築模型士を目指すことも不可能ではありません。たとえば、通信講座などを利用して勉強すれば、建築模型士として必要な知識や技術をひととおり身につけることができます。なかには資格を取ることで仕事を斡旋してもらえる場合もあります。特に副業で建築模型士の仕事を始めたいのであれば、通信講座を利用すると勉強から実際の仕事の確保までがスムーズにいくでしょう。

建築模型士の働き方

建築模型士は、どのような働き方をしているのでしょうか。一言で建築模型士といっても、その働き方はさまざまです。ここでは、建築模型士の働き方について、代表的なパターンをあげてチェックしてみましょう。

会社に就職

建築模型士として働く場合、会社に就職することが多いです。たとえば、設計事務所やハウスメーカーに勤務したり、工務店や住宅販売会社の社員になったりするケースがあります。建築に関する業務を専門に請け負っている会社なので、建築に関する知識について仕事のなかで自然に身につけることができます。また、建築模型を作る仕事もたくさん任せてもらえる可能性があります。先輩が建築模型を作る姿も見られる可能性があり、実際の技術や知識を現場で学ぶことができます。そのようにして仕事に取り組んでいけば、さらに自分自身の技術や知識を磨いていくことができるでしょう。

フリーランス

一定の技術や知識をもっているなら、フリーランスとして建築模型士になることもできます。フリーランスの場合、会社に所属するわけではないため、ライフワークバランスや給料は自分次第です。自分で自分の仕事をしっかり制御できなければなりません。ただし、高い技術をもっているのであれば、たくさんの仕事が舞い込んでくる可能性があります。その場合、会社で働くよりも効率的に高い収入を稼げる可能性もあります。

副業

建築模型士の仕事は副業で取り組むことも可能です。本業ももちつつも、フリーランスのようなかたちで仕事を受ければ、副業として取り組むことができます。また、どこかの企業と契約して、アルバイトとして建築模型を作成するという方法もあるでしょう。

建築模型士の給料・年収

建築模型士になった場合、給料や年収はどれくらいになるのでしょうか。建築模型士の給料や収入は、状況によってもさまざまです。ここでは、建築模型士の給料や年収について説明します。

企業で働く場合

建築模型士として企業で働く場合、単に模型を作るだけでなくほかの業務と兼務になることも多いです。その場合、月給はだいたい20万円前後となるでしょう。年収で考えると、300~400万円程度となる可能性が高いです。ただし、建築模型の単価は数万円の場合もあれば、数百万に及ぶ場合もあります。さらに、大規模な建築模型を作る場合は、チームで作業をおこなうこともあるでしょう。よって、企業で建築模型士として仕事をする場合でも、状況によってはより高い収入を得られることもあります。

個人で受注する場合

個人で建築模型士の仕事をする場合、単価は数千円から数万円となることが多いでしょう。そのため、たくさん収入を得るためには、その分たくさんの建築模型を作る必要があります。ただし、たくさん収入が欲しいからといって丁寧に作業できないようであれば、信頼を失ってしまう可能性もあります。信頼を失うと、仕事を継続して依頼してもらえないので注意が必要です。

建築模型士の需要

そもそもの話ですが、企業が建築模型士の求人を募集することはそれほど多くはありません。ただし、需要はそれほど多くないですが、景気回復とともに建築模型士が求められる場面は増えています。建築模型については、建築業界では需要があるため、建築模型を作る仕事自体は継続的に存在し続けるでしょう。そのため、建築模型士になるなら、本業として目指すよりも副業として目指したほうが効率的かもしれません。

建築模型士の年収は場合によっても異なる

建築模型士の年収は場合によっても異なる

建築模型士になった場合、年収は働き方によって大きく変化します。建築模型士を目指すなら、どのような働き方をしたいのか明確に意識することが大切です。そのうえで、その働き方や稼げる年収が自分の理想に合っているのかどうか確認しましょう。建築模型を作るためには、技術や知識も必要です。そのため、そういった能力がきちんと身についているのかも重要なポイントとなります。未経験から建築模型士を目指すなら、企業で働きながら学んだり、通信講座で勉強したりする必要があるでしょう。実際に手を動かして精巧な建築模型を作ることができるように技を磨くことも大切です。建築模型士の仕事を始めたいなら、必要なことをしっかりと身につけておきましょう。

建築模型を学ぶなら

建築模型通信講座

SARA の建築模型資格講座は 2 種類の建築模型資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


建築模型に関する記事一覧

建築模型についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
建築模型基本コース
模型資格を目指すコース!!
模型人気講座
模型資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 58,000円

建築模型プラチナコース
模型資格を楽に取得!!
簡単資格取得
模型資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 120,000円

建築模型資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

建築模型資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座