• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 占いの資格取得講座一覧 > 夢占い資格取得講座 > 見たらいけない凶夢と警告夢について

夢占いに関するコラム

夢占い資格取得の通信教育講座

見たらいけない凶夢と警告夢って?例や対策を知っておこう

見たらいけない凶夢と警告夢って?例や対策を知っておこう

夢にはいろいろなものがあり、なかには凶夢と警告夢というものもあります。凶夢や警告夢を見た場合、しっかりとした対策が必要です。単なる暗示として捉えるのではなく、きちんと危機感をもつ必要があるでしょう。落ち込みすぎる必要はないので、できることをすべきです。

今回は、凶夢や警告夢の例や対策について説明します。夢について正しい知識を身につけ、悪い暗示にも適切な対応ができるようにしましょう。そのための情報として、今回説明する内容を参考にしてください。

よくない夢の種類

よくない夢としては、どのような種類があるのでしょうか。よくない夢にウチエは、大きく分けて2つの種類があります。それは、凶夢と警告夢です。ここでは、凶夢と警告夢についてそれぞれ説明します。雑夢との違いについても触れるので、しっかりと確認しましょう。

凶夢

凶夢とは、よくない出来事が起こることを予知する夢を意味します。そのため、よくない感情になったり、怖いイメージが現れたりする悪夢となるケースが多いです。また、凶夢を見る場合、恐怖で実際に汗をかいていることもあるでしょう。さらに、凶夢は何度も繰り返してみることもあります。これらの条件に当てはまるような夢を見たときは、凶夢である可能性があるので、十分に注意する必要があります。

警告夢

警告夢とは、自分自身に危険が迫っていることを知らせる夢です。忠告や何らかのメッセージが示されています。警告夢を見る原因としては、いくつかのことが考えられるといえるでしょう。たとえば、ストレスが過剰であったり、心理的に疲れていたりする可能性があります。また、不安や自信がない状態のときにも、警告夢を見る人が多いです。そのため、心身が追い詰められている際は、警告夢を見る可能性があります。なお、警告夢の場合、見た後になぜか心に強く引っかかると感じたり、強いメッセージ性を感じたりします。

雑夢との見分け方

凶夢や警告夢は、雑夢と間違われやすいです。ただし、凶夢や警告夢は、自分自身の状況によって見るものなので、テレビや映画といった情報に影響されて見るものではありません。最近そのようなものを見たわけでもないのに象徴的な夢を見る場合は、凶夢や警告夢である可能性があるでしょう。また、凶夢や警告夢は一時的な過労やストレスによって見るものでもありません。ある程度の期間をかけてそのような夢を見る場合は、凶夢や警告夢である可能性を考慮してみるといいでしょう。

見てはいけない凶夢・警告夢の例と意味

凶夢や警告夢の例としては、どのようなものがあげられるのでしょうか。凶夢や警告夢としては、さまざまな種類があります。ここでは、特に押さえておきたい代表的な凶夢や警告夢について紹介します。凶夢や警告夢について早く察知するためにも、しっかりと凶夢や警告夢の例について確認しておいてください。

地震で家が壊れる

凶夢や警告夢としては、地震で家が壊れるというシチュエーションがあげられます。地震によって家が壊れるというのは、自分や家族がなにかトラブルに巻き込まれることの暗示です。災難や困難に遭遇する可能性があるので、常に用心する必要があります。ただし、自分自身は夢で怖い思いをしているので、気をつけようという気持ちになりますが、家族はそうではありません。よって、家族に対してはきちんと夢のことを説明し、気をつけて行動するように促す必要があるでしょう。

奥歯が抜ける

奥歯が抜けるというのも、凶夢や警告夢である可能性があります。具体的には、身内に不幸が生じたり、トラブルが起きたりすることを示すものです。奥歯が抜ける夢は、普段はなかなか見ることはないでしょう。そのため、実際に夢でそのようなシーンが現れたときは、特に注意する必要があります。

髪の毛が抜けてはげる

髪の毛が抜けてしまい、はげる夢も、凶夢や警告夢です。髪が抜けるというのは、それを耳にするだけでも不吉な予感がしますよね。髪が抜けてはげる夢は、衰運を表しています。具体的には病気になったり、何かの損失を招いたりするでしょう。また、大きなトラブルに巻き込まれることを暗示しているケースもあります。そういった事態を避けるために、配慮する必要があるでしょう。

凶夢・警告夢を見てしまった時の対処法

凶夢や警告夢を見た場合、どのような対処をすればいいのか気になる人も多いでしょう。凶夢や警告夢を見たからといって、すべての物事が悪い方向に進むとは限りません。夢を見たことによってきちんと気をつけることができれば、最悪の状況を回避できる可能性もあるでしょう。そのためにできる対処法について、ここでは紹介しておきます。凶夢や警告夢を見てしまったときは、ぜひ参考にして行動してみてください。

落ち込み過ぎない

凶夢や警告夢を見た場合、驚いたりショックを受けたりすることもあるでしょう。実際、現実の悪い出来事につながっているかもしれないと思うと、余計に怖くなってしまうものです。しかしながら、凶夢や警告夢を見た場合も、必要以上に落ち込みすぎてはいけません。対策できることは少なからずあるので、まずはそういったことを意識して行動に移すことが大切です。落ち込みすぎてしまうと、かえって悪い方向へ物事が進んでいってしまう恐れもあります。そういった事態を避けるためには、自分自身が明るい気持ちを保つことが重要だといえるでしょう。どのようなときにもポジティブな考え方を大切にすることをおすすめします。

細心の注意を払う

凶夢や警告夢を見たなら、細心の注意を払って行動することが必要です。凶夢や警告夢から得られた情報を活用し、機器的な状況を回避することを意識しましょう。なにか悪いことが起きるかもしれないと分かっていれば、さまざまな対策を施すことができるでしょう。実際には悪いことが起こらない可能性もありますが、対策していれば安心です。凶夢や警告夢を見たとしても、しっかり対策しているなら、気持ちにも余裕をもつことができます。

凶夢や警告夢を見たら注意して!

凶夢や警告夢を見たら注意して!

夢にはさまざまな力があると考えられており、なかには凶夢や警告夢も存在します。よって、凶夢や警告夢を見たときには、特に注意する必要があるでしょう。夢の内容としても、強烈に記憶に残ったり、嫌な気分になったりする内容となることが多いです。そのため、そのような思いを現実のものとしないためには、夢から得た教訓をしっかりと活かすことが大切だといえます。夢で凶夢や警告夢を見ただけの段階では、まだそれぞれの悪いことは起きていません。よって、何らかの対策をすることで、最悪の事態を避けることができるのです。

凶夢や警告夢にはさまざまな種類が存在します。よって、それぞれについて正しく理解するには、さまざまな種類をしっかり把握する必要があるでしょう。そのためには、夢全般について勉強し、的確な知識を身につけることが求められます。夢については、夢占いの資格も存在するため、取得を目指すのもひとつの方法です。資格を取得するためにしっかりと学習すれば、その分、知識を自分自身の中に身につけることができます。凶夢や警告夢とうまく付き合うためにも、しっかりと勉強することをおすすめします。凶夢や警告夢を見たら注意し、大きな問題に発展しないようにしましょう。

夢占いを学ぶなら

夢占い通信講座

SARA の夢占い資格講座は 2 種類の夢占い資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら
saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座