漬け料理の資格・検定試験

漬け料理 基本コース / プラチナコース

資格試験について

2種類の資格取得が目指せる

本講座は日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「漬け料理ソムリエ」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「保存・常備菜漬け料理アドバイザー」の2資格に対応しています。また、プラチナコースは卒業事に試験免除で資格が認定されるので2つの資格を100%確実に取得できます。


漬け料理ソムリエ

image05

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

漬け料理ソムリエとは、お漬物やはちみつ漬け、醤油漬け、塩麹漬け、味噌漬け、オイル漬け、酢漬け、からし漬け、ぬか漬け、ヨーグルト漬け、出汁漬け、みりん漬け、ラム漬け、ワイン漬けなどの食品を漬ける料理に関するあらゆる知識を有した方に認定される資格です。ピクルスやらっきょう漬けなどのお漬物フルーツを使ったレモンシロップ、梅シロップ、しそシロップなどの漬け液の作り方から、食材との組み合わせや料理への使い方など様々な知識を有していることを証明します。日常の食卓を彩る料理を勉強したい方や、飲食業界での就職や開業、料理教室の開催などを行う際にも役立つ資格です。


保存・常備菜漬け料理アドバイザー

image06

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

保存・常備菜漬け料理アドバイザーとは、漬け料理を使って、保存料理や作り置き・常備菜を作るための知識を持ち、それを活かした食生活への提案ができる知識と技能を有した方に認定される資格です。酒漬けやオイル漬け、酢漬け、ヨーグルト漬け、はちみつ漬けなどの漬け料理を活用した保存食や常備菜などの作り方、日本各地の郷土漬け料理に関する知識、和食と洋食の漬け料理の違いと食材の保存方法・活かし方、春夏秋冬の季節の食材を使った漬け料理、肉の漬け方や魚の漬け方や野菜の漬け方やフルーツの漬け方、調味料を使った作り置きの漬け料理の作り方など、食材や用途に応じて様々な漬け料理に関する知識が求められます。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ