• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 占いの資格取得講座一覧 > ルーン占い資格取得講座 > ルーンカードとルーンストーンについて

ルーン占いに関するコラム

ルーン占い資格取得の通信教育講座

ルーンカードとルーンストーンって?道具の準備や占い方を知ろう

ルーンカードとルーンストーンって?道具の準備や占い方を知ろう

ルーン占いをおこなう場合、占い必要なものを準備する必要があります。ルーン占いにはどのような道具が必要なのでしょうか。ルーン占いといえば、ルーンカードやルーンストーンが必要だというイメージをもっている人もいるでしょう。ただし、実際には他にも用意したほうがいいものがあります。

今回は、ルーン占いに必要な道具の準備について説明します。ルーンカードとルーンストーンの他にも必要なものについて詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ルーン占いとは?

ルーン占いとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。ルーン占いは、小枝を使ったり、ルーン文字が描かれたカードや石を使用したりしておこなう占いのことです。ルーン文字にはたくさんの種類があり、ひとつひとつ象徴的なイメージや意味がついています。そのため、それらの意味を読み解くことで占いをおこなうことが可能です。人生で迷うことが出てきたら、ルーン占いをしてみると何らかの答えが見えてくるでしょう。

なお、ルーン占いには、占い方が大きく分けて2種類あります。それは、ルーンキャストとルーンスプレッドです。ルーンキャストとは、使用するアイテムを放り投げて占う方法です。それに対して、ルーンスプレッドは、アイテムを混ぜて引き抜いて占う方法となっています。それぞれの占いの方法を理解しておけば、しっかりとした占いをおこなうことができるでしょう。それぞれによって、占いに必要な準備もことなるため、事前にそれぞれの違いをしっかりと理解しておくことが求められます。

ルーン占いに必要な道具

ルーン占いをおこなう場合、どのような道具が必要になるのでしょうか。ルーン占いをするときに必要なものは、実は占い方によっても異なります。ルーン占いには、ルーンキャストとルーンスプレッドの2種類の占い方法があります。それぞれにおいては、どのような道具の違いがあるのかしっかりと理解しておいた法がいいでしょう。そこで、ここでは占い方の種類ごとに占いい必要なものを説明します。自分がおこないたい占い方法に合わせて適切に占いの道具を用意できるよう、しっかりと準備を整えられるようにしてください。

キャストに必要なもの

ルーン占いにおいて、アイテムを放り投げておこなうキャストがあります。キャストでルーン占いをおこなうのであれば、まず9本の小枝を用意する必要があります。さらに、キャストにおいては、キャスティングシートも必要です。キャスティングシートとは、簡単に言うと白い布のことです。

スプレッドに必要なもの

ルーン占いのうち、スプレッドで占いたい場合は、キャストとは異なる道具の準備が必要です。スプレッドで占いをするなら、まずルーンカードを用意しましょう。また、ドローイングをする場合も必要な道具は異なってきます。ドローイングをするときは、ルーンストーンとともに木製のルーンチップを用意します。さらに、ルーン・バッグとよばれる袋と、リーディングマットも準備しましょう。これらのアイテムについても、占いに関するアイテムを扱うお店で見つけることが可能です。もし身近にそのようなお店がないのであれば、ネットショップなどを活用してみるのもいいでしょう。

ルーンカードの扱い方・準備方法

ルーンカードを使用する場合、扱い方にも注意が必要です。たとえば、ルーンカードをスプレッドで使用するのであれば、カードをシャッフルしたうえで、質問の答えとなる1枚引き抜くことになります。ルーンカードはさまざまな物事について答えを導き出してくれるものであるため、丁寧に扱ってその力を高められるようにしましょう。

また、ルーンカードはどのようにして入手したらいいか分からないという人もいるかもしれません。ルーンカードはどこで販売されているのかイメージできない人も少なくないはずです。ルーンカードは、基本的にタロットカードと同じように市販されています。タロットカードを扱っているお店であれば、ルーンカードも扱っている可能性があるでしょう。分からない場合は、お店の人に聞いてみるとカードの在庫を出してもらえるはずです。

加えて、ルーンカードは自分自身で作って用意することも可能です。切った紙や木の札などを用意し、そこに自分で文字を入れていきましょう。占いで何度も使用するのであれば、厚手の紙や木の札のほうが丈夫なのでおすすめです。ルーン文字は普段あまり見慣れていない人も多いため、間違わないように慎重に書き写していきましょう。

ルーンストーンの素材と使い方

ルーン占いをおこなうときは、ルーンストーンを使うときもあります。それはルーンスプレッドのドローイングという方法をおこなうときです。ドローイングでルーンストーンを使用するときは、袋の中にルーンストーンを入れたうえで、その中に手を入れて石を取り出しながらおこなっていきます。そのため、ストーンだけでなく、袋も占いにとっては重要な役割を果たすものとなるでしょう。

また、ルーンストーンといっても、その素材はさまざまです。もちろん、ルーンストーンの素材としては、石材や天然石が用いられることも多いです。とはいえ、なかにはセラミックやプラスチックでできているルーンストーンも存在します。できれば実際にルーンストーンを手にとってみて、これで占いをしたいと思えるものを見つけられるといいでしょう。そうすれば、よりしっかりと正しい答えを導き出せるようになるはずです。

ルーン占いをするために必要なものをそろえよう

ルーン占いをするために必要なものをそろえよう

ルーン占いをするためには、必要なものをいろいろとそろえる必要があります。ルーン占いには、2つの占い方法があるため、それぞれに適した道具をきちんと用意することも重要です。そのためには、ルーン占いのルールも事前にきちんと理解しておく必要があるでしょう。それができれば、ルーン占いに必要なものをきちんと用意するのに役立つこと間違いなしだといえます。ルーン占いを実際におこなう中でも、ルーン占いの手順をしっかりと理解していることはとても重要です。焦って占いを始めても正しい答えを導き出すのは難しいので、まずは焦らずに占いについて理解するようにしてください。

ルーン占いをするためには、ルーンカードやルーンストーンが必要です。ただし、ルーン占いをするためには、他にも細々とした道具を用意する必要があります。占いをきちんとおこないたいのであれば、細かいアイテムまできちんと揃えるのが理想的です。道具がきちんとそろっていてこそ、占いの結果も正しく導き出しやすくなるでしょう。占いでは自分自身の感覚やインスピレーションも重要になります。そのため、きちんと道具がそろっていないと、気が散ってしまい、そのせいで占いの結果が正しく出ない恐れもないとはいえません。せっかく占いをするのであれば、なるべくきちんとした結果を導き出したいですよね。そのためにも、道具は最初のうちにしっかりと用意することが重要です。自分がどのような占いをしたいのかを明確にし、そのうえで必要な道具をきちんとそろえられるようにしましょう。道具を重視して丁寧に扱うことも、占いをするためには大切な要素となります。適切にルーン占いをおこなうために、しっかりと準備を整えましょう。

ルーン占いを学ぶなら

ルーン占い通信講座

SARA のルーン占い資格講座は 2 種類のルーン占い資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


ルーン占いに関する記事一覧

ルーン占いについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
ルーン占い基本コース
資格を目指すコース!!
ルーン占い
人気講座

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

ルーン占いプラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

ルーン占い資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

ルーン占い資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座