通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

ガーデニングの資格・検定試験

ガーデニングプランナー 基本コース / プラチナコース

資格試験について

2種類の資格取得が目指せる

ガーデニングプランナープラチナコースでは日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「ガーデニングアドバイザー」、日本インストラクター協会(JIA)主催の「園芸インストラクター」の2つの資格を100%確実に取得できます。


ガーデニングアドバイザー認定試験

image11

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

ガーデニングアドバイザーとして基本的なガーデンデザインの知識・技術・技能を有している事を認定されます。試験ではガーデニングの基礎知識、花木の種類、植栽プラン、ガーデンの設計・施工、管理の方法などについて出題されます。


園芸インストラクター

image12

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

園芸インストラクターとして、多種多様な場面に通用するガーデンデザインの知識・技術・技能を有していることを認定します。ガーデン図面の製図方法、ガーデニングの基礎知識、ガーデニングの設計・施工などについて出題されます

受講費用

基本コース

69,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

89,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

観葉植物の置き場所と水やりについて、観葉植物の多くは、直接日光が当たらなくても育つものがほとんどです。種類によって性質が違いますが、ほとんどの観葉植物は室内で楽しめます。だからと言って、暗い部屋に置きっぱなしにすると元気がなくなります。室内で育つとはいえ、できる限り日に当てましょう。多くの観葉植物が明るい日陰を好み、カーテン越しに日が当たる窓辺を好みます。観葉植物に水やりをする際には、たっぷりと水をやりすぎないことがポイントです。観葉植物のからだの維持、葉面からの蒸散、光合成などに水は大事な役目を果たします。1、土の表面が乾いたら水やりをする。2、鉢底から流れ出るまでたっぷりと水を与える。3、鉢皿にたまった水は捨てる。4、毎日、数回、葉や幹に霧吹きで水をかけます。空気中の湿度を高めることがポイントになります。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ