鉛筆デッサン講座カリキュラム

デッサンアート 基本コース / プラチナコース

学習カリキュラム

1日たったの30分!
空いた時間でちょこっと学ぶだけでOK♪

通学じゃない通信講座だから時間を無駄にせずに学習出来ます。1日たった30分勉強するだけでデッサンの事をバッチリ学習できます。普段の生活の中でちょっとだけ空いた時間…。そこを有効活用できるのがSARAの講座。もちろん、毎日じゃなく「週末に一週間分まとめて」や、「その日の気分で好きなだけ」でも全然大丈夫。自分の生活を大事にデキるのがSARAの講座。

image08

早めのペースで学ぶなら
最短2ヶ月で資格取得が可能!

本講座はマイペースにゆっくり学習して半年間の受講期間を設定しています。すぐにでも資格取得がしたい方の場合、学習ペースを早める事により最短2ヶ月で資格取得が目指せます。

image09

デッサン学習の流れ

デッサン基本用具の使い方

まず最初にデッサンの基本、用具の使い方を学習します。

モチーフ・エスキース

デッサンの初歩、モチーフとの対話です。モチーフを観察し見る力と表現技術を身につけます。

カップやパプリカを描く

カップやパプリカを描きながら、光と影による立体感の表現や複雑な形の描き方を学習します。

風景を描く

三次元を二次元に移し替える透視図法などの応用を学び風景のデッサンに挑戦します。

人物を描く

デッサンの様々な技法を使い人物のデッサンに挑戦します。人物デッサンはここまで学んだことの復習にもなります。

問題集や添削課題で試験対策

資格取得を目指し、問題集や添削課題でバッチリ学習しましょう。専門のプロによる質疑応答サポートも。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

デッサンの描き方、デッサンの描き方として、制作順序は最初に構図を決める。次に、輪郭線などの形をとる。その次に、明暗などの形をとる。最後に描き込みで完成となります。まず、構図を決める段階では短い時間で対象を大まかに写しこみます。対象の角度や位置を紙や画材の中で大まかに決めます。輪郭線などの形をとる段階では、最初に決めた構図を元に鉛筆など消して書き直せるもので、輪郭や対象の絵をしっかり下書きとして描きます。輪郭が完成したら明暗の形として、影の部分や明るい部分の調整を行います。不自然な影の出来方がないよう明暗をつけます。立体感が出て、実体感が出るようになります。最後の描き込みで細部の調整や完成まで仕上げれば、デッサンが順序立たてて完成となります。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ