塩講座カリキュラム

塩 基本コース / プラチナコース

学習カリキュラム

1日たったの30分!
空いた時間でちょこっと学ぶだけでOK♪

通学じゃない通信講座だから時間を無駄にせずに学習出来ます。1日たった30分勉強するだけで塩についてバッチリ学習できます。普段の生活の中でちょっとだけ空いた時間…。そこを有効活用できるのがSARAの講座。もちろん、毎日じゃなく「週末に一週間分まとめて」や、「その日の気分で好きなだけ」でも全然大丈夫。自分の生活を大事にデキるのがSARAの講座。

image08

早めのペースで学ぶなら
最短2ヶ月で資格取得が可能!

本講座はマイペースにゆっくり学習して半年間の受講期間を設定しています。すぐにでも資格取得がしたい方の場合、学習ペースを早める事により最短2ヶ月で資格取得が目指せます。

image09

塩講座学習の流れ

塩とは

【学習内容】塩の性質/塩の成分と特徴/さまざまな形の塩の結晶/塩の歴史(古代~中世)/海水を原料として塩を作る工程/古代の製塩方法(縄文時代後期~弥生時代)/中世の製塩方法(奈良時代~鎌倉時代)/塩の歴史(近世~近代)/入浜式塩田の発達/流下式塩田の開発と衰退/塩の歴史(現在)/塩の需要の増大/工業的な製塩方法への転換/イオン交換膜法/真空式蒸発法/製塩方法(湖塩・岩塩・地下かん水)/湖塩から塩を作る/岩塩から塩を作る/地下かん水から塩を作る/製塩方法(海水塩)/イオン交換膜法によ/る採かん工程/真空式蒸発法によるせんごう工程/製塩方法(日本の塩田)/日本での製塩方法の変遷/こだわりの塩

塩の種類

【学習内容】塩の種類/岩塩/岩塩はどうやってできたのか/世界遺産になった塩の宮殿/岩塩の産地/湖塩/塩湖はどうやってできたのか/世界の塩湖/海水塩

塩の用途

【学習内容】塩の用途と統計/世界の塩の生産量/日本は塩の輸入大国/日本の塩の用途/調味料としての塩/塩は必要不可欠なもの/しょう油・みそ/その他の塩を原料とした調味料/食品の保存のための塩/塩の脱水作用を利用して保存する/梅干し/発酵を利用した漬け物/その他の発酵食品/工業製品としての塩/塩が交通事故を未然に防ぐ/家庭の中での塩の利用方法/ソーダ工業の種類/ソーダ工業の関連製品/皮なめし/多孔質のゴムの製造/イオン交換樹脂の再生/医薬品としての塩/医薬品として使われる塩/医薬品の原材料としての塩/検査に利用する塩

人の身体と塩の関係

【学習内容】人の身体と塩の関係/必要な塩分量/体内での塩のはたらき/体内の塩分の量の調整/浸透圧とは/体内での浸透圧の作用/浸透圧の変動に対する防御機能/体内での塩分の分布/塩分の排泄/尿からの塩分の排泄/血液中の塩分濃度を調節するホルモン/人体に必要な塩分の量/日本人の食塩摂取量の変遷/食品の栄養成分表示から塩分量を換算する/スポーツドリンクで水分と塩分補給/塩の疲労回復効果/塩味を感じる/塩の対比効果と抑制効果/しょう油がおいしいと感じる理由/塩が関係する病気/むくみ(浮腫)/胃がん/心疾患/高血圧症/食塩感受性について/高血圧症はなぜ問題なのか/食欲が低下し、体力まで低下する/脳の血液循環を悪くする/不登校にも影響する/塩の効能 塩化物泉/塩化物泉とは/塩化物泉の効能/塩化物泉に入るときに注意すること

料理と塩

【学習内容】料理と塩/料理で使う塩の特徴/塩の代替品/減塩食品/食塩の品質/塩の賞味期限/塩の食品表示/グルテンについて/パンと塩/めん類のこし/製品の風味を増す/塩水の活用/魚肉練製品/肉の加工品/いろいろな種類の塩/塩の使い方/砂糖とは/塩と砂糖の比較/塩辛さと甘さ、敏感に感じるのはどちらか

塩に関する知識

【学習内容】塩の道 日本編/塩の道 世界編/塩にまつわる故事・ことわざ/古典の中の塩/塩と潮と汐/日常生活での塩の利用法/宗教と塩/細菌と塩の関係/動物と塩の関係/塩の性質を使った実験

日本と塩

【学習内容】日本の塩の良いところ/日本の地域と塩(北海道・東北地方)/日本の地域と塩(関東・東海・中部地方)/日本の地域と塩(近畿地方)/日本の地域と塩(中国・四国地方)/日本の地域と塩(九州地方)/塩にまつわる制度の変遷

問題集や添削課題で試験対策

資格取得を目指し、問題集や添削課題でバッチリ学習しましょう。専門のプロによる質疑応答サポートも。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ