野菜の資格・検定試験

野菜 基本コース / プラチナコース

資格試験について

2種類の資格取得が目指せる

本講座は日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「オーガニック野菜健康アドバイザー」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「健康野菜の育て方インストラクター」の2資格に対応しています。また、プラチナコースは卒業事に試験免除で資格が認定されるので2つの資格を100%確実に取得できます。


オーガニック野菜健康アドバイザー

image05

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

オーガニック野菜健康アドバイザーとして、季節ごとの野菜の産地・栄養素・保存方法・レシピに関する知識を有していることが証明されます。例えば、春の野菜ではアスパラガス、グリンピース、クレソン、さやえんどう、じゃがいもなど、夏の野菜ではインゲン、えだまめ、オクラ、かぼちゃ、きゅうりなど、秋の野菜ではかぶ、ごぼう、さつまいも、山芋、人参など、冬の野菜ではカリフラワー、キャベツ、セロリ、ねぎ、ブロッコリーなどに関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、オーガニック野菜健康アドバイザーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。


健康野菜の育て方インストラクター

image06

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

健康野菜の育て方インストラクターとして、季節ごとの野菜の育て方や含まれる栄養素、野菜に合う食材に関する知識を有していることが証明されます。例えば、春の野菜ではみつば、パセリ、ニラなどの育て方、夏の野菜で生姜、シソ、茄子、モロヘイヤなどの育て方、秋の野菜では里芋、チンゲン菜、人参などの育て方、冬の野菜では、白菜、大根、水菜などの育て方、各野菜に含まれる栄養素、きのこ、ハーブ、穀類、豆類など野菜にあう食材に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、健康野菜の育て方インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ