資格を仕事に!ブリーダーの資格を活かせる仕事

 

資格を仕事に!ブリーダーの資格を活かせる仕事

 

犬や猫が好きな人は、一度は「ペットに関わる仕事がしたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。そんな、ペットに関わる職業のひとつである「ブリーダー」は、犬や猫の繁殖や品種改良を行う専門職です。といっても、ただ子犬や子猫を増やすだけではありません。品種の特性を後の世代に残すために掛け合わせを考えたり、飼育のアドバイスや飼い主のサポートを行ったりする、ペット業界になくてはならない存在なのです。
ブリーダーとして仕事をするには、ブリーダー業を営む会社に勤める場合と、個人事業主としてブリーダー業を営む場合とがあります。今回は、個人事業主としてブリーダー業を営む場合の仕事内容や、ブリーダーの資格を取るメリットについてご紹介します。

ブリーダーの1日はとってもハード!?

 

ブリーダーの1日はとってもハード!?

 

動物とともに暮らすブリーダーの1日の流れは、当然ながら、会社勤めの人とは異なります。ここでは、ブリーダーの1日のスケジュールをご紹介しましょう。

<ブリーダーの1日のスケジュール>

6:00 起床後すぐ、犬舎を見回って異変がないか点検し、朝の散歩へ
7:00 餌やり
8:00 犬たちの健康チェック、ケージの清掃
11:00 餌やり
12:00 自分の昼食
16:30 夕方の散歩
17:30 餌やり
18:30 犬たちの健康チェック、ケージの清掃
20:00 自分の夕食
21:00 メールチェックなど事務作業
24:00 就寝

一見、多くの空き時間があるように見えますが、このほかに、ドッグフードや犬用シャンプーなどの消耗品の買い出し、使用したタオルなどの洗濯といった雑用も多いので、実際のところはほぼ一日中犬にかかりきりです。特に、出産を控えた母犬がいる場合は、一日中犬のことを考えているといっても過言ではありません。
また、通常の犬の世話に加え、子犬の販売がある日は取引先に赴くこともありますし、販売交渉を行う場合もあります。仕事が多いことに加え、餌やりなどは毎日欠かさず行わなければいけないので、誰かに代わってもらわない限り、完全オフの休みは取れない仕事です。

ブリーダーはこんな人に適した仕事!

ブリーダーはこんな人に適した仕事!

 

ブリーダーは、動物に関わる仕事です。そのため、自分の都合だけで仕事を進めるわけにはいきません。ブリーダーに欠かせない資質としては、次のようなものが挙げられます。

・責任感

ブリーダーは、多くの生き物の命を預かる仕事です。どんなに忙しくても、毎日欠かさず餌をやり、散歩に行き、飼育スペースを掃除し、体調の変化に気を配る必要があります。そのため、責任感がある人でなければ務まりません。

・コミュニケーション能力

ブリーダーのお客様は、ペットを飼いたい人やペットショップです。売上を増やすためには、お客様とやりとりするコミュニケーション能力も必要です。単に子犬や子猫を販売するだけでなく、飼育方法のアドバイスを行ったり、販売後の問い合わせに応じたりするのもブリーダーの大切な仕事です。

・動物への愛情

動物を育てる仕事は、思いどおりにいかないことも多いもの。母犬が夜中に出産を迎えることもあれば、販売した子犬がすぐに病気で死んでしまうこともあります。また、飼育のための餌代や消耗品代、伝染病から動物を守るためのワクチン代がかかるなど、決していいことばかりではありません。なかなか思いどおりにいかないときも、愛情を持って世話ができるかどうかは、ブリーダーの大事な資質です。

・動物の生態に関する知識

ブリーダーとして仕事をしていく上で、動物の生態や飼育法に関する知識は必要不可欠です。予備知識なしでブリーダーを始めようとする人もいますが、基礎をしっかり学ぶことで、病気やケガなど、いざというときに対処することができます。

・向上心

一般的にブリーダーは個人で働くことが多く、先輩や同業者から学ぶ機会が少ない職業です。そのため、ブリーダーとして一人前になるには、積極的に知識を深めようとする向上心が必要です。

ブリーダーの資格を取るメリット

ブリーダーの資格を取るメリット

 

ブリーダーとして仕事をするにあたって、資格の取得は必須ではありません。しかし、犬や猫の品種を守ったり、病気を予防したりするためには、専門的な知識が不可欠です。
SARAのブリーダー講座では、交配の方法から犬種別の注意点、出産時の用意、ペットショップとの取引きやオークションのしくみまで、総合的に学ぶことができます。また、カリキュラム修了後、試験に合格すれば「犬・猫ペットブリーダー」と「ペット繁殖インストラクター」の2つの資格を取得することができます。
資格取得を目標としたカリキュラムで基礎からしっかり学べば、仕事への自信につながります。また、資格によってスキルの証明ができるため、お客様からの信頼も得やすくなるでしょう。

資格の取得はブリーダーへの第一歩

ブリーダーは個人経営者が多く、アルバイトなどで体験することが難しいため、ノウハウを学べる場所は限られています。
SARAの通信講座は、1日30分・6ヵ月の勉強で2つの資格を取得でき、ブリーダーのノウハウを学びたい人にもステップアップしたい人にも、最適のカリキュラムになっています。これからブリーダーを目指す人は、ぜひ挑戦してみてください。


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ