現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 健康食の資格取得講座一覧 > 発酵食品資格取得講座 > 発酵食品の資格・検定試験

資格試験について

発酵食品資格取得の通信教育講座

2種類資格取得が目指せる

日本安全食料料理教会(JSFCA)主催の「発酵食品マイスター」、
日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「発酵食健康アドバイザー」の2資格に対応しています。
また、プラチナコースは卒業事に試験免除で資格が認定されるので2つの資格を100%確実に取得できます。

ご自宅で試験が受けられます。

本講座は日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「発酵食品マイスター」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「発酵食健康アドバイザー」が定めた認定基準を満たし、知識と技術の普及に貢献する機関として認定されています。そのため、ご自宅で試験が受けられる「在宅受験」が認められています。仕事や家事で忙しい方でも受験しやすく、試験が苦手な方でも、自宅で落ち着いて試験に挑戦できます。

得点率は70%以上で合格!

「発酵食品マイスター」、「発酵食健康アドバイザー」の合格基準は、全問題の合計点数70%以上の得点。
満点を取らなくていいので、各領域のポイントをしぼって学習すれば、十分に合格点が狙えます!

試験
免除
プラチナコース
卒業事に試験免除で資格が認定されるので
2つの資格100%確実に取得!

発酵食品マイスター

受験資格
特になし
受験料
10,000円(消費税込み)
受験申請
インターネットからの申込み
受験方法
在宅受験
合格基準
70%以上の評価

発酵食品マイスターとは、発酵食品に関する幅広い知識を有していることを証明する資格です。発酵と腐敗の違いや主な発酵食品とその違い、麹や菌の働き、発酵食品みりん、酢、味噌、鰹節、チーズ、ヨーグルト、酒粕、キムチ、甘酒などに関する知識、発酵過程の微生物の働きや有機物の美容・健康効果、身近な意外な発酵食品など、発行食品に関わる様々な分野に関して、深い理解と理解を有している方に認定されます。資格取得後は、日常に発酵食品を取り入れた健康的な生活ができるだけでなく、活躍の場として、飲食関係はもちろん、健康に関する仕事、美容に関する仕事、食育や教育に関する仕事など、様々な場面があります。

発酵食健康アドバイザー

受験資格
特になし
受験料
10,000円(消費税込み)
受験申請
インターネットからの申込み
受験方法
在宅受験
合格基準
70%以上の評価

発酵食健康アドバイザーとは、発酵食品や発酵食品を使った料理などに関する知識を有している方に認定される資格です。発酵食品の発酵の過程における微生物や菌の働きに関して熟知し、美容や健康にどのような効果があるのか、乳酸菌発酵やアルコール発酵、酢酸発酵の違い、糖化発酵、乳酸菌、納豆菌、酵母菌、麹菌のそれぞれの働きや効果に関する知識も求められます。また、発酵食品を使った料理や効果的な食べ合わせの方法、自家製発酵食の作り方や、普段の生活に効果的に発酵食品を取り入れるためのアドバイスをする知識、技能も求められます。資格取得後は、発酵食品に関するスペシャリストとして、美容、健康など様々な側面からアドバイスができる、講師としても活動することができます。

発酵食品基本コース
発酵食品資格を目指すコース!!
発酵食品人気講座
発酵食品資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

発酵食品プラチナコース
発酵食品資格を楽に取得!!
簡単資格取得
発酵食品資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

発酵食品資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

発酵食品講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座