ガーデニング資格取得の通信教育講座

資料請求(無料)

受講お申し込み

ガーデニング資格取得の通信教育講座

運動不足の解消にもなるガーデニング

種や苗から大切に育てた草花が元気に育ち、美しい花を咲かせたときの喜びは、何物にも代えがたいものです。ガーデニングで自然とふれ合い、植物を育てることは、日々の疲れを解消するとともに、気分転換や適度な運動にもなります。ガーデニングの知識を身に付けて、より本格的な庭づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

ガーデニングって難しい?

個人住宅の庭で楽しむガーデニングや、庭の一角を花壇にして植物を育てることは、それほど難しいことではありません。きちんと管理を行い、適切なタイミングで手入れを行うことが成功のポイントです。四季折々の植物の表情を見られるのが、ガーデニングの魅力のひとつです。手をかければかけるだけ、植物は美しい花を咲かせてくれたり、長く目を楽しませてくれたりします。

マンションやアパート住まいで庭がないという人でも、ベランダや室内にプランターなどを置いてガーデニングを楽しむことができます。
特に最近は、多肉植物やハーブが人気の高まりを見せています。多肉植物の寄せ植えなどは、玄関先やベランダ、日当たりの良い室内などでも育てることができますし、頻繁な水やりも必要ありません。初心者でも手軽に始めやすい、おすすめの植物です。

資格取得のポイント

ガーデニングの資格を取得するためにも、道具の基本を知っておくことは大切です。そこで、ガーデニングを始めるまえにそろえておきたい道具についてご説明します。

ガーデニングに必要な道具

・シャベル
土を掘ったり、植物を植え替えたりするのに使う道具です。ガーデニングで必要となるシャベルは、片手で扱える小さいタイプです。幅の広さによって用途が変わりますから、本格的に始めるのであれば、何種類か用意しておいてもいいでしょう。また、庭でガーデニングを行う場合は、広い面積の土を掘り起こすための大きなスコップも必要です。

・ハサミ
植物の茎を切るだけでなく、芝などを束ねているひもを切ったり土の入った袋を開封したりするなど、ハサミを利用するシーンはたくさんあります。

・グローブ
土を用意するときは、軍手よりも園芸グローブが便利です。肘あたりまである長い園芸用グローブなら、手首から土が入る心配もありません。

・じょうろ
広範囲に水やりができるじょうろと、狭い鉢に水やりのできる細い注ぎ口のじょうろの2種類が必要です。蓮口(じょうろの先につけるキャップ状の注ぎ口)をつけられるじょうろであれば、ひとつで両方の役割を果たすことができます。

・霧吹き
室内の観葉植物や、あまりたくさんの水を必要としない植物を育てる場合は、霧吹きがあると便利です。

・ホース
庭に水やりをするときは、ホースが役立ちます。霧状やシャワー、じょうろなど、散水の仕方を変えられる物がおすすめです。

庭の種類

ガーデニングの資格を取得するためには、道具だけでなく、各国の庭の種類やデザインについても知る必要があります。庭の種類にはさまざまなものがありますが、ここでは代表的なものを紹介しましょう。

・日本庭園
時代によって造りや雰囲気が異なります。苔の風合いを生かした苔庭や、石を敷き詰めた枯山水なども、日本庭園のひとつです。

・イングリッシュガーデン
庭園といえばイングリッシュガーデンというほど有名な庭園のスタイルです。植物の自然なスタイルを取り込むことを大切にし、庭の中に花壇が作られるという特徴もあります。

・北欧風ガーデン
最近、流行っているのが、北欧風の庭園です。枕木や木製フェンス、アンティークレンガといった部材を活用して、ナチュラルな雰囲気たっぷりの庭園に仕上げます。

ガーデニングを仕事にする

ガーデニングは、趣味としても非常に魅力的で、毎日の活力となるものです。しかし、好きなことを仕事にすることができれば、より充実した日々を送ることができるのではないでしょうか。ガーデニングの知識やスキルを活かせる仕事には、次のようなものがあります。

・ガーデニング講師
ガーデニングを行いたい人に、基礎知識やガーデニングの方法を教える仕事です。ガーデニングの魅力を直接伝えることができる、やりがいのある仕事です。カルチャーセンターや自宅で講座を開くほか、インターネットを通してガーデニングの知識を伝えるサイトやブログを運営するという手法も採れます。

・造園会社や外構会社
造園会社や外構会社は、依頼者の庭を作る仕事を行います。最新のガーデニング知識を身に付けることで、こうした会社で活躍する道が開けます。元々このような会社に勤めている人はもちろん、新たに就職を目指す際も、ガーデニングの資格はアピールポイントのひとつになるはずです。

・花店
ガーデニングの知識を身に付けることで、草花に対する総合的な知識を得ることができます。特に苗や多肉植物を扱う花卉(かき)店、寄せ植えを作るお店などでは、ガーデニングの知識を役立てることができるでしょう。

ガーデニングに関する資格

ガーデニングの資格には、次のようなものがあります。

・ガーデニングアドバイザー

ガーデニングアドバイザーは、日本生活環境支援協会主催の資格です。ガーデニングの基本的な知識と技術がある人に対して認定証が与えられます。花木や土の知識、ガーデンの施工・管理方法についても問われます。

・園芸インストラクター

園芸インストラクターは、日本インストラクター協会主催の資格です。土地の質や広さに合わせたガーデンデザインの知識・技能を有する人に対して認定証が与えられます。試験にはガーデン図面の製図方法なども出題されます。

これらの2つの資格は、どちらもSARA講座を受講し、試験に合格することで取得できます。

SARA講座のカリキュラム

SARAでは、1日30分、空いた時間に勉強するだけで、半年でガーデニング資格の取得を目指せます。苗の選び方などの基礎知識から、ガーデン全体のデザイン計画、図面の描き方、ガーデンの管理方法、農薬、植物の病気や害虫の知識と対策方法といった実践的なスキルを学習していきます。さらに、花卉店を経営する際の知識や、有機野菜やハーブの栽培方法まで、幅広く学べるようカリキュラムが組まれています。
問題集や添削課題、質疑応答サポートといった試験対策も万全ですから、ガーデニング初心者でも十分に資格取得が目指せます。
資格取得後は、知識を仕事に活かしたり、自宅の庭をより充実したものにしたりするなど、ガーデニングライフを満喫しましょう。

ガーデニングのスペシャリストに!
資格を取ってプロの立場からアドバイス!

本講座ではガーデニングの基礎知識から花木の種類、ガーデン図面の製図方法を学ぶ事ができます。そして日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「ガーデニングアドバイザー」、日本インストラクター協会(JIA)主催の「園芸インストラクター」の2つの資格を100%確実に取得できます。

image01

資料請求(無料) 受講お申し込み

大好きな植物や花と
一緒にできる夢のようなお仕事!

造園会社

資格取得後は、造園会社
ハウスメーカーでのお仕事が可能です。

庭の設計がおもな仕事内容になりますが、全く知識がないという方でも専門知識を基礎から学べる講座になっておりますので、ご安心ください。

園芸店

ホームセンターや
園芸店でも大活躍!!

ホームセンターや、園芸店でのお仕事は、接客だけでなく見本鉢づくりや、売り場・店内のレイアウトづくりなど、ガーデニングをされるお客様にとても近い距離で学んだ知識を活かすことができます!

自宅のガーデニング

自宅のガーデニングもバッチリ!
お気に入りの空間で楽しいひと時を♪

自分のお庭のガーデニングをする場合も、自慢のお庭にお友達を呼んで、お茶を飲んだり、女子会を開いたりすることもおすすめです。お気に入りの空間で楽しいひと時をすごしましょう♪

初心者でもわかりやすい教材と丁寧な指導で
アナタもプロを目指せます!

SARA School JAPANで使用する教材はすべて完全オリジナル。初心者でもわかりやすい内容で学習しやすくなっています。学習中わからないことがあればプロの指導者による個別質問ができて安心です!

通信教育の大手ポータルサイトで
3冠を獲得しました。

SARA School JAPANの講座は「輝ける女性部門 第1位」、「女子力アップBeauty部門 第1位」、「美しくなれる通信教育部門 第1位」に選ばれました。女性専用の通信講座として、また初の注目度NO1のスクールです!

人気ランキング

資料請求(無料) 受講お申し込み

ガーデニング通信教育

ガーデニングプランナー基本コース
ガーデニング人気講座ガーデニング資格を目指すコース!!
ガーデニング資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5
受講料試験対策 69,800円
ガーデニングプランナープラチナコース
簡単資格取得ガーデニングを楽に学習!!
ガーデニングプラチナコース

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

ガーデニングプランナー卒業試験(資格取得認定)

期 間6ヶ月(最短2ヶ月)添 削5回 卒業課題+1回
受講料資格保証 89,800円
ガーデニング資料請求(無料) ガーデニング受講お申し込み

受講費用

基本コース

69,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

89,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

園芸用土について、園芸植物は、ほとんど人間が手を加えた土で成長します。このような植物の成長のために使用する土のことを用土と言います。用土の中でも、身近に使用されるのは、鉢やプランターで育てるための土です。このような土を鉢物用土、コンテナ用土と言います。1種類の土だけではなく、様々な土をブレンドすることで使用します。その際にベースとなる土を基本用土と言います。このような土に混ぜ込んで性質を良くするための土を改良用土と言います。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ