• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 動物・ペットの資格取得講座一覧 > ペットシッター資格取得講座 > ペットシッターになるための勉強方法とは?

ペットシッターに関するコラム

ペットシッター資格取得の通信教育講座

ペットシッターになるための勉強方法とは?

ペットシッターになるための勉強方法とは?

ペットシッターとして活躍したいのであれば、さまざまな知識について学ぶことが求められます。ペットシッターはさまざまな動物を相手にすることになるため。求められる知識も幅広いです。ペットシッターになるためには、どのような勉強方法をおこなえばいいのでしょうか。

今回は、ペットシッターとして活躍するための勉強方法について説明します。ペットシッターを目指していてしっかり勉強したいという人は、ぜひ参考にしてください。

ペットシッターとは?

そもそもペットシッターとは、どういった仕事であるか知っていますか。ペットシッターとは、仕事や旅行に加え、入院などで飼い主がやむを得ず不在になる場合に、飼い主の代わりとしてペットのお世話をする仕事のことです。ペットを飼っている人はたくさんいるため、ペットシッターの需要はとても高いといえます。ペットシッターになる場合、絶対に必要な資格は特にありません。しかしながら、ペットシッターを目指すなら、資格はなるべくあったほうが有利に働く可能性が高いです。ペットシッターとしての資格をもっていれば、顧客獲得につなげることができます。また、資格があったほうが就職の際に有利となるケースも少なくないでしょう。ペットシッターとしての資格を取得できれば、実際にペットシッターとして必要な知識やスキルもしっかりと身につけることができます。そのため、資格取得には大きな意味があるといえます。なお、ペットシッターとして自分自身で開業するのであれば、「動物取扱業者」として登録することが必須となります。

ペットシッターになるための勉強方法

ペットシッターになる場合、具体的にどのような勉強をすればいいのでしょうか。ペットシッターになるための勉強方法としては、さまざまなことがあげられます。ペットシッターになるための勉強方法について、代表的なものをここで紹介します。ペットシッターになるための勉強方法を決めかねている人は、ここでそれぞれについて確認してみましょう。

専門学校

ペットシッターになりたいのであれば、専門学校で学ぶという方法があります。専門学校なら、ペットシッターに必要な知識を豊富にもつ講師がおり、直接指導を受けることが可能です。ペットが好きという気持ちがあっても、ペットに関する専門的な知識やスキルがない状態であれば、専門家からしっかりと指導を受けられるというのは心強いですよね。専門学校は、それぞれの学校によってカリキュラムや授業のやり方はそれぞれです。自分に合う専門学校を見つけることができれば、無理なく学習を進めることもできるでしょう。

通信講座

ペットシッターになるための知識やスキルを学ぶための方法としては、通信講座で学ぶのもおすすめです。通信講座は基本的に在宅で学習を進めます。そのため、働きながらでも自分のペースで楽しく学習することができるでしょう。それでいて通信講座なら、プロの作ったカリキュラムや教材に沿って学ぶことができます。疑問点があれば、質問もできるので、便利です。通信講座の場合、カリキュラムを修了すると同時に資格を取得できる場合も多いです。自分が勉強した内容についての知識を証明することにもなるので、しっかりと勉強を勧めつつ資格を取得できるというのは魅力的だといえるでしょう。

独学

ペットシッターになるための勉強は、独学で進めることもできます。独学の場合、市販のテキストを購入したり、ネットで情報を集めたりして知識を習得していきます。ある程度動物に関して知識をもっている人であれば、独学でもペットシッターとして必要なスキルを身につけることができるでしょう。ただし、まったくの素人の状態から独学でペットシッターの勉強を始めるとなると、必要な知識やスキルをきちんと身につけられない恐れもあるので注意が必要です。独学の場合、万が一不明点が出てきても、誰にも確認することができません。理解できるまで情報を探したり、複数の本を読んだりする必要があるでしょう。その点が独学のデメリットとも言える部分です。とはいえ、独学は他の学習方法に比べると費用が少なくて済むというメリットがあります。自分に合うかどうかを見極めたうえで選ぶといいでしょう。

ペットシッターに必要な知識

ペットシッターになる場合、どのような知識が必要になるのでしょうか。ペットシッターはペットと一緒に過ごすだけでなく、さまざまな仕事をおこないます。そのため、ペットシッターになるためには、さまざまな知識を持ち合わせておくひつようがあるのです。ここでは、ペットシッターに必要な知識について説明します。

ペットである動物に関する幅広い知識

ペットシッターになる場合、ペットである動物に関する幅広い知識が必要です。犬や猫の行動学を学ぶことはもちろん、それ以外の小動物の生態についても知っておく必要があります。さらに、単に知識として頭に入れるだけでなく、ペットの健康管理における留意点を具体的に理解する必要があるでしょう。また、自分自身の安全を守るためにも、人畜共通感染症についても把握しておくことをおすすめします。

ペットの世話に関する知識

ペットシッターとして活躍するためには、ペットの世話に関する幅広い知識が必要です。預かるペットは大人の動物だけでなく、まだ小さいペットの場合もあれば、高齢なペットの場合もあります。そのため、子猫や子犬の世話とともに、老いた動物の介護に関する知識も身につけておいたほうがいいでしょう。もちろん、ペットの幅は広いので、魚類や両生類といった水生生物の飼育管理の仕方についても理解しておく必要があります。どのような動物にも対応できるさまざまな知識を身におけておくことが大切です。

飼い主との信頼関係を構築する方法に関する知識

ペットシッターになる場合、飼い主との信頼関係を築くことも重要です。飼い主は、ペットを預ける際に少なからず不安な気持ちを感じています。そういった不安を少しでも解消するためには、ペットシッターとしての適切な態度を見せることが求められます。

その他の知識

ペットシッターになるには、他にもさまざまな知識が必要です。たとえば、ペットシッターとしての業務とともにトリミングやしつけのトレーニングも依頼されるケースがあります。そのため、トリミングの知識はもちろん、実際に経験を積んでおくことも重要です。同様に、しつけのトレーニングのための知識や経験もしっかりとおこなっておいたほうがいいでしょう。

ペットシッターになるならきちんと勉強をしよう

ペットシッターになるならきちんと勉強をしよう

ペットシッターとして働くためには、きちんと勉強することが重要です。ペットシッターには動物に関するさまざまな専門知識が必要だからです。ペットシッターは飼い主の大切なペットを預かります。ペットの命をしっかりと守ることも求められているため、責任は重大だと言えるでしょう。よって、ペットシッターになるためには、かなり一生懸命勉強する必要があります。どのような動物の世話を依頼されたとしても、スムーズに対応できるようにすることを目標にしましょう。そのうえで、さまざまな経験を積んでいけば、さらにペットシッターとしてのスキルを高めていく事が可能です。ペットシッターになりたいのであれば、まずはきちんと勉強しましょう。

ペットシッターを学ぶなら

ペットシッター通信講座

SARA のペットシッター資格講座は 2 種類のペットシッター資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


ペットシッターに関する記事一覧

ペットシッターについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ペットシッター基本コース
資格を目指すコース!!
ペットシッター
人気講座

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ペットシッタープラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ペットシッター資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ペットシッター資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座